FX特集

【FX手法】値動きとテクニカルの逆行現象は相場反転サイン!RSIのダイバージェンスでトレンド転換を狙う[異国の戦士]

値動きとテクニカルの逆行現象は相場反転のサイン!RSIのダイバージェンスでトレンド転換を狙う簡単手法[異国の戦士]

 EA開発者兼トレーダーである異国の戦士さんにRSIと水平ラインを用いたシンプルなFX手法を教えていただきました。このFX手法の核となるのは、ダイバージェンスとロールリバーサルという二つの相場反転サインです。

トレードの時間軸や狙い目の通貨ペア、新規・決済の方法など、まずは手法のポイントから見ていきましょう。

FX手法のポイント

ダイバージェンス+ロールリバーサルで確度を高める
  • テクニカル:RSI(7)、水平ライン
  • トレード時間軸:5分足
  • 狙い目の通貨ペア:ボラティリティが高いポンド円やユーロ円など
  • この戦略のメリット:優位性のあるトレードを実現できる

新規

  • 価格とRSIの強気ダイバージェンス発生後、上値を押さえているところに水平ラインを引く
  • 価格が水平ラインを上抜けてから戻ってきたところでエントリー

決済

  • 弱気ダイバージェンスが発生したら利益確定
  • 直近の安値辺りに損切り注文を入れる

※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。

FX手法解説

二つの根拠を基に慌てずエントリー

 EA開発者兼トレーダーである異国の戦士さんにRSIと水平ラインを用いたシンプルなFX手法を教えていただきました。

 このFX手法の核となるのは、ダイバージェンスとロールリバーサルという二つの相場反転サインです。前者はオシレーター系指標と値動きが逆行する現象のことで、トレンド転換を察知することが可能です。一方、後者は機能しているラインの役割が変わるポイントを表します。この手法ではレジスタンスラインからサポートラインへと、その役割が切り替わるところを狙います。

 トレードの根拠は一つではなく、複数重ねるのが基本です。そうすることで精度の高いエントリーが可能となり、勝率もアップするのです。

決済時のルールは明確で分かりやすい

 エントリーから決済までの流れはシンプルで、まず強気ダイバージェンスが確認できたら上値が止められているポイントに水平ラインを引きます。そしてロールリバーサルが発生したところでエントリーします。

 利益確定に関しては、下降トレンドへの転換サインとなる弱気ダイバージェンスの発生を目安とします。また、損切りは直近の安値辺りに設定するだけと簡単なので、初心者の方でも迷うことはないでしょう。

 ちなみに、チャートに表示するRSIの期間には秘密があり、一般的に利用される14ではなく7を使うのが異国の戦士さん流です。この設定にすることで、トレードの頻度も精度も高まるそうです。

ポイント1|ダイバージェンスを根拠にトレード

強気ダイバージェンス、弱気ダイバージェンス

価格とRSIの逆行に注目

RSIはRelative Strength Indexの略で、一定期間の値動きの合計に対して、上昇と下降どちらの値動きが大きいかを表すオシレーター系指標です。このRSIの推移と価格の推移に相違が発生する逆行現象のことをダイバージェンスといいます。RSIは、相場の過熱感やダイバージェンスを確認するのによく使用されます。

相場反転を示唆する有力なサインとなる

価格が下値を切り下げていてRSIが下値を切り上げている状態を強気ダイバージェンス、価格が高値を切り上げていてRSIが高値を切り下げている状態を弱気ダイバージェンスといいます。前者は上昇トレンドへの転換を、後者は下降トレンドへの転換を示唆します。

ポイント2|ブレイクしたラインまで戻ったときを狙う!

ブレイクしたラインまで戻ったときを狙う!

すぐに入らずに待つことが大事

この手法は、レジスタンスラインとして機能している水平ラインをブレイクした直後にエントリーするのではなく、ブレイクしたラインまで価格が戻るロールリバーサルを待つのがポイント。水平ラインが今度はサポートラインとして機能し、反転上昇する可能性が高まります。

ロールリバーサルとは

サポートラインがレジスタンスラインに転換、またはレジスタンスラインがサポートラインに転換することをロールリバーサル(役割反転)と呼びます。それまでに機能していたラインが価格を何度も跳ね返すような強固なものであればあるほど、その役割が反転した後も機能する可能性が高まります。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

エントリー|ロールリバーサル発生を待ってから入る

エントリー|ロールリバーサル発生を待ってから入る
  1. 価格とRSIの強気ダイバージェンス発生後、上値を押さえているところに水平ラインを引く
  2. 価格が水平ラインを上抜けてから戻ってきたところでエントリー

水平ラインの引き方、見つけ方

水平ラインは、価格が何度も跳ね返されていて多くのトレーダーに意識されそうな箇所に引くのがポイント。強く意識されたラインはその後も機能し続けることが多く、売買の目安となります。

決済|利確の目安は弱気ダイバージェンス発生

決済|利確の目安は弱気ダイバージェンス発生

3.<利確>弱気ダイバージェンスが発生したら利益確定

エントリー後は、下降トレンドへの転換を示唆する弱気ダイバージェンスの発生を利益確定の目安とします。それが見て取れたら成行で利食いましょう。

3.<損切り>直近の安値辺りに損切り注文を入れる

エントリーが決まれば損切りのラインも決まるので、予約注文を使って損切りを設定しましょう。損切り幅が狭い場合は、直近安値の少し先に置きます。

トレード例①|上昇トレンドを捉え順調に利益を上げる(ユーロドル5分足 2019年4月8日)

トレード例①|上昇トレンドを捉え順調に利益を上げる(ユーロドル5分足 2019年4月8日)
  1. 強気ダイバージェンスを確認後、これまでに何度か上値を押さえてきたところに水平ラインを引く
  2. ローソク足が水平ラインを上方ブレイクした後、反落して再び水平ラインにタッチしたところでエントリー
  3. 損切りを直近安値にセットする
  4. 弱気ダイバージェンスが発生したので利益を確定

トレード例②|チャンスをじっくり待って売りで利益に(ユーロ円5分足 2019年5月3日)

トレード例②|チャンスをじっくり待って売りで利益に(ユーロ円5分足 2019年5月3日)
  1. 弱気ダイバージェンスを確認後、これまでに何度か下値を支えてきたところに水平ラインを引く
  2. ローソク足が水平ラインを下方ブレイクした後、反騰して再び水平ラインにタッチしたところでエントリー
  3. 損切りを直近高値にセットする
  4. 強気ダイバージェンスが発生したので利益を確定

※この記事は、FX攻略.com2019年7月号の記事を転載・再編集したものです。この記事に記載されている情報は原稿執筆時のものであり、現在のものとは異なる場合がありますのでご注意ください。

異国の戦士さんの手法を動画で学ぶ

投資ECメディア「GogoJungle」でFX攻略.comが出品しているコンテンツです。チャートを見ながらトレーダーさん直々の解説が聞けるので、手法のポイントが本当にわかりやすいんです! まずはダイジェスト動画をご覧ください。

ABOUT ME
異国の戦士
異国の戦士
いこくのせんし。海外(主にヨーロッパ)を中心に生活。FX初心者から上級者まで役に立つ情報をブログなどにて発信中。オリジナルインジケーターやEAの作成、手法の開発を行う。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい