東京金融取引所・出張講義「ゼロから学ぶ外国為替」@明治大学国際日本学部

2017年7月6日、東京金融取引所は、明治大学国際日本学部にて、出張講義「ゼロから学ぶ外国為替」を行いました。同学部では、金融業に対する知識を深めるべく、間接・直接金融、伝統的・新興市場などの実務家から学ぶ教養講座(担当教員:沼田優子特任准教授)を開講しており、今回の出張講義はその一コマ。同取引所の石井豊氏が講師を務め、外国為替の基本から、為替取引に踏み込んだ内容までを解説しました。

同講座を受講する大学生らしく、経済の基本の「き」については会得していた様子。また、石井氏の問いかけにも当意即妙な反応があり、講義はスムーズに進行していました。とはいえ、石井氏が“鬼門”と称する「売り取引」や「レバレッジ」については、さすがに戸惑う空気に。そこでは鬼門対策として用意された特別資料が活躍し、熱心な聴講ともあいまって、理解が深まったようです。大人でもつまずきやすく、ともすると偏見が持たれがちな外国為替の知識ですが、若く柔軟な頭脳を持つ現役の大学生にとっては、知的探究心をくすぐる対象として前向きにとらえられていました。

現在の日本は、金融リテラシーが低いと言わざるを得ません。それは金融教育が行き届いていないからで、私たち大人の意識改革も急務となるのではないでしょうか。このような金融リテラシー向上を目指す取り組みが、広範に行き渡ることに期待しています。

東京金融取引所広報室の写真

東京金融取引所広報室(とうきょうきんゆうとりひきじょこうほうしつ)

株式会社東京金融取引所。「くりっく株365」は、現物の株式と同様に配当を受け取れる、日経225のほか海外株価指数も円価格で取引ができる、少額の資金から投資ができる、ほぼ24時間の取引が可能、決済期限がないのでじっくり投資できる、といった特長を持つ新たな金融商品です。

公式サイト:東京金融取引所