全てのページの検索結果 : 2039件

  • 詳細へ
    2018年7月23日
    トランプ砲炸裂!しかしターゲットは主に中国[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年7月23日号 先週のドル円 先週のドル円相場は続伸し、一時113.17円と1月以来半年ぶりの高値を示現。米国の景気指標がこのところ堅調であることに加えて、パウエルFRB議長が17日に行われた議会証言(ハンフリー・ホーキンス報告)で「漸進的な利上げの継続が最善」との見解を示したことがドル買いを呼び込んだ。しかし週後半は、トランプ大統領がFRBの利上げとドル高を批判したことから流れが急変し、一気に111.39円まで売り込まれた。 トランプ大統領の為替観 トランプ大統領のドル高批判発言は今に始まったことではない。大きく報道されただけでも、就任以来4回ある。1回目は2017年1月の就任直後「ドルが強過ぎるため、米企業は中国と競争できない」、2回目は2017年4月12日「ドルは強くなりすぎている」、3回目は2017年7月25日「ドルは強すぎないのが望ましい」、そして今回が4回目で「より強いドルは米国の競争優位をはく奪する」。 一方でトランプ大統領は、今年1月25日には「最終的には強いドルが望ましい」とも発言している。こうした発言が単なる思い…
  • 詳細へ
    2018年7月21日
    月刊 FX攻略.com 2018年9月号 発売のお知らせ
    月刊 FX攻略.com 2018年9月号 発売:2018年7月21日(土)<毎月21日発売> 定価:[紙版] 750円 / [デジタル版] 600円 全国の各書店でお買い求めいただける他、各種ネット書店でお買い求めいただけます 紙版 / 電子書籍 / 定期購読 電子書籍 紙版 紙版 / 電子書籍 / 定期購読 ※ 電子書籍、定期購読はFujisan.co.jpの扱いとなります 巻頭特集 副業FXをはじめよう なぜ私たちには副業が必要なのか なぜ投資は最強の副業なのか なぜFXは最強の投資なのか 比較的手軽に始められる副業を比較 少ない資金で始められる投資を比較 副業FXのきほん① 資金や生活サイクル、考え方は十人十色 まずは自分にあったスタイルを見つけよう 副業FXのきほん② 景気に左右されずいつでも利益を出せるFX取引の基本的な仕組みを知ろう 副業FXのきほん③ レバレッジの利点を十分に享受しよう 取引に必要な資金とFXで得られる利益 副業FXのきほん④ 長く運用していくならリスク管理は必須 FXはルールをきちんと守れば全く怖くない 副業FXのきほん⑤ 値動きの予測に欠かせないチャー…
  • 詳細へ
    2018年7月19日
    GogoJungleプレゼンツ!FXシステムトレード(EA)人気商品ランキング[2018/7/19情報]
    「投資家の英知をすべての人に。」というスローガンのもと、FXシステムトレード、インジケーター、電子書籍などの商品販売や、著名トレーダー・アナリストと投資家が交流を深める投資サロンなどを行なっている投資情報総合サイト、GogoJungle。 この記事では、そんなGogoJungleで販売されているFXシステムトレードの「人気商品ランキング」をお届けします。数多も販売されている商品の中で今週最も売上の高かった商品とは? MT4でシストレを検討されている方は必読です! もしこれからMT4を学ぼうと思っている方は下の関連記事がおすすめ。MT4をゼロから学べますよ。 【関連記事】 ・はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ|第1回 EAとは?[柿澤真正] ・PDFマニュアル応募者全員プレゼント!MT4初心者を対象にしたMT4デビューキャンペーン ・MT4総力特集|知識ゼロから始めるメタトレーダー4(Meta Trader4)の使い方入門 ・MT4でチャート分析ができる主な国内FX会社8選 【1位】InstaFX-Relax/AI(ディープラーニング)技術を駆使したInstaFXの直系EA…
  • 詳細へ
    2018年7月18日
    米中貿易戦争でなぜドル円がさがらないのか[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 パウエルFRB議長は上院議会証言で堅調な米経済成長を改めて示しました。発言はサプライズが起きることなく、やや面白みに欠ける内容でしたが、「当面ゆるやかな利上げ継続が最善策」としたことで、年内あと2回の利上げが示唆され、ややタカ派となりドル円は113円台に乗る展開となっております。 米中貿易戦争でなぜドル円がさがらない? 米中貿易戦争ですが、緊迫状況(リスクオフ)にも関わらず、円買いではなく、ドル買いで反応しています。教科書通りにいけばドル円は下がりそうな展開ではありますが、今のマーケットは「安全通貨としてのドル買い」「有事のドル買い」として反応しています。腑に落ちない部分もありますが、マーケットは常に変化しており、今のルールに従っていくしかありません。そうなると日米の金融政策が真逆になるうえ、貿易戦争での円買いもないのであればドル円にとってのポジティブです。ドル円の次のターゲットは去年末にもみ合った113円ミドルになります。ここを明確に抜ければ115円の大台の節目も見えてきます。 ただ、今月末にライトハイザー米…
  • 詳細へ
    2018年7月16日
    新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年7月16日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場はドル買いが一段と強まり、一時112.80円と1月以来半年ぶりの高値を付けた。トランプ大統領が2000億ドル相当の新たな対中関税リストを公表したことを受けて、ドルが売られる場面もあったが、長続きしなかった。前回の当コラムでは、「貿易摩擦がらみの話題が下火となり、日米の金利差やファンダメンタルズ格差を背景としたドル堅調の地合が鮮明になってくるだろう」と予想したが、おおむねそのような展開となった。 米中貿易摩擦は一段とエスカレートしつつあるが、市場では「貿易戦争の勝者は米国」との見方が浮上し、ドル買い材料とみる向きも少なくない。中国が米国による追加関税に対して同規模の関税で応酬しようとしても、米国からの輸入がそこまで大きくないためこれ以上報復できない。貿易戦争の結果、世界経済が打撃を受けたとしても、米国は輸出に依存しているわけではないので影響は比較的小さくて済む。また結果的に米国の貿易赤字が縮小すれば、それも理論的にはドル買い材料となる。 従来、貿易摩擦は米国のドル安誘導とセットになって…
  • 詳細へ
    2018年7月16日
    ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「6ヶ月ぶりの112円台へ!」 先週を一言で表すと「6ヶ月ぶりの112円台へ!」です。 7月9日(月)に110.393円でスタートしたドル円。 アメリカの株価指数が堅調なことを受け、110.90円まで上昇しました。 続く10日(火)、日経平均株価が上げ幅を拡大し、リスクオンの流れとなりさらに上昇。 11日(水)にはアメリカが中国への追加関税をかける中国製品リスト(2,000億ドル相当)を公表、これに対し中国も反撃する気マンマンの姿勢を見せるなど米中貿易戦争への懸念が再発しました。 しかし、NYではアメリカの株価指数が絶好調なこをうけドル円はとうとう112円台に到達。 その後も堅調な流れは変わらず4営業日連続の陽線、週末には高値112.798円までタッチしましたがその後は反落し結局112.30近辺でクローズしました。 ドル円絶好調ですね。 ただ、ここで違和感を感じます。 なぜ「米中貿易戦争への懸念があるのにドル円上昇なのか」という点です。 今までの一般的な流れは以下です。 ① …
  • 詳細へ
    2018年7月15日
    FX攻略.com公式サイト人気記事ランキング(期間:2018年7月1日〜7月15日)
    FX攻略.com編集部ウェブ担当の上岸です。 今回のコラムは、7月1日〜7月15日の期間でアクセスの多かった(たくさんの人に読まれた)公式サイトの記事をランキング形式でご紹介します。 1位はFXトレーダーが大好きなあの取引スタイルを特集したページでした。 (毎回同じ結果ですみませんっ!) 【 1位 】FXスキャルピングのやり方・コツ・手法・テクニックを伝授!超短期売買のはじめ方 FXの取引スタイルのひとつ、超短期で決着をつけるスキャルピングの特集まとめページです。 「スキャルピング」「fx スキャルピング」などの検索キーワードで常に上位表示されてるので、アクセスのほとんどが検索流入になります。 スキャルピングはニーズが多いですから、このキーワードで1位を取っていれば多くのトレーダーさんの目に止まるっていう寸法ですね。 スキャルピングを始めるために必要な情報を網羅している特集となっていますので、スキャルデビューしたい人に読んでいただきたいです!! ⇒ 1位の記事はこちら ・FXスキャルピングのやり方・コツ・手法・テクニックを伝授!超短期売買のはじめ方 【あわせて読みたい】 ・計画的なスキ…
  • 詳細へ
    2018年7月15日
    天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
    今年は32年ぶりに3月の東京に大雪警報が発令されました。この原稿を書いているとき、外の気温は2度。つい先日、桜の開花宣言があり、気温も18度前後まで上昇し、コートをクリーニングに出そうか迷ったほどでした。寒暖の差が激しいですが、堪えるのは人間だけでなく穀物も同じです。今回は、いよいよ天候相場に入るトウモロコシ相場を見ていきます。 ※この記事は、FX攻略.com2018年6月号の記事を転載・再編集したものです トウモロコシの一年 まず、トウモロコシの一年を見てみましょう。大きく分けて、4月~9月は「天候相場期」、10月~3月は「需要相場期」と呼ばれます。作付けに適した時期は産地ごとに異なりますが、米国中西部では4月~5月、南半球の産地では10月~11月とされています。作付け期が好天に恵まれ、作付けが早く終われば終わるほど夏の高温期に入る前に受粉期となり、干ばつによる被害の可能性が低下します。 夏(7月~8月)は「受粉期」といわれ、天候相場期のトウモロコシにとって最も重要な季節です。この時期、最も多くの水分を必要とします。相場は、産地の降雨や気温の変化に対して非常に神経質な動きを見せます。…
  • 詳細へ
    2018年7月14日
    米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
    トランプの制裁関税に中国が激しく反発 「米中もし戦わば」とは、トランプ政権発足時に新設された国家通商会議(NTC)の委員長、ピーター・ナバロ氏(現:通商製造業政策局長)の著書名です。トランプ政権発足2年目、世界はこの言葉を彷彿とさせる出来事を次々に目撃することになります。 トランプ大統領は1月の太陽光パネル・洗濯機への緊急輸入制限(セーフガード)発動、3月の鉄鋼・アルミ関税に続き、同22日には中国に対し知的財産権の侵害を理由に同国輸入品、最大600億ドル相当に25%の関税を適用する大統領令に署名しました。大統領令で米通商代表部(USTR)に15日以内の関税引き上げリストの取りまとめを求め、30日間の意見公募期間を経て、対象品目を決定するよう要請しています。関税導入は、早くて5月後半でしょう。 トランプ大統領が「多くのうちの初めの一手に過ぎない」と明言する通り、同時進行で財務省には中国企業の対米投資を制限する案を60日以内に提示するよう求め、同政権による中国貿易包囲網は狭まるばかりです。 黙っていないのが、中国流といえます。同国は、米国が3月22日に知財関税措置を発表した数時間後の翌23…
  • 詳細へ
    2018年7月13日
    GogoJungleプレゼンツ!今週のMT4インジケーター・電子書籍人気商品ランキング[2018/7/13情報]
    「投資家の英知をすべての人に。」というスローガンのもと、FXシステムトレード、インジケーター、電子書籍などの商品販売や、著名トレーダー・アナリストと投資家が交流を深める投資サロンなどを行なっている投資情報総合サイト、GogoJungle。 この記事では、そんなGogoJungleの中で販売されているMT4インジケーター・電子書籍の「人気商品ランキング(※)」をお届けします。数多も販売されている商品の中で今週最も売上の高かった商品とは? 早速見てみましょう! もしこれからMT4を学ぼうと思っている方は下の関連記事がおすすめ。MT4をゼロから学べますよ。 【関連記事】 ・PDFマニュアル応募者全員プレゼント!MT4初心者を対象にしたMT4デビューキャンペーン ・MT4総力特集|知識ゼロから始めるメタトレーダー4(Meta Trader4)の使い方入門 ・MT4でチャート分析ができる主な国内FX会社8選 ・GogoJungleプレゼンツ!FXシステムトレード(EA)人気商品ランキング ※ MT4インジケーターランキングは、FXカテゴリーの中から抽出しています 【1位】Winning Stra…