【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]

【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]

FX戦略のポイント

FX戦略のポイント

  • テクニカル:水平ライン
  • トレード時間軸:1分足
  • 狙い目の通貨ペア:ドル円
  • この戦略のメリット:極めてシンプルで簡単、取引チャンスが多い

新規

  • 1分足チャートで高値と安値に水平ラインを引き、その間にローソク足があり、レンジ状態であることを確認
  • 高値・安値の中間あたりの価格になったらエントリー(買いでも売りでもOK)

決済

  • レンジの安値or高値に逆指値注文を入れる
  • エントリーから+10pipsのところに指値注文を入れる

※「戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。

波の中の小さな波を少しずつ拾っていく

 こちらのFXトレード手法は、もちろん利益を狙えるものですが、それと同時にトレードをゲームのように解釈し、相場のリズムにうまく乗ることを身体で覚えるという狙いもあります。

 この考え方の軸になるのは、エリオット波動とフラクタル構造です。エリオット波動では、相場にはトレンド方向に進む推進と、トレンドといったん逆行する調整のリズムがあると解釈します。そして推進は5波、調整は3波で進行するのがエリオット波動の基本形です。

 これと対になるのがフラクタル構造で、エリオット波動の中には、一回り小さなエリオット波動があると解釈します。この常に発生している小さな波を、スキャルピングでどんどん狙っていくのが、法則性スキャルの基本的な発想です。

 この手法は極端にシンプルで、テクニカル分析を使いません。高値と安値に引いた水平ラインをエリオット波動の始点、頂点として捉え、その範囲内の小さな値動きを買いでも売りでもどんどん狙っていきます。

 利益の確定は、安全優先に10pips。また損切りは引いた高値・安値となりますので、OCO注文でどちらも予約できます。

 やってみれば分かりますが、高値や安値を超えない限り、何度も利食いできます。相場のリズムを覚えながら、利益も蓄積していきましょう。

ポイント1|エリオット波動とは?

ポイント1|エリオット波動とは?

相場の原理・原則に基づいたテクニカル

エリオット波動の基本的な考え方に基づいてチャートを見ることで、「相場が今どの局面にあるのか」「新たなトレンドがどこで発生するのか」などを予測できます。市場の経験則を基盤にした信頼性の高い分析方法であり、多くのトレーダーが意識しています。

値動きの周期性に着目

エリオット波動は、米国のラルフ・ネルソン・エリオットが発見した、値動きの周期的なリズムのことです。相場の値動きは上昇5波、下降3波で構成され、上昇相場は「上げ(第1波)→下げ(第2波)→上げ(第3波)→下げ(第4波)→上げ(第5波)」といった波動から成り立ち、その後に「下げ(A波)→上げ(B波)→下げ(C波)」といった下降相場が続くという理論です。

ポイント2|相場はフラクタル構造になっている

ポイント2|相場はフラクタル構造になっている

大きな波の中に小さな波が存在

チャートもフラクタル構造となっており、例えば大きな第1波の中に推進5波動が、第2波の中に調整3波動があるイメージです。全体として上がっているように見えても、その中では上げも下げが繰り返されているのです。本郷さんのFX手法では、この法則性を利用します。

自己相似と呼ばれるもの

フラクタル構造とは、ある一部分を切り取っても、そこにまた全体に相似している(自己相似)ような形が現れる構造のことです。この構造は自然界のさまざまな場面の中で目にすることができ、代表例として雪の結晶や海岸線、野菜のロマネスコ、ブロッコリーなどが挙げられます。

ポイント3|トレードをゲームに変化させて楽しく稼ぐ

ポイント3|トレードをゲームに変化させて楽しく稼ぐ

ゲームと同じで勝敗が一目瞭然

FXはスマホゲームやスポーツと同様に、成績や数字を追う楽しさがあります。例えば、野球でホームランを打てばチームに点が入りますが、それと同じようにトレードもプラスになればそれが加算されます。トレードはスコアが口座に直結しているゲームと捉えましょう。

ルールを厳守すること

どんなゲームにもルールがあるように、法則性スキャルにも守らなければならないルールがいくつかあります。トレードで負けてしまうと、ついついムキになりがちですが、ルールさえ守っていれば大きな失敗をすることはありません。この手法に限らず、ルールはしっかり守りましょう。

ポイント4|1波&2波、3波&4波のレンジでトレード

ポイント4|1波&2波、3波&4波のレンジでトレード

高値&安値を超えないことが前提

法則性スキャルでは、エリオット波動の第1波&第2波、第3波&第4波の中の小さな上げ下げを活用して利益を狙います。何よりも重要なのは、フラクタクル構造を理解し意味のある高値と安値を見いだすことです。まずは高値&安値のラインを引く練習をしましょう。

環境認識の注意点

●高値&安値の間にローソク足があることが絶対条件

●1分足が基本。エリオット波動の中のフラクタクル構造を活用

●最初の数分はレンジなのかどうかを確認する

エントリー|買い・売りのどちらでもエントリー可

エントリー|買い・売りのどちらでもエントリー可

1.1分足チャートで高値と安値に水平ラインを引き、その間にローソク足があり、レンジ状態であることを確認 

2.高値・安値の中間あたりの価格になったら、買いでも売りでも構わないのでエントリー

一方向だけのエントリーはNG

買いでも売りでもOKというルールですが、買い方向のみ、売り方向のみという一方向だけのエントリーはバランスが悪いです。上下どちらの動きにも対応できるよう、買いと売りを織り交ぜてリスクを分散するのがポイントです。

決済|利食い幅と損切り幅を事前に設定する

決済|利食い幅と損切り幅を事前に設定する

3.<利確>エントリーから+10pipsのところに指値注文を入れる

3.<損切り>レンジの安値or高値に逆指値注文を入れる

この手法は儲かっているうちに利益を確定するのが鉄則です。エントリー方向に+10pips動いた時点で利食いするよう、エントリー直後に指値注文を入れておきます。

トレード例①|自然な波を描きながら上昇して利食い(ドル円1分足 2019年1月28日)

トレード例①|自然な波を描きながら上昇して利食い(ドル円1分足 2019年1月28日)

①エリオット波動の値動きをイメージして、1分足の高値と安値に水平ラインを引く

②レンジの中央付近に差し掛かったので買いでエントリー。安値に損切りの逆指値注文を設定

③自然な上下動を繰り返しながら順調に上昇して、+10pipsの利食いラインに設定した指値注文が決済される

トレード例②|順調に下降して売りポジションを利確(ドル円1分足 2019年1月30日)

トレード例②|順調に下降して売りポジションを利確(ドル円1分足 2019年1月30日)

①エリオット波動の値動きをイメージして、1分足の高値と安値に水平ラインを引く

②一度上昇してから再度下降して、レンジの中央付近に差し掛かったので売りでエントリー。高値に損切りの逆指値注文を設定

③順調に下降して、+10pipsの利食いラインに設定した指値注文が決済される

トレード例③|上げ下げしながら利食い価格まで到達(ドル円1分足 2019年1月30日)

トレード例③|上げ下げしながら利食い価格まで到達(ドル円1分足 2019年1月30日)

①エリオット波動の値動きをイメージして、1分足の高値と安値に水平ラインを引く

②レンジの中央付近に差し掛かったので買いでエントリー。安値に損切りの逆指値注文を設定

③フラクタル構造的に小さな上げ下げを見せながら順調に上昇して、+10pipsの利食いラインに設定した指値注文が決済される

トレード例④|反転下落する典型的な損切りパターン(ドル円1分足 2019年1月28日)

トレード例④|反転下落する典型的な損切りパターン(ドル円1分足 2019年1月28日)

①エリオット波動の値動きをイメージして、1分足の高値と安値に水平ラインを引く

②レンジの中央付近に差し掛かったので買いでエントリー。安値に損切りの逆指値注文を設定

③そこからほとんど上昇せず、上げ下げしながらも安値に設定した逆指値注文にヒットして損切り

※この記事は、FX攻略.com2019年4月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

本郷卓也の写真

本郷卓也(ほんごう・たくや)

米国にわたり勉強を積んだあと、日本に戻り若干20歳で起業。さまざまなジャンルのビジネスに関わり、新規プロジェクト、新規ビジネススタートアップ、クライアント企業の立て直しやM&A業務などを行う。現在は、あおのり学校の校長だけではなく、会社経営者、トレーダー、ビジネスマネジメント、コンサルタント、コーチなどを行っている。

【シンプルFX手法】有名トレーダーが伝授 | スキャルピング | テクニカル分析手法 | 本郷卓也 | 特集の最新記事
【FX手法】成行で入ってOCO注文をセットしたら完全放置!スマホOK、設定1分!初心者にお勧めの超簡単手法[木里ゆう]
【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]
【FX手法】二種類のテクニカルでエントリーポイントを絞る。トレンドをなるべく長くひっぱって取る順張り[高田かおり]
【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー。ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]
【FX手法】日足でのトレンド発生を判断し、15分足でその流れに着実に乗る!独自インジケーターによる短期売買[のぶし]
【FX手法】日足の終値からの動きと市場参加者の動向を参考にした取引手法。売買シグナル利用の中長期トレード[コウスケ]
【FX手法】チャートパターン出現がエントリーサイン!20EMAを利用した王道の順張り手法[齊藤トモラニ]
【FX手法】忙しい人でも無理なく取り組めるのが◎ 兼業FXトレーダーにお勧めのトレンドフォロー型デイトレ[のぶし]
【誰でも分かる買い合図】テクニカルは一切不要!!簡単な下準備のみで実践可能!トレードは水曜日以降!朝に1分判断のかんたんFX手法[ゆずっこ]
【誰でも分かる買い合図】ボリンジャーバンドだけで反発に乗って稼ぐFX手法!後出しジャンケンでトレンド後反転を簡単ゲット[鹿子木健]
【誰でも分かる買い合図】平均足が陽線になったら買い、陰線になったら売る!1分足でもその他でもOK!FX初心者向きスキャルピング手法[スキャトレふうた]
【誰でも分かる買い合図】人気YouTuberのFXトレード手法は移動平均線+注文量、オーダー状況で判断する合理的な順張り[カニトレーダー]
【誰でも分かる買い合図】値動きとテクニカルの逆行現象は相場反転のサイン!RSIのダイバージェンスでトレンド転換を狙う簡単手法[異国の戦士]
【誰でも分かる買い合図】2種類のボリンジャーバンドから稼げる局面を抽出 朝しかエントリーしません!相場に縛られない簡単FX手法[あっこ]
【誰でも分かる買い合図】テクニカル不要、23時からの1時間で完結!!昼働いていても真似できるロンドンフィキシングFX手法[きぬ]