TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第2回 「比較」機能の使い方[佐々木徹]

多くのトレーダーから注目を集めているトレーディングビュー。この企画は、国内の第一人者、佐々木徹さんに、その使い方のあらましを教えてもらおうという趣旨で始まりました。今回は、一つのチャートにもう一つのチャートを重ねて表示する方法について、図解してもらいます。

※この記事は、FX攻略.com2016年9月号の記事を転載・再編集したものです

【TradingView(トレーディングビュー)を始めよう】
第1回 3つのココがすごい!

【関連記事】
TradingView TIPS|第1回 トレーディングビューとはそもそもどんなツールなの?[佐々木徹]

マーケットを比較し行き過ぎを見付ける

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」——度を過ぎてしまったものは、達しないものと同じで正しい道ではないとは広辞苑の説明するところですね。

マーケットも行き過ぎかどうかを判断することができれば、高値づかみや安値売りを避けるための一助となります。ところが絶対的な答えなどなく動きまわる市場を相手に、どうすれば判断をすることができるのでしょうか?

当記事ではトレーディングビューの「比較」を使って異なるマーケットを比較し、行き過ぎを見付けるヒントを取り上げてみます。

通貨と関連資源を比べてみる/原油とカナダドル

よく知られていることですが、通貨によっては特定の資源価格と強く連動します。ここでは前々回の記事で少しふれた、カナダドル(CAD)と原油とを事例に使います。

ではまず米ドル建てのCADをチャートに載せます。銘柄欄にCADUSDと入力しましょう。すると画像1のような画面になります。


TradingViewによるCADUSDチャート

一方の原油価格には種類がたくさんありますが、ここでは無料版で日足よりも小さな時間足で取り出すことができる銘柄のうちから、CADに連動をしやすい「USOIL」を使ってみます。チャートの画面から「比較」をクリックします。次に半角英数でUSOILと入力し、エンターキーを押します。すると、画像2のように、比較表示されます。なお、日本語入力の全角では入力できませんので、その点にご注意を。


TradingViewによるCADUSDチャート

ちなみに、そのままだとサイズ感が合わない場合は、折れ線グラフの上で右クリックをして、「左スケール」を選択すると収まりが良くなります。

見ていくと、お互いが離れたり収縮したりしながら進んでいることが分かります。その意味についてはトレーディングビューの使い方から逸れてしまうので別の機会に譲りますが、この機能は応用範囲がとても広いものです。

オセアニア同士を比べてみる/豪ドルとNZドル

少し趣旨を変えて、性格の近い通貨同士……豪ドルとNZドルとを並べてみましょう。ご存じの方も多いと思いますが、これら二国は経済的にも地理的にも関係が深いので、通貨も連動していきます。

画像3のチャートは、豪ドルのローソク足にNZドルを折れ線グラフで載せてみたものです。こうした比較は、誰でも無料で使うことができる機能なので、気になる銘柄同士を比較してみると良いかもしれませんね。


TradingViewによるAUDUSDチャート

株式インデックス同士を比べてみる/日経平均とSP500

最後は、日経225と米国株式の代表的な指標であるSP500を比べてみましょう。画像4では単純に比較して並べるだけではなく、チャートに簡単なトレンドラインを引いてみました。


TradingViewによるFX-JPN225チャート

「日経かSP500か?」と題したチャートは、日経225とSP500とを週足で比較したものです。私が6月14日にトレーディングビューへ投稿したアイデアで、日経225が1万6000円を少し切ったところでした。

紫のラインが日経を支えるトレンドライン。赤色がSP500です。オマケとして、左側の縦線は第2次安倍政権が始まったタイミングです。

この記事が発売される頃には、どうなっているでしょうね? チャートから見えるシナリオとしては、以下のようなところでしょうか。

1. 日経がサポートを割り込んで1万円を目指し、SP500も引っ張られ落下中
2. サポートで買われた日経がSP500に追いつき2万円を目指している

決めるのはマーケットなのでどちらになるかは分かりませんが、一ついえるのは、今この原稿を書いている日に私が日経225を取引するなら、SP500と比べて売られすぎている日経を、さらに売り叩くことはしないかな、というところです。

比較チャートを使えば、こうした感覚をつかむこともできますし、何より無料ですので、読者の方はぜひ試されてみては、いかがでしょうか。ハッピー・トレーディング!

※トレーディングビューは、頻繁に仕様やデザインが更新されるため、ここで紹介する内容とは異なる場合もございます。あらかじめご了承ください。

※この記事は、FX攻略.com2016年9月号の記事を転載・再編集したものです

佐々木徹の写真

佐々木徹(ささきとおる)

欧米式のトレード方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、現役トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2100名を超える受講生をもち、2014年にはユーデミー(ベネッセ社運営)で日本人初のトップ15講師入り。株式会社ファム代表取締役。

公式サイト:ココスタ

Twitter:https://twitter.com/CocostaGeekend

YouTube:https://www.youtube.com/user/fxkawasechart

FX力を鍛える有名人コラム | TradingView(トレーディングビュー)を始めよう | 佐々木徹の最新記事
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 山中康司 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
新たな米中対立に注意[雨夜恒一郎]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第12回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第2回 チャートを見る理由とは?
淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)第5回[YEN蔵]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|ドル円と200日線の攻防、豪ドル円のトリプルボトム完成】
私の愛用するFXテクニカル指標[田向宏行]
マーケットのメインテーマは米大統領選へ[井口喜雄]
私の経済指標の見方[水上紀行]
リスクオン・ リスクオフとは何か?[遠藤寿保]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|新型コロナのパニック相場を「一目均衡表」で俯瞰する方法】
休む勇気、止める勇気[中里エリカ]
楽観は禁物!コロナ第二波はすでに来ている[雨夜恒一郎]
相場の反転は“実需筋”がきっかけ?[内田まさみ]