FX力を鍛える有名人コラム

番外編|1/31・2/1開催FOMC会合を分析してみた[月光為替]

今回は番外編で、1月31日~2月1日に開催されたFOMC会合について、またお話ししたいと思います。

今回のFOMCで見るべきポイント

ざっと声明文で、見るべき箇所としては、

消費者と企業のセンチメントは最近になって改善した(Measures of consumer and business sentiment have improved of late)

将来のインフレを示す市場ベースの指標は低いまま(Market-based measures of inflation compensation remain low)

インフレ率は中期的に2%に向かって上昇するだろう (inflation will rise to 2 percent over the medium term)

FF金利誘導目標を0.5-0.75%で据え置く(maintain the target range for the federal funds rate at 1/2 to 3/4 percent)

の4つの文章でしょうか。

ただ、これは12月の声明文から特に目立って変化した箇所もなく、注目する指標や目線も、前回から変化させる必要もないかなと思います。

今の主役はトランプ大統領で、金利動向はとりあえず少しおいておくというイメージでしょう。

見方が分かれた証券会社

さて、今回は少し話がずれるかもしれませんが、各証券会社の見方が大きく二手に分かれたのが個人的に面白かったです。

日本を代表するM証券では、3月利上げがやぶさかではないとしました。その理由は、

インフレ見通しでは、「一時的要因剥落と労働市場の更なる強まり」という前提を削除、中期的に2%に回帰を「期待」から「予想」に変え、自信を深めた模様

とのこと。

逆に、外資証券のC社では、引き続き利上げペースは緩やかなものにとどまると予想。その理由は、

今回の声明ではフォワード・ガイダンスもリスク・バランスも変更されていない。

とのこと。

私個人の意見としましては、やはり大きく変更点がないところと、イエレンさんの今までの動きを考えても、C社の見方に軍配があがるかなといったところ。

ただ、目先はトランプ大統領がどれだけ日本の通貨政策に対して口先介入をしてくるかでしょうから、ただの予想遊びですが…。

何度も言いますように、ファンダメンタルズ分析ではこのFOMCの声明文は基本です。

是非、今までのコラムでの知識を活かして、ご自分でも一度は読んでみると良いかと思います。

では、また来週は通常回へと戻ります。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。

キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい