FX力を鍛える有名人コラム

FXに活かす経済指標|製造業PMIとは?[月光為替]

製造業PMIとは?

では、今回は製造業PMIについてお話ししていきます。

PMIというのは、Purchasing Manager Indexの略で、企業の購買部担当者が、好況なのか不況なのかどのように考えているかを総合して表した指数です。

といっても、これは政府が公式に取り集めて発表している指数ではありません。これは、Markit社が共通の項目で、各国・各地域における企業の購買部担当者に対する調査を毎月行い、発表しているものです。

質問内容としては、各企業の生産・事業環境、新規受注、雇用などについて、「改善、変化なし、悪化」のいずれかを選択回答する形式です。

基本的に、好況不況のポイントは、50ポイントが分岐点になります。

また、一般的に発表されるPMI値はヘッドラインのみで、その詳しい内容については、Markit社との特別契約がなければ閲覧できないことになっています。

製造業PMIとの向き合い方

さて、ではこの製造業PMIとどのように向き合っていけばよいのでしょうか。

このPMIは、直接アンケートをとることで景気実態を正確に測れるという点と、GDPなどよりも早く発表されるため速報性があるという点が特徴です。

当然、景気の良し悪しを判断するものですから、素直に50を上回っていれば通貨にポジティブ、下回っていればネガティブと考えられます。

ですので、基本的には、現在の景気に対するコンセンサス的な考えに対して、PMI指数の50からの乖離幅をみて、ポジティブサプライズかネガティブサプライズかを判断しながら、トレードに活かして行けばよいかと思います。

製造業PMIをFXに活かす方法とは?

実践的には、経験上これで物凄く相場が動いた、ということはありません。
ただ、一瞬、短期的には、アルゴが働いているのだと思いますが、振れることがあります。

トレードチャンスとして使用する、というよりは、自分のポジションに対して、例えば短期でスキャルピングを行う時はこの時間帯を避けるだとか、デイトレならすこし振れてもいいようストップをゆるめにもつだとか、リスク管理において気を付ける指標の一つとして使っていくのが良いかと思います。

さて、次回はこの流れで、サービス業PMIについお話しします。といってもほとんど内容は同じですが(笑)。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。

キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい