トレイダーズ証券

FOMCはドル高イベントとなるか[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

FOMCはドル高イベントとなるか

今回のFOMCでは政策金利、金融緩和策ともに現状維持の見込みですが、新型コロナワクチンの普及や、バイデン政権による追加経済対策の成立を受けて、米経済見通しは上方修正される可能性が高いです。

また、今回は四半期に一度公表されるFOMCメンバーの金利見通しを示すドットチャートが更新されます。前回のドットチャートでは2023年末までゼロ金利維持の見通しでしたが、あしもとの米経済回復を見ると、FOMCメンバーの中には利上げ時期に前倒の考えを示す人もいると思われます。おそらくドットチャートは2023年に1回の利上げは織り込みに行くのではないでしょうか。パウエルFRB議長が米長期金利上昇を容認しているということもあり、今回のFOMCはドル高に振れやすいイベントと考えています。

日銀はマイナス金利深堀へ

明後日の日銀金融政策決定会合はマイナス金利の深掘りが噂されています。2月からのドル円の105円から109円台までの上昇は米長期金利の上昇の影響もありますが、日銀がマイナス金利深掘りの影響分析を行い必要なら実施という報道も上昇要因でした。仮にマイナス金利の深掘りが実施された場合、短期的に円安に振れることが予想されますが、事前の織り込みで大量の円が売られているため発表後に円高に振れる可能性も考慮しておきたいです。

また、長期金利の変動幅拡大を巡って黒田総裁と雨宮副総裁の発言に不一致が見られるほか、ETFの買い入れ方針(下限撤廃や買い入れ対象の見直しなど)についても、現時点でマーケットとのコンセンサスが取れていません。今回の日銀金融政策決定会合はボラティリティの急拡大に注意が必要になります。

ドル円の行方は

ドル円はFOMCや日銀次第にはなりますが、昨年6月の高値109.84円や、節目となる110円を短期的なターゲットとして狙っています。瞬間的に売り込まれることはありそうですが、現在の日米金融スタンスを見る限り、ドル円が沈み続けることはないように思います。現在の109円付近は高値で膠着状態が続いており、ここからのロングに抵抗があるならば、108円ミドルから下の押し目を待ってもいいでしょう。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

\新規口座開設キャンペーン実施中!/

トレイダーズ証券 みんなのFX

ABOUT ME
井口喜雄
井口喜雄
いぐち・よしお。トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。 ■トレイダーズ証券の詳細はこちらトレイダーズ証券公式サイト
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい