米国債利回り上昇・ドル高の流れに転機?[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年5月28日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、前週からの流れを引き継ぎ、週初に111.40円と1月以来4か月ぶりの高値をつけたが、その後は利益確定の売りに押される展開に。トランプ大統領が米朝首脳会談延期の可能性を示したことから110円台を割り込み、実際会談の中止が伝わると、一時108.96円まで下落した。週足ベースでは、ドル円が3月に104円台で底を打って以降初めての陰線となった。

市場ではリスク回避ムードが広がる

米国10年債利回りも前週には一時3.12%と7年ぶりの高値を付けていたが、先週は3%台を割り込み2.92%まで大幅低下。原油相場も6月のOPEC総会で増産が決定されるとの見方が広がり急落した。原油高・米国債利回り上昇・ドル高という流れに冷や水をかけられた形だ。日米株式市場でも、NYダウ平均2万5千ドル、日経平均2万3千円という壁を突破し切れず反落。欧州でもイタリアやスペインで政局不透明感が浮上しており、市場ではリスク回避ムードがジワリと広がってきた。

市場がリスクオフモードにある局面で最も買われやすい通貨は円(とスイスフラン)だ。ただ国際基軸通貨であるドルもそれらに次ぐ安全資産として逃避先となるため、当初はドル高と円高の綱引きとなり、ドル円はあまり動かないことが多い。ドルの総合的な強さを示すドルインデックスを見ると、先週は94.29まで上昇し、昨年11月以来の高値をつけている。しかしリスク回避のレベルが高まるにつれて、次第にドルより円が選好されるようになり、最後には必ず円が独歩高となるというのが経験則だ。先週のドル円の下落は、リスク回避のギアが一段上がった可能性を示している。

投機筋が動かない理由とは?

さて、下のグラフは、シカゴ投機筋のポジションとドル円の推移を示したものだ。年初から3月までのドル下落局面で、投機筋はドル買い・円売りポジションを急速に縮小したことがわかる。しかしそのあと、ドル円が上昇に転じたにもかかわらず、投機筋はほとんどポジションを傾けていない。投機筋という人種は常に利益を求めて動き回っているもので、相場が動いているのに何もしていないことはめったにない。今回のように2か月にわたってスクエア(ポジションがない状態)というのは極めて珍しいことなのだ。これは一体何を意味するのか。

IMM通貨先物の取り組みとドル円 出所:QUICK

一般大衆が狼狽売りしているとき、投機筋は買い向かっている。逆に、一般大衆が熱狂しているとき、投機筋は怖がっている。おそらく投機筋は、原油高・米国債利回り上昇・ドル高という流れに疑問を感じているのではないか。相場において投機筋が常に正しいとは限らないが、投機筋のポジション増加を伴わずに相場がトレンドを形成したことは過去にほとんどない。今週も下値警戒を怠らず、売り目線で臨むべきと考える。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
テールリスクがくすぶる米為替報告書[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「急落!世界同時株安!ドル円は一時111円台へ突入!」[国府勇太]
金利上昇下での株安は成長痛!押し目買いスタンス継続[雨夜恒一郎]
SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第3回 負けないための思考を身につける
米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「とうとう114円!勢いは続くのか?」[国府勇太]
米国金利上昇と株高は共存できるか?[雨夜恒一郎]
ギリシャショックの再来?イタリア財政不安の影響は[井口喜雄]
TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第1回 3つのココがすごい![佐々木徹]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ113円到達!まだまだ伸びるのか?」[国府勇太]
ドット・プロット・チャートが上方シフト!ドル円も新たな上昇局面入りか[雨夜恒一郎]
今夜のFOMCは如何に!ドル円は年初来高値更新なるか[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「アメリカ絶好調!113円も見えてきた?」[国府勇太]
FOMC利上げで材料出尽くしの反応に注意[雨夜恒一郎]
ドル円はレンジブレイク!このトレンドは本物?[井口喜雄]