FX力を鍛える有名人コラム

FXに活かす米国独自の経済指標|ミシガン大学消費者信頼感指数とは?[月光為替]

今回は、米国独自の中の個人消費関連指標の一つ、ミシガン大学消費者信頼感指数について、お話ししていきます。

ミシガン大学消費者信頼感指数とは?

ミシガン大学消費者信頼感指数とは、消費者の家計や経済状況に対する楽観・悲観の度合いを、調査に基づいて算出した指数です。

調査対象地域はアラスカ・ハワイを除いた48州と、ワシントンDC在住の成人男女500人で、調査対象者は6ヶ月毎に入れ替わるローテーション方式となっており、新規回答者の占める割合は60%となっています。

質問構成は、家計状況・経済状況など約30項目におよび、毎月中旬の金曜日に速報値、月末に確報値が発表されます。

景気が好調な時は100ポイントを上回ることがあり、その場合にFRBの利上げ期待が高まりやすいとして注目されている指標です。

ミシガン大学消費者信頼感指数との向き合い方

さて、どのようにこの指標と向き合っていけばよいのでしょうか。

基本的には単純に、コンセンサス対比でプラスであれば景気上向きということで、ドル買い方向、逆であればドル売り方向と考えて良いでしょう。

ただ、先の説明でみられる通り調査対象がとても少なく、毎月の変動がとても大きい指標です。かつ、お金を出せば20~30分前には事前に数値を知ることができるという話もあり、あまり重要視されていないというのが、現実の所です。

次回に説明する予定の、消費者信頼感指数の方が、より信頼性が高い指数として、覚えておくとよいと思います。

ミシガン大学消費者信頼感指数をFXに活かす方法とは?

実践的には、基本的に無視で良いかと思います。

ボラティリティ自体もそこまで生まれませんし、この指標で大きく方向感が出るという類のものでもありません。

前回と同じく、ポジションを持っている時に、変にボラティリティが出てストップにかかると嫌だなぁという時に事前に利食っておく、という程度の使いかたかなぁと思います。

まぁ、消費者信頼感指数の前の、方向感を掴んでおく、くらいの使い方で良いかと思います。自分の考えに対してノイズになってしまうと思われる場合、完全に無視してしまうというのも一つの手でしょう。

では、次回は個人消費関連指数の最後である、消費者信頼感指数について、お話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。

キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい