ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第2回 手法探しの旅からの解放

読者の皆さま、こんにちは!「ケッティーのテクニカル虎の巻」第2回は、手法について深掘りしたいと思います。

※この記事は、FX攻略.com2017年1月号の記事を転載・再編集したものです

【ケッティーのテクニカル虎の巻 連載記事】
第1回 自分の勝ちパターンを選ぶために

まずは全てを試してみましょう

前回は、手法には大きく分けて三つの種類があることと、その特徴について解説いたしました。こちらになります。

① トレンドの途中からエントリーするトレンドフォロー手法

② レンジ相場内の上下でエントリーするレンジ手法

③ 相場の底や頂点でエントリーするトレンド転換手法

自分はどこを狙った手法が得意なのかを見つけるためには、一度、この全ての手法を体験してみる必要があります。多くの一般投資家はこのように考えて自分の鉄板トレードを作ることはありません。

そもそも世の中に出回っている商材には、その手法が機能する背景が明確に説明されているものは少なく、またデメリットまで解説されていることはほとんどありません。また、あらゆる相場でそれぞれ機能する手法が体系的に書かれている書籍も実は意外と少ないのが現状です。

ですが、一度は全ての相場でどんなものが役立つのかを体験すべきだと私は思います。そしていろいろと体験した上で、今の自分の目線で見つけやすい相場と、その相場で機能する手法をトコトン磨いていくべきなのです。

私は初心者のころにトレード経験のある人から、逆張りは危険だよとか、順張りが一番安全な手法だよと聞いたことがあります。ですが、実際はそんなことはありません。トレンド相場なのにずっと逆張りを仕掛けたり、レンジ相場なのに順張りを仕掛けたりしていては、損切りの嵐になることも有り得ます。

ですので、しっかりと優位性のある手法を、それが機能する相場環境を選んで仕掛けていくよう特訓しなければ、いつまでたっても手法探しの旅を終えることはできません。このことを念頭において次の段階に進みましょう。

手法の検証の仕方

あなたは手法の検証作業を、どのようにしていますか? そもそも検証作業自体をしたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。私は初心者のころに、検証作業は大切だと聞いておきながら、どのようにやったら良いかも分からず、新しい手法を知れば、すぐにデモトレないしは実資金トレードで試して、買ったとか負けたとかいつも感情が揺さぶられていました。

ですが、このやり方はかなり非効率です。私は受講生とこの検証作業をするときは、一つの手法を限定した相場環境トレードしてもらう訓練をお願いしています。なぜそうするかというと、まずはトレードをするというよりは、その手法の優位性が発揮される相場環境を見分けられるようになることが、大切だと考えているからです。

多くの方は、その場その場で何とかトレードをしようとします。自分が知った手法を無理やり使おうとするから損切りばかり繰り返してしまいます。このようなやり方が、資金を減らす元凶になると早く気付くことが大切です。

手法の優位性が発揮される相場環境を見分けられるようになるということは、いわば、たくさんの色の玉が目の前のレーンに流れている中から、同じ色の玉のみチョイスするようなものです。青色と水色の微妙な違いも的確に、そしてスピーディーに識別していくような感覚で特訓をしていくことで、手法を上手に使い込なすことができるようになります。

この相場環境を見分けられるようになるためには、短期足と長期足とを上手に連動して判断するスキルが必要になります。最近ではマルチタイムフレーム分析と呼ばれもしていますが、簡単にいうと、長期足と短期足を絡めて見る力を養わなければなりません。

この力を養うためにはまず、トレンドとレンジの二つの相場に関して、きっちりと定義するところから始まります。そこで、私はこのように定義付けをしました。(詳しくはブログの無料動画をご参考にしてください)

トレンド相場とレンジ相場の定義

【アップトレンド相場】
● 移動平均線(MA)やミドルラインは右肩上がり
● ローソク足はボリンジャーバンド(BB)ミドルラインより上を推移し、雲はローソク足よりも下
● 高値安値が切り上がる

【ダウントレンド相場】
● MAやミドルラインは右肩下がり
● ローソク足はBBミドルラインより下を推移し、雲はローソク足よりも上
● 高値安値が切り下がる

【レンジ相場】
● MAやミドルラインに明確な角度がなく、ほぼ横ばいで推移
● 雲も機能せず、雲の中に潜ったり、絡んだりする
● BBはスクイーズ

これらの明確な定義を実際にチャートに当てはめて、トレンドとレンジを仕分けすることが、非常に画期的な相場環境認識の方法です。次回はこのテーマで話したいと思います。

※この記事は、FX攻略.com2017年1月号の記事を転載・再編集したものです

【関連記事】
【ボリンジャーバンド+移動平均線】レンジ相場で逆張りスキャルピングFX手法[ケッティー]
金融を知らない主婦がFXで勝てるようになった勉強法[ケッティー]
MT4入門編④|有名トレーダー6名のMT4分析環境を大公開!

ケッティーの写真

ケッティー(けってぃー)

ごく浅のストップロスで大きく利を伸ばす天底トレードが特徴の主婦トレーダー。子育て中のため、『ながらトレード』を日々実践、研究中。常識にとらわれないトレードがモットー。口を開けば上沼恵美子張りの軽快なトークで、日本一笑いあり涙ありの実践に役立つセミナーを全国で開催中。

公式サイト:双子子育て主婦ケッティーのFX

Twitter:https://twitter.com/FXketty

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCoUfXozCQx6G600NV4uZ6_w

FX力を鍛える有名人コラム | ケッティー | ケッティーのFXテクニカル虎の巻 | テクニカル分析手法の最新記事
相場での分析テクニックを極めてトレードで勝つ!!スキャトレふうたのテクニカル道場|第4回 【エントリ―を考える】①リスクリワードについて
損切りができない人へ – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第7回 水平線はフィボナッチだけでOK!
ドル売りのスタンスは継続[井口喜雄]
スプレッドは悪者なのか?[中里エリカ]
カニトレーダー式FXを収入の柱にする8つの鉄則|鉄則8 FXで成功するための格言集
忠ならんと欲すれば孝ならず孝ならんと欲すれば忠ならず[森晃]
目からウロコ?FXの魅力の本質を理解しよう~移動平均線を使いこなす(前編)~[いいだっち先生]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 細田哲生 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
高田資産コンサル流・ドル円分析(2020年11月30日)[高田智雄]
来年は良いドル安、もしくは悪いドル安[雨夜恒一郎]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|過去の4年サイクルから1か月先に迫った米国大統領選を読む!】
【FX初心者の悩み】エントリーした後にレートが逆行するんですけど? – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第7回 イチから学ぶ!経済指標~雇用統計~
世界的なリスクオンもドル円はダウンサイドを意識[井口喜雄]