全てのページの検索結果 : 2719件

  • 詳細へ
    【犬トレーダーがるちゅーぶFXX】[Masato Shindo]]
    2020年8月7日
    なぜあなたはFXで勝てないのか?早漏編 – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
    ガルチューブFXの時間がやってまいりました。もうFXXがFXになっちゃっていますけど、皆さんお元気でしょうか? 最近、寝ているときに口があくんですよね。そんなことあるのかな。パカって。そうすると舌とか喉がパリパリになっちゃうでしょ? そうするとウイルスとか感染しやすかったりするのかなって思ったり思わなかったり。加湿器買ってみましたよ。合理的でしょう(笑)。 それでは行ってみよう、シリーズ「なぜあなたは勝てないのか?」。壮大なテーマでお送りしています。 早漏トレーダーは勝てない 今回のお題は「早漏すぎる」。 早漏っていうのはあれですよね、「早い、早い、早い、え?もう?」みたいなね。思い出しますねえ。そんな経験ありますか、男性陣? 「え?もう?こっそりいっちゃう」みたいな。要するに、FXを突き詰めてやらない、さっさとトレードを切り上げちゃうってこと。 「はい、わかった、こうだろ?わかったわかった。はいはい。負けた?ああ、ダメだダメだ」とかね。 判断が早すぎるんですよ。トレードは突き詰めてやらないといけないんでね。みんな、せっかち。マジで落ち着けって話ですよ(笑)。 たとえば、Aというエント…
  • 詳細へ
    陽和ななみと一人前のトレーダーを目指す!ななみんと学ぶFX 第12回 カスタムインジケーター②
    2020年8月7日
    陽和ななみと一人前のトレーダーを目指す!ななみんと学ぶFX 第12回 カスタムインジケーター②
    女優・投資家である陽和ななみさんがトレード成績向上を目指してFXのスペシャリスト山中康司さんからFXで利益を出すために必要な全てを皆さんと共に学んでいきます。今回もテクニカル分析の応用としてカスタムインジケーターを紹介していただきます。 複数時間軸を見るMTF移動平均線 陽和 前回から山中先生にお勧めのカスタムインジケーターについての解説をしていただいています。今回もよろしくお願いします。 山中 今回はトレンド系の「MTF移動平均線」と、もう一つは逆張りで使える「ピボットゾーン」の二つを紹介していきます。 陽和 まずはMTF移動平均線から教えていただけますか。 山中 MTFとはマルチタイムフレーム(複数時間軸)のことです(画像①)。もともとは複数時間軸のチャートを並列表示するエルダーさんの「トリプルスクリーン」が有名です。画面(スクリーン)に月足と週足と日足の三つのチャートを並べて見るという非常にシンプルなもので、そこからMTFが発展していきました。MTFには、他にも「KST(Know Sure Thing)システム」という、一つのインジケーターの中に四つのパラメーターをミックスして表…
  • 詳細へ
    私がトレードする通貨ペア[不動修太郎]
    2020年8月6日
    私がトレードする通貨ペア[不動修太郎]
    FXはたくさんの通貨ペアで売買ができますが、それゆえにどの通貨ペアが良いのか悩みの種になってしまうことも往々にしてあります。ここでは不動修太郎さんに、通貨ペアの中で値動きが予想しやすく、利益を出しやすい通貨の選び方を教えてもらいましょう。 ドル円の通貨ペア テレビの報道番組の中で「為替と株の値動き」として報じられるのは、いつも米ドルと日本円の為替レートと日経平均株価ですね。このように日本で単に「為替」というと、ドルと円の為替レートを意味します。そのためかFXの初心者は、まずは普段からなじみがあるドル円の為替売買を始めるケースが圧倒的に多いです。 日本円は、報道で金融政策をきめ細かく知ることができますし、限られたFX業者しか扱わないトルコリラなどのいわゆるマイナー・カレンシーと呼ばれている通貨と比べると経済規模が大きく、国際的に為替の売買が行われているため、平均的な動きが穏やかです。ですから、為替投資でまず手始めにドル円の取引をするのは、良い戦略と言えるでしょう。 一方で、日本円は次に述べるような値動きをするので注意しましょう。 日本円の特徴 私は初心者だった2006年ごろから、ポンドな…
  • 詳細へ
    淳一FXのスキャルピング教室|第14回 資金を安全に効率良く運用しよう②
    2020年8月6日
    淳一FXのスキャルピング教室|第14回 資金を安全に効率良く運用しよう②
     第13回では、限られた資金で効率良く運用するための「固定比率での複利運用」や「バルサラ(破産確率)」などを解説いたしました。今回も前回に引き続き、「適時適切ロット」や海外口座で人気の「倍々トレード」などをご紹介させていただきたいと思います。 適時適切ロット(リスク割合)  これは私自身が使用している、最もお勧めできる方法です。単純に説明すると、取引の優位性に比例したロット(またはリスク割合)を決める方法で、相場状況(地合い)、直近の成績や資金状況を加味しロットを変更するというものです。慣れてくれば瞬間的にロットを変更してトレードすることができますが、それまでは細かくルール化してロットを決める方法がお勧めです。  ここで具体例を挙げます。スキャルピングを続けると必然的に得意なパターンと苦手なパターンができてきますが、仮に得意なパターンが五つ、苦手なパターンが三つあった場合、それぞれに±の点数をつけていきます。  例えば、得意なパターンでは【+50点/+30点/+10点/+5点/±0点】、苦手なパターンでは【-100点/-50点/-30点】、さらに相場(地合い)が自分に向いている場合は【…
  • 詳細へ
    負け癖投資の原因と処方箋|第4回[スイーツトレーダー]
    2020年8月6日
    負け癖投資の原因と処方箋|第4回[スイーツトレーダー]
    FXではトレードの勝敗に大きく影響するのがメンタル面。勝ち続けられるトレーダーは全体でほんの数%といわれていることからも、多くのトレーダーが勝てないメンタルであるとも言い換えられます。ここではそんなメンタルを、徹底した自己分析から改善する方法をスイーツトレーダーさんに教えていただきます。 誰でもできるトレード戦略の作り方とは?  投資初心者の多くは、最初にメンタルコントロールの重要性を認識しないまま投資ライフをスタートしてしまうものです…。先月号では自分自身の感情の把握から、トレードで成功するために何を行うべきで、どのようなトレード期間を設定すべきかを解説しました。また、自分がどのトレード期間でトレードをすべきかを明確にしました。最後にそのトレード期間からどのようにトレード戦略を作っていくべきかの解説と、これまでの総まとめをしたいと思います!  トレード戦術を作る上で最初に設定すべきは、トレード判断で利用する「時間足」です。デイトレードであれば15分足~1時間足、スイングトレードであれば1時間足~日足、ポジショントレードであれば8時間足~週足といった具合になります!  トレード期間と時…
  • 詳細へ
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする8つの鉄則|鉄則2 そのリベンジトレードがあなたを殺す
    2020年8月5日
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする8つの鉄則|鉄則2 そのリベンジトレードがあなたを殺す
    リベンジトレードが資金管理を邪魔する  FXにおいて、目の前のトレードを勝ちで終わらせることより、1万倍大切なのは生き残ることです。続けていればトレードは上達しますし、いろいろな相場を体験することで、経験値もたまっていきます。  生き残るためには「資金管理が大切である」と、たくさんの本やWEBの記事に書かれています。これはもちろん正しいです。ただ、資金管理には非常に幅広い意味があるため、具体的に知り、実行しなければいけません。  今回は「取り返すためのトレード」がいかに危険であるかを解説していきます。損をする行為を慎み、自分の資産を守ることもまた、資金管理の一種です。 負のサイクルが繰り返される  自信満々のトレードであっさり負けてしまったら、今すぐ取り返したくなるのは、人間だから仕方ありません。私もかつてそうでした。そして、取り返そうとして何度も失敗してきました。  なぜそういった「リベンジトレード」は危険なのか。その理由は右下にまとめた通りで、冷静さを欠いた状態で、負けた分を取り返すためにいつもより多めのロットを張りがちです。しかも、そのトレードは負けた分を今すぐ取り戻すための急場…
  • 詳細へ
    人工知能と相場とコンピューターと|第4回 トランジスタとシリコンバレーの誕生[奥村尚]
    2020年8月5日
    人工知能と相場とコンピューターと|第4回 トランジスタとシリコンバレーの誕生[奥村尚]
    ベル研究所の三人がトランジスタを開発  トランジスタは、1947年12月23日が公式な発明日とされています。最初に発明されたトランジスタは点接触型と名づけられていますが、動作が不安定で、1時間も動作させると動かなくなってしまうものでした。  真空管もトランジスタも、信号の増幅やスイッチとして動作するという点では共通しています。真空管は、電極に高電圧をかけてヒーターで熱して動作させるので大量の熱が発生しますし、電力も消費します。ヒーターが温まるまでは、電子が出ないので動作しません。ヒーターに使われるフィラメントには寿命もありました(長くて数千時間)。しかも、ガラス製であるために大きく重く、振動や衝撃にも弱いもので、移動しながらの利用はできません。  トランジスタは真空管の欠点をほぼ全て克服したもので、小さく、消費電力は少なく(=発熱も少ない)、衝撃にも強い。ただ、初期のトランジスタは動作が安定していなかったのです。トランジスタを開発したのは、ベル研究所のジョン・バーディーン、ウォルター・ブラッテン、ウィリアム・ショックレーの3人のチームで、主にショックレーが開発を主導しました。点接触型ト…
  • 詳細へ
    2020年8月5日
    ドル安トレンドは継続か[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル安トレンドは継続か 今週に入りドル円は一時106.46円まで上昇するなど反発を見せています。ドル売りと考えているプレイヤーが多いだけに局地的にはショートポジションをふるいにかける場面がありそうです。しかし、この動きを見てドル安の流れが止まったと判断することは早計かもしれません。 米国の実質金利はマイナス圏に低下しており、米ドルから株式・商品にシフトする動きが加速しつつあり、足元では、8月4日(火)にナスダック総合指数が再び最高値を更新したほか、金価格が史上初の1オンス2,000ドルを突破しています。圧倒的な米金融緩和から日米金利差は43年ぶりの低水準となっており、ドル円の売りが出やすい地合いであることは変わりないでしょう。ただし、104円台は本邦財務省も口先介入してきますし、GPIF(年金積立金管理運用)のドル買いも気になるところです。下値の深いところで捕まりたくはないので短期でショートポジションを攻落ちしていくイメージで臨みます。 トランプ大統領、米雇用統計の結果をリーク!? 今週金曜日に予定されている米…
  • 詳細へ
    2020年8月4日
    「ミラートレーダー」が選りすぐりのストラテジーを採用するまで[中里エリカ]
     Tradency社が開発した「ミラートレーダー」では、自動売買取引のプログラムのことを「ストラテジー」と呼んでおり、取引手法や取引通貨ペアが異なるストラテジーをいくつか組み合わせて長期的に運用していくのが一般的だ。当社では、3~5本のストラテジーで運用するお客さまが多いが、世界的には7本程度が一般的のようである。  また、トレンドフォローやブレイクアウト、デイトレードやスイングトレード、最大ポジション数といった概要的なことは取引ツール上に記載されているが、アルゴリズムやストラテジーのソースコードについては明らかにされていない。これは、取引のロジックが知的所有権としてみなされているためである。  そうしたこともあって、Tradency社が顧客に提供するストラテジーを採用するにあたっては、次のように厳しいプロセスを経ることとしている。 ①「ストラテジープロバイダー」と呼ばれる世界中の開発者(ヘッジファンド、投資助言会社やトレーダー)が開発したストラテジーがTradency社に提出され、同社がパフォーマンスをチェックする。 ②一定の審査期間内にTradency社のテスト環境でストラテジーを…
  • 詳細へ
    欧州ファンダメンタルズ入門|第10回 英国の首相不在時の対応策[松崎美子]
    2020年8月4日
    欧州ファンダメンタルズ入門|第10回 英国の首相不在時の対応策[松崎美子]
    首相就任直後に代理首相を任命  英国の法律では、「副首相」は存在しません。そのため、首相は就任直後に「代理首相」を選びます。公用などで国をあけるときは、毎週水曜日に議会で行われる首相への質問コーナーPMQ(Prime Minister’s Question Time)で代理首相が議会に登場します。それ以外でも、首相の執務継続が難しくなれば代理首相の出番となります。  英国の首相は辞任や死亡、あるいは国王が首相を辞めるよう言い渡したときに不在となります。英国法では、首相は国王に対し最もシニアなアドバイザーという役割を兼任しています。また閣僚間にも「位」があり、閣僚会議で座る位置で示されます。  一般的に、英国では首相の次に位が高いのが「筆頭国務大臣(First Secretary of State)」であり、現内閣ではドミニク・ラーブ外務大臣が兼任しています。ただし、筆頭国務大臣だからといって自動的に代理首相にはなれません。首相が正式に「代理」を任命する必要があるのです。  もし首相が不在となった場合、そのときの内閣(与党)が過半数以上の議席を持っていれば与党内で新首相を選び…
1 2 3 4 272