FXに活かす米国独自の経済指標|雇用統計とは?[月光為替]

では、今回は米国独自の中で、雇用・労働関連の経済指標解説の第一弾、経済指標のFXマーケットにおける現在の王様、雇用統計について話していきたいと思います。 

雇用統計とは?

雇用統計はさすがにほとんどの読者の皆様も十重ご承知のことと思われますが、今一度おさらいを。

雇用統計とは、米労働統計局(BLS)が毎月発表している経済指標で、事業調査(CES:Current Employment Statistics)と家計調査(CPS:Current Population Survey)で構成される労働統計です。

基本的に、毎月第1金曜日に発表されます。NFP(Non Farm Payroll)とも訳されますが、全て雇用統計のことです。

事業調査では、毎月14.3万社の企業及び政府関連機関に対して調査を行っています。

市場で注目されている非農業部門雇用者数は農業部門以外でフルタイム・パートタイムの労働につき、BLSが定める雇用統計調査期間内に労働の対価(賃金)が支払われた人数を指しています。ただ、個人事業主、家族従事者、ボランティア、軍人などいくつかの項目は除外されています。

市場の注目は、基本的にはヘッドラインの非農業部門雇用者数と失業率です。

しかし最近、何度かこのコラムでもお話ししている通り、FOMCの動向によっては、賃金上昇、労働参加率なども重要視される傾向にあります。

ですので、基本的には雇用者数と失業率に注目しておけばよいのですが、FOMCにおいて言及のある限り、その他の数字にも注目する必要があるということは、頭に入れておいてください。

雇用統計との向き合い方

さて、ではこの雇用統計とどのように向き合っていけばよいのでしょうか。

基本的な考え方は今までと同じく、コンセンサスより良ければドル高材料、コンセンサスより悪ければドル安材料でよいでしょう。

ただ他の経済指標と大きく違う点は、経済指標の王様と呼ばれるだけあり、基本的に発表前後におけるボラティリティが異常に大きくなる点です。

さらに、当然マシントレードをしてコンマ何秒の世界を争っている連中が多数いることから、ポジティブだ!と思ってドル買いポジションを取ろうと思っても基本的には間に合うことはないと思います。

この雇用統計という指標は、今後の相場の方向性を、そこでがらりと変えてしまうことができるほど力のある指標です。ですので、実をいうと最も扱いにくい指標でもあります。

雇用統計をFXに活かす方法とは?

実践的には、この指標の使い道というのはかなりあると思われます。

超短期的な動きをアルゴでとりにいくという道もありますし、ブレイクにどこまでものっていくブレイクポイントとして使うという道もあります。はたまたボラティリティを取っていくという道もあるでしょう。

ただ、普通にこの雇用統計をみて、その後にポジションを取るというトレードは、実はなかなか難しいところがあります。

第一に、エントリーするころには大きく動いてしまっていて、考えられるリスクリワードがすでに悪くなっている可能性があります。

第二に、注目者が多すぎることから、セルザファクトとなるとも限らず、逆にオーバーリアクションになるとも限らず、その後の需給の傾きを読むというのは相当に難しいです。私はできません。

ですので、すでに雇用統計前に短期ポジションを持っているなら、リスク回避に外すか、少しギャンブルに回してみるか、といったところでしょう。ボラティリティが大きくなるのでギャンブルする場合は、リスクを抑えるのと、ストップを広くすることを忘れずに。

長期ポジションをもっているのであれば、雇用統計の結果と自分のシナリオを照らし合わせて、マシ玉をするか、切っていくかの判断をしていけばよいと思います。

まだポジションを作っていない場合は、テクニカルベースでいくのかファンダメンタルベースでいくのかは各人次第ですが、あまりお祭りハイにならずに、慎重にポジションテイクをしていきましょう。

雇用統計は、王様ですが、利益をもたらしてくれるという意味での王様ではありません。あくまで注目度、ボラティリティにおける王様です。

変にこだわって無茶なトレードだけはしないように、気を付けて頂きたいと思います。

では、次回はこれまた重要な、失業保険申請件数に関してお話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]