MENU
FX特集

【FX手法】テクニカル不要、23時からの1時間で完結!!昼働いていても真似できるロンドンフィキシング手法[きぬ]

FX手法のポイント

ロンドンフィキシング直前までのトレンドを狙う
  • テクニカル:なし
  • トレード時間軸:5分足、1分足
  • 狙い目の通貨ペア:強弱・勢いのある通貨ペア
  • この戦略のメリット:トレードは約15分で完了

※チャート上にインジケーター「JPN_Time_SubZero」で日本時間を表示しています。
※「FXトレード戦略のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。

新規

  • 「Currency Strength」で当日と23時以降の通貨の強弱を確認。特に勢いと方向性のある通貨ペアを選ぶ
  • 5分足で23時45分以降にトレンドが出ている方向にエントリー

決済

  • 1分足で24時になる直前で利益確定
  • 1分足で24時までに5pips以上逆行したら損切り

FX手法解説

時間帯を絞って勝率を高める

 兼業トレーダーのきぬさんに、インジケーターを使わないシンプルな手法を教えていただきました。

 この手法のメリットとして挙げられるのが、昼間に仕事をしている兼業トレーダーの方でも無理なく実践できる点です。東京市場の仲値にあたるロンドンフィキシング前の値動きを狙うので、トレードは23時からのわずか1時間で完結します。また、テクニカルを使用せず誰でも簡単に真似できるのも大きな特徴です。

 きぬさんはまず通貨の強弱が一目で分かる「Currency Strength」を使ってより値動きが明確な通貨ペアを選び、その通貨ペアの5分足チャートを見て23時以降の方向感と勢いをチェックします。

1分足の動きから利確・損切りを判断

 23時以降に発生したトレンドは24時まで継続しやすいですが、23時30分に逆行することもあるので23時45分までは方向性を確認します。そしてエントリーは23時45分以降に行います。

 決済に関しては、24時直前に必ず利益確定します。ロンドンフィキシングが決まる24時を過ぎると価格が反転したり、予測できない動きをするため、そうなる前に決済しようという考え方です。また、この手法では逆指値を入れません。エントリー後に5pips以上逆行したら、その時点で損切りします。

 なお、このFX手法できぬさんは平均10~20pipsを獲得しているとのこと。獲得値幅は少な目ですが、勝率はかなり高いそうです。

ポイント1|「Currency Strength」で通貨ペアを選定

ポイント1|「Currency Strength」で通貨ペアを選定

最強と最弱のペアを狙う

通貨ペアの選定は23時の段階で行います。上チャートのような状況であれば、強い豪ドルと弱いNZドルの組み合わせである豪ドルNZドルに明確な方向性が発生していると見なします。目ぼしい通貨ペアがなければ、比較的素直な値動きで方向性が出やすいクロス円を選びましょう。

「Currency Strength」とは?

FXにおける主要通貨の相対的な強弱をチャートに表したものです。中央の線を基準として上昇していればその通貨が多く買われて強く、反対に下降している通貨は売られて弱いことを表しています。

参考サイト:Currency Strength Chart – FXの通貨強弱チャート

ポイント2|23時~ロンドンフィキシング直前までが勝負!

ポイント2|23時~ロンドンフィキシング直前までが勝負!

ロンフィク間際までトレンドが続きやすい

21時以降、特に23時のNYオプションカットを過ぎた後から発生したトレンドはロンドンフィキシングまで継続しやすいという特徴があります。一方で、24時を過ぎるとトレンドが収束し、値動きが読めなくなるので、その直前までに必ず手仕舞うことが大切です。

ロンドンフィキシングとは?

ロンドン時間15時(冬時間16時)=日本時間24時(冬時間25時)に公表される、ロンドン市場での対顧客向けレートのことです。ロンドン市場は取引量が多く値動きが活発で、取引が集中するロンドンフィキシング前後に価格が反転しやすい傾向があります。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

エントリー|方向性と勢いを見て23時45分から入る

エントリー|方向性と勢いを見て23時45分から入る
  1. 「Currency Strength」で当日と23時以降の通貨の強弱を確認。特に勢いと方向性のある通貨ペアを選ぶ
  2. 5分足で23時45分以降にトレンドが出ている方向にエントリー

方向性の見極めが重要

23時45分までは5分足でトレンド状況をしっかり確認し、トレンドが出ていると判断してから23時45分以降にエントリーするのがポイント。そうすることで、価格が逆行しにくく勝率が高まります。

決済|ロンフィク直前までには必ず手仕舞いを

決済|ロンフィク直前までには必ず手仕舞いを
  • 3.<利確>1分足で24時になる直前で利益確定
  • 3.<損切り>1分足で24時までに5pips以上逆行したら損切り

月末・月初の取引には要注意

月末・月初のロンドンフィキシングは値動きが変則的で予測が難しいです。特にユーロが絡む通貨ペアでは、その傾向が顕著になるので注意が必要です。慣れないうちは月末・月初のトレードを控えることも考慮しましょう。

トレード例①|緩やかな下降でもスムーズに9pipsを獲得(ユーロ円1分足 2019年6月18日)

トレード例①|緩やかな下降でもスムーズに9pipsを獲得(ユーロ円1分足 2019年6月18日)
  1. ユーロが弱く、上方向はこれといった強い通貨がなかったので、分かりやすい円を選びユーロ円を選択
  2. 23時以降に下降トレンドになっているのを5分足で確認し、23時45分過ぎにショートでエントリー
  3. エントリー後は1分足で値動きを確認、24時直前になったので利益確定

トレード例②|トレンドに乗って反転前に手仕舞い(豪ドル円1分足 2019年6月17日)

トレード例②|トレンドに乗って反転前に手仕舞い(豪ドル円1分足 2019年6月17日)
  1. 豪ドルが弱く、強いユーロを選ぶ手もありましたが、分かりやすい円を選び、豪ドル円を選択
  2. 23時以降に下降トレンドになっているのを5分足で確認し、23時45分にショートでエントリー
  3. エントリー後は1分足で値動きを確認、24時直前になったので利益確定

※この記事は、FX攻略.com2019年9月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

【FX手法】ロンフィク(ロンドンフィキシング)前のポンドの特異的な動きを利用!!監視時間たった2分の超らくらくトレード[ましゅまろ]
【FX手法】ロンフィク(ロンドンフィキシング)前のポンドの特異的な動きを利用!!たった2分の超楽々トレード[ましゅまろ]FX手法のポイント 戦略:ロンドンフィキシング(ロンフィク)前のアノマリーを利用 トレード時間軸:1時間足以下なら何でも...

きぬさんの手法を動画で学ぶ

投資ECメディア「GogoJungle」にFX攻略.comが出品しているコンテンツです。チャートを見ながらトレーダーさん直々の解説が聞けるので、手法のポイントが本当にわかりやすいんです! まずはダイジェスト動画をご覧ください。

ABOUT ME
きぬ
きぬ
FX歴11年の兼業トレーダー。メインは裁量で順張りトレンドフォロー。レンジ用にトラリピとグルトレを運用中。トレードで1億円稼いで大学教育と文化財保全に寄付することが夢。
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい