FX力を鍛える有名人コラム

ユーロ、豪ドルはダウンサイドに警戒を[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ドル円はレンジ勝負

ドル円は先週からの高値と安値で約50銭程度の値動きしか出ていません。著しくボラティリティが低下するなか、引き続き109.50円~110.30円のレンジで勝負するしかなさそうです。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、米財務省短期証券の購入終了時期や、米利下げを巡る思惑から今後方向感が出てくる可能性はありますが、ゲームチェンジはまだ先だと思います。方向感の見えないドル円はひとまず見限って、動きのある豪ドルやユーロに乗り換えても良さそうです。

ユーロ、豪ドルはダウンサイドに警戒を

新型コロナウイルスの感染者は今朝時点で74,279人(前日比+1,751)と感染拡大に収束の兆しは見えていませんが、感染者の増加率は鈍化しており、パンデミック(大流行)はないというのが今のマーケットモメンタムです。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的なサプライチェーン停滞や、中国の景気後退は避けられず、中国と関連の強いユーロや豪ドルは今後厳しい展開が予想されます。また、ユーロは引き続きドイツの景気減速への警戒感が重石になるほか、ドイツ政局懸念や英国とEUの通商交渉もネガティブ要因となります。一方豪ドルも昨日のRBA議事録で追加利下げを検討とのネガティブサプライズがあり、ユーロ、豪ドルの両通貨とも下値は脆弱と言えます。低いところでショートは持ちたくありませんが、戻りはしっかり売っていくべきだと考えています。

英・加の消費者物価指数が焦点

本日は英・加消費者物価指数に注目が集まっています。英GDPを始め、足元の英経済指標が良いとは言えず、先行きの不透明感が強いことからBOE(英中央銀行)が今後利下げに踏み切るのではないかとの観測がくすぶっています。今のところ中銀のスタンスは様子見ですが、本日の英消費者物価指数が悪化するようだと利下げの議論はさせられないでしょう。また、BOC(カナダ中央銀行)もここにきて利下げへの思惑が再燃しています。ボロズBOC総裁は「政策運営は今後の加経済指標次第」としており、文字通り本日の加消費者物価指数がポイントとなりそうです。

18:30 英消費者物価指数
22:30 加消費者物価指数

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
川崎ドルえもんさんと同じ取引ができる!みんなのシストレ[トレイダーズ証券]

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい