FX特集

【ローソク足+移動平均線】トレンドの初期を見抜く簡単FX手法[ひろぴー]

ひろぴーさんが教えてくれるのは、ローソク足の正しい見方。これだけでトレンドの動きが分かり、どんな局面がトレードに向いているのか理解できるようになります。加えて、移動平均線を用いた具体的な売買手法も教えていただきます。

※この記事は、FX攻略.com2017年1月号の記事を転載・再編集したものです

ひろぴーさんのプロフィール

ひろぴーの写真

ひろぴー(ひろぴー)

トレードスタイルはスイングトレード。某メディアのトレードバトルでは、丸1年間、四六時中エントリーを公開しながらも、年利98%を実現。世間にスイングトレードを本格的に発信したリーマントレーダー。

公式サイト:FXブログ|ひろぴーの読むFX

twitter:https://twitter.com/hiropi_fx

ひろぴーさんのFX買い合図ポイント

■ 準備するもの

【チャート】4時間足(または日足)
【テクニカル】移動平均線(「7」「25」「50」SMA)

■ トレードの手順

1. 3本の移動平均線が同じトレンドを指向していることを確認

2. トレンドの初期を狙い、成熟期はトレードをしない

3. 「7」SMAにローソク足がタッチしたらエントリー(「7」SMAでの押し目買い、戻り売り)

4.<利確>直近の高値(安値)or「7」SMAの内側にローソク足が立つ
 <損切り>「7」SMAの内側に3本のローソク足が立つ

■ 狙い目の通貨ペア

・「米ドル/円」。ボラティリティがあり、値動きも正直であるため

■ この戦略のメリット

・トレンドのうち、簡単な局面だけをフォローできる
・利確や損切りが明確
・4時間足ベースであり、相場に振り回されない

ひろぴーさんのFX買い合図戦略

ローソク足が表す売り買いの攻防

「多くの人がテクニカルの勉強をしなければならないと思っているようですが、まずはローソク足について学ぶことが大事です。ローソク足だけでも、トレンドの一連の流れがつかめるからです」

ひろぴーさんは、初心者にアドバイスする際、テクニカルを一旦忘れて、ローソク足の基本をしっかりと理解することを推奨しているそうです。

ローソク足は、4本値(始値、終値、高値、安値)を示すもので、その長さやヒゲにより、1本の足が形成されるまでの時間における、売り買いの攻防を教えてくれます。例えば、短いローソク足は穏やかな相場、長くヒゲをつけたローソク足は値動きの激しさを物語るのです。

そうしたローソク足の性質を頭に入れ、チャートを分析すると、ある法則が見えてくるといいます。すなわち、トレンドは緩やかに、やさしい動きから始まり、徐々に角度を強め、攻防も激化。そしてトレンドの成熟期にはめちゃくちゃに上下動し、最終的にはロスカットを巻き込んでトレンド反転……といった流れが一つのサイクルとなるのです。

トレンドの初期は値動きが単純であるため、比較的簡単に勝てるということを知っておきましょう。それが成熟してくるにつれて値動きが荒っぽくなり、勝ちづらい状況になります。ここは売り手と買い手が殴り合っている状態であり、手出しは無用です。そして最後には多くの人のロスカットを巻き込みトレンドが反転。見方を変えればこの反転を狙うと大きな利益を獲得できるということになります。

3本のSMAから好機を見極める

では、トレンドがいつ始まるのかを、どのように判断すれば良いか。それを見極めるために、テクニカルを用います。

ひろぴーさんが初心者向けに教えてくれたのは、3本の移動平均線を用いる方法。「7」「25」「50」SMAを表示し、全ての方向が一致した局面をトレンドと判断します。そしてトレンドの発生を見付けたら、高値・安値の切り上げ(切り下げ)を確認しながら、押し目買い(戻り売り)。そのエントリーは、「7」SMAを基準に行います。

トレンド成熟期は一旦手を引き、大きな振り幅の相場を静観。やがて生まれる新たなトレンドをフォローするよう体勢を整えます。以上のように、ローソク足とトレンド、二つの情報から、採るべき戦略を切り替えるのです。

簡単なときだけトレードすれば良い

テクニカルを見る前に、まずはローソク足からトレンドを俯瞰する習慣をつけましょう。大事なのは、今がどんな局面であるのかを知ること。それからテクニカルを当てはめて考えていきます。

重要なのは、3本のSMAの方向が一致していること。この条件を満たしていれば、「7」SMAへのタッチを基準にエントリーします。損切りについては、直近の安値に逆指値を入れる、あるいは「7」SMAの内側で3本のローソク足が立ったら成行で決済。利確については、「7」SMAの内側に、終値ベースで残ったときとします。

注意したいのは、相場で最も難しく、損をしやすいのは、トレンドの成熟期だということ。この乱暴な時期を避けるだけでも、質の高いトレードができるようになります。

ポイント1|トレンドの一連の流れとローソク足の関係

チャートを見る際には、ローソク足のサイズと、トレンドの角度に注目してみてください。トレンド初期はなだらかで短めのローソク足。中期にかけて推移の角度を強め、長めのローソク足が混じるように。そして成熟期には長いローソク足や目立つヒゲが登場し、激しく上下動するようになります。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

ポイント2|移動平均線とは?

終値の平均を結んだ線

移動平均線とは一定期間における終値の平均を求め、つなぎ合わせた線のこと(左図の例はローソク足10本分の平均)。これにより相場の流れを把握しやすくなります。なお、ここでの説明は単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)のことです。

方向性や角度からトレンドが分かる

移動平均線は、その向きから相場のトレンドを示唆。上向きならば上昇トレンド、下向きならば下降トレンドと判断できます。またその角度が急であれば強いトレンド、なだらかならば弱いトレンドであるとも考えられます。

ポイント3|3本の移動平均線によりトレンドを見極める

移動平均線は、パラメーターの期間が短いほど、トレンドの感知が早くなります。それゆえ短いものはダマシに遭う可能性があり、それを補うのが中期、長期となります。3本の方向が一致すれば、トレンドの確度が高まるわけです。

エントリータイミング|「7」SMAにタッチでエントリー

1.3本の移動平均線が同じトレンドを指向していることを確認

押し目買い、戻り売りのエントリーの目安とする「7」SMAに加えて、トレンド確認の補助役として「25」「50」SMAも活用します。

2.トレンドの初期を狙い、成熟期はトレードをしない

大陽線、大陰線や長いヒゲが出現する局面では、トレードを控えます。攻めるべきなのは、相場が大人しい時期です。

3.「7」SMAにローソク足がタッチしたらエントリー(「7」SMAでの押し目買い、戻り売り)

終値ベースで、「7」SMAの外側にローソク足が立ったらエントリーします。

決済タイミング|損切りはすぐに設定、利確は相場次第

4.<利確>「7」SMAの内側にローソク足が立つ

トレンドは「7」SMAに沿って推移することが多く、その内側に終値が来るとトレンドの終わりが近づいていると捉えられます。終値ベースで「7」SMAの内側にローソク足が立ったら、利益確定とします。

4.<損切り>直近の高値(安値)or「7」SMAの内側に3本のローソク足が立つ

エントリー後に逆指値を入れる場合は、直近の高値(安値)を目安に。あるいは、「7」SMAの内側に、終値ベースで3本目が残るとなれば、予想したトレンドの動きになっていないことが濃厚。成行で決済しましょう。

エントリーポイント|トレンドの動きを知っておこう(ポンド円 週足 2012年5月~2016年5月)

3人の投資家を意識してみよう

トレンドが始まり、終わる過程には、3人の投資家がいるといえます。一人目は、底値から買いを入れる抜け目のない投資家。二人目は、トレンド発生を察知して追随してくる投資家。そして三人目はトレンドに遅れて参加し、最終的には損をする投資家です。三人目が参加するころには、一人目は売り抜けています。

FXトレード例①|レンジ脱出後の押し目買い(ユーロ円 4時間足 2016年8月16日~9月12日)

トレードの流れ

① 3本のSMAが収束しているところから広がり始め、3本が上向きになった局面
② トレンドの初期。押し目買いを狙う
③「7」SMAの内側に食い込み、それから抜け出す陽線が確定したところでロング
④「7」SMAが角度を緩め、その内側に陰線が立ったところで利確

FXトレード例②|下落から上昇へ切り替わる局面(豪ドル円 4時間足 2016年8月12日〜9月6日)

トレードの流れ

① チャートの枠外左から下落トレンドが続いており、チャート中央で横ばいに動いている局面。「7」SMAに沿った上昇を見せるが、3本のSMAが上向きになるまで待機
② トレンドの初期。押し目買いを狙う
③ 3本のSMAの向きが揃ったところでエントリー
④「7」SMAの内側に陰線が立ったところで利確

FXトレード例③|戻り売りするも逆行し損切り(ドル円 日足 2015年10月26日~2016年3月21日)

トレードの流れ

① 3本のSMAが下向きになり始めた局面
② トレンドの初期。戻り売りを狙う
③「7」SMAの内側に食い込み、それから抜け出す陰線が確定したところでエントリー
④ エントリー後に逆行し、「7」SMAの内側に3本のローソク足が立ったところで損切り

※この記事は、FX攻略.com2017年1月号の記事を転載・再編集したものです

【編集部厳選】この手法が使えるオススメのFX口座

ひろぴーさんに教えていただいたFX手法、いかがでしたか? 使うテクニカルも少なくポピュラーなものですから、すぐに使うことができるはずです。

ここでは、このFX手法を再現できるオススメのFX会社をFX攻略.com編集部が3社選んでみました。いずれも必要なテクニカル指標が揃っていて、安心して利用できる、人気のFX会社です。

1. 外為オンライン


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

バランスのとれたサービス体制・内容で、初心者から上級者までを手広くカバーしており、遂に50万口座を突破。進化したオールインワンで直感に訴える取引ツールや高性能な取引システムの搭載はもちろん、充実した投資情報コンテンツも大きな魅力。

また、簡単な設定をするだけで最適な取引条件を算出、自動で売買が繰り返される「iサイクル注文」にも注目が集まっています。

口座開設・申込み(外為オンライン公式ページへ)

2. 外為どっとコム


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

FX専業の取引会社として誕生し、今もFX一筋でサービスを提供中。頻繁にバージョンアップする取引ツールの使い勝手の良さが高く評価されています。

FX取引を通じて外国為替全体に対する情報発信にも力を入れており、初心者向けの動画コンテンツや相場分析記事などの質が高いことで有名。取引数量が最小1000〜最大500万通貨と幅広いのも特徴です。

口座開設・申込み(外為どっとコム公式ページへ)

3. ヒロセ通商


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

2013〜2015年の3年連続でオリコン顧客満足度ランキングFX部門総合1位を獲得したヒロセ通商のLION FXは、23行の銀行からレートの提供を受けており、業界最狭水準のスプレッドを実現。成功約定率・約定スピードも高水準で、24時間電話サポートありと安心かつ安全に取引できます。

また、1000通貨単位での取引やATMからのクイック入金が可能。通貨ペア&注文方法も豊富に取り揃えられており、万全のサービス内容となっています。

口座開設・申込み(ヒロセ通商公式ページへ)

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい