基礎用語③ 取引に関する用語[月光為替]

それでは、今回はジェネラルな用語を扱う回の最終回ということで、取引に関する用語を覚えていきたいと思います。

ロングとショート

まず、トレードの世界では、買いをロング、売りをショートと呼びます。

なので、ドル円ロングは米ドル/円を買うことで、ユーロドルショートはユーロ/米ドルを売ることです。とても基本的なことではありますが、しっかりと覚えておきましょう。 

注文方法(成行、指値、逆指値)

次に注文ですが、成行、指値、逆指値というものがあります。

成行きはとりあえず確実に売り買いを狙う時の注文方法。

指値は売り買いの価格を指定します。(その価格で注文が約定するかはわかりません)そして逆指値は、その価格まで行けば注文執行するという、ストップロス設定の時によく使われます。

ストップ、イニシャルストップ、トレイリングストップ

そして、私がよく使うことが多いストップという単語ですが、これは損切り注文のことです。

損切りは、そのポジションの損失をあらかじめ確定しておくために、(値段がつかないこともたまにはありますが)絶対に必要な注文です。

この注文のことを、私は単にストップといったり、エントリー当初のストップ注文のことを、イニシャルストップといったりもします。 

そして、もっとも大事なものがトレイリングストップというものです。

これは、利益が出てきた時に、ストップの位置を上げ下げすることで、値が自分のポジションと逆方向に行ったときに、利益を確保するための注文です。

損小利大を実現するには、このトレイリングストップが必要不可欠になってきます。

簡単にトレイリングといったりするときもありますので、しっかり覚えておきましょう。

その他複雑な注文方法はいろいろとありますが、基本的には覚えなくても大丈夫です。最初のうちは、成行き、ストップ、トレイリングを駆使して利益を出せるように頑張っていきましょう。

基本的にナンピンは厳禁

p>それでは、今日はまとめとして、”ナンピン”を扱っていきたいと思います。

ナンピンとは、自分の買ったところ、売ったところから値段が逆方向に行ったときに、少しずつ買い増し、売りまししていくことで平均コストを下げていく方法です。 

これは、基本的にはあまりやってはいけない方法だといわれています。

それは何故でしょうか? 

例えば、あなたが毎回10000円のリスクをとってトレードをしていたとします。例えば米ドル/円をロングしていたとしましょう。

そこで、5000円さがったところで不安になり、同額ナンピンしたとします。

こうなると、今までの値下がりの半分だけでも戻ればポジションの損益はフラットになります。なので、勝てる確率があがったんじゃないかと考えるわけです。

ですが、もしもともとのストップの位置まで下がれば、15000円の損になります。逆に、最初にエントリーしたところまでもどっても5000円しか勝てません。

同じ値幅にもかかわらずです。

これは、明らかにリスクリワードが下がっていると考えて良いでしょう。

ナンピンをしていく時、大抵人はあまり戦略的に考えず、ただ今のポジションの損失を減らしたい一心でトレードを行ってしまいます。

これでは、必ず最終的にとりかえしのつかない損失を被ってしまいます。

やっていいナンピンもある

では、ナンピンは常に悪なのでしょうか?

実は、ナンピンとは似ているのですが、やってもいい取引があります。

それは、もともと入ると決めていた玉を、小分けにしてエントリーしていく方法です。 

そもそも為替相場がどこで反発するかなんてわかりません。

ですが、反発にはベットしたい。そういう時に、少しづつエントリーしていくことで、コストを下げて行くことができます。

この方法では、最終的にすべて入り終えたポジションに対しての最大ストップロスの損失が、普段と変わらないように計算してエントリーしていくのがみそです。 

最大損失が増えていくナンピンは悪。最大損失がいつもと一定で考えて小分けにエントリーしていくナンピンは正と、大別していくとよいかと思います。 

勿論、慣れてくればその例外のようなトレードをすることもあるでしょうが、まず初心者のうちは、基本として、ナンピンをせず常にリスクリワードを意識しながらトレードするよう心がけてください。

では、次回より、お待ちかねのファンダメンタルズの用語に移っていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 月光為替 | 用語の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]