FX力を鍛える有名人コラム

115円越えられず失望!再度下値を試す展開[雨夜恒一郎]

先週のドル円相場は、株式市場の反発を好感して上値を試す動きが先行し、一時114.87円まで回復。しかし115円は心理的な抵抗線となり、その後はじりじりと反落、金曜日には113円台を割り込み112.30円まで反落した。121円からの下落局面では下値めどと見られていた115円を割り込んで売りが加速したが、反発局面でその115円が抵抗線となってしまった形だ。

リスクオフにつながる不確実性・不透明感はまだ払拭されていない。原油相場はOPECとロシアの協調減産期待から一時32ドル近くまで上昇していたが、結果的に生産量の現状維持にとどまったことで再び売りに押されている。サウジアラビアのジュベイル外相は「他国が協調するならば増産は凍結するが、減産の用意はない」と言明している。

シェールオイル陣営との勝負が決するまでは、ギリギリまでチキンレースが続く模様だ。米中の景気減速感が強まり、需要も冷え込んでいる。原油相場が再び下値を試す展開となれば、株安・円高のリスクオフの連鎖を引き起こしかねない。

ドイツ銀行の信用不安は、同行が今月12日に54億ドルの社債買い戻しを発表して以来ひとまず下火となっているが、疑いが完全に晴れたわけではない。今回の買い戻し対象には問題のCoCo債(注)は含まれておらず、想定元本67兆ユーロものデリバティブを手掛ける同行の信用リスクは高止まりしたままだ。

注:偶発転換社債。発行体の金融機関が一定の資本不足になると、元本の一部または全部が削減される、あるいは強制的に株式に転換されるなどのトリガー条項を有するハイブリッド証券。ドイツ銀行の巨額赤字計上を受けて、一部クレジットアナリストが来年の利払いが困難になる恐れがあると指摘していた。

ドイツ銀行の株価は戻りが鈍い

ドイツ銀行の株価は戻りが鈍い(チャート)

米国の景気減速感や利上げ観測の後退を背景に、ドルの地合も著しく悪化している。FF金利先物から算出する3月の利上げ確率は、12月の利上げ直後には6割前後だったが、今やほぼゼロ%。12月までの利上げ確率も4割以下まで低下しており、市場は年内一度も追加利上げがないかもしれないと考え始めている。

今週も引き続き、株式市場をにらんで一喜一憂する展開が続きそうだが、リスクオンの日の上昇は限定される一方、リスクオフの日の下落は激しいという展開が予想される。安値からの反発が続かなかった失望感から、ロングでしこっている向きからの見切り売りがかさむ可能性があり、今週は少なくとも前回安値の111円近辺を試す可能性を想定しておく必要がある。

前回は円売り介入やレートチェックのうわさで急速な反発を見たが、二度目はインパクトが薄れるだろう。むしろ株安・円高という形で、介入や追加緩和への「催促相場」が始まるのかもしれない。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい