為替鬼

  • 詳細へ
    2012年12月21日
    勝ち組トレーダーへ仲間入りするためのヒント[為替鬼]
    仕事柄、投資の初心者からプロの為替ディーラーまで、さまざまなレベルのFXトレーダーとお話する機会があります。今まで1000人を超えるトレーダーの方々とお話してきて、わずか数パーセントといわれる勝ち組トレーダーには、共通する特性があるのに気づかされます。今回の記事では、FXでなかなか勝てないトレーダーが、勝ち組トレーダーの仲間入りを果たすためのヒントをご紹介いたします。 勝ち組トレーダーへの幻想 私がFXを始めてから、もうすぐ10年になります。始めた当時は、今と違って、FX業者のスプレッドも広く、加えて手数料も取られる時代でした。今の取引環境からは、考えられない悪条件でのトレードなので、なかなか勝つことができず苦労しました。何年にも渡り、トレード手法の研究に必死に取り組み、スキャルピングからスイングトレードまで、あらゆるトレードスタイルを実践しました。当時はどんなに徹底的にチャート分析し、あらゆる値動きのパターンを検証しても、トレードは自分の思い通りにならないことを、いやというほど思い知らされました。 私のイメージのなかでは、勝ち組トレーダーは悠々と相場から利益を上げ、楽しい投資生活をエ…
  • 詳細へ
    2012年11月22日
    「負けトレード分析」から見えてきた、勝つためのヒント[為替鬼]
    私は毎日、膨大な数の超短期トレードを行っています。多い日には百回以上のトレードをこなしますが、最初の数年間は負ける日が続くことも少なくなく、安定的に利益を積み上げることができませんでした。あるとき、どういう場合に負けているかを徹底的に分析して、負けトレードに共通するいくつかの点に気がつきました。 今回の記事では、私の「負けトレード分析」から見えてきた、勝つためのヒントをご紹介いたします。 トレンドには逆らうな! 最初にも述べましたが、私は百回前後の超短期トレードを毎日していますが、そのトレードの半分以上は、逆張りスキャルピング手法です。 平均勝率は80%前後で、トレードに要する時間は、数分以内で完結する場合がほとんどです。 残りの20%前後が負けトレードになるわけですが、これら負けトレードの分析を定期的に行うことは、私にとって大切な日課となっています。 自分の負けトレードにもっとも顕著な特徴は、負けトレードの過半がトレンドの生じやすい日本時間午後9時~12時の間の、流れに逆らった逆張りトレードということです。 私はこの3時間を「魔の3時間」と呼んでいますが、数多くの米国関連の経済指標が…