私の鉄板FXトレード=合成通貨と通貨の相関性の、通貨のすべてが同じトレンドだったときだけエントリー[えつこ]

トレード手法のなかで、合成通貨と通貨の相関性の、通貨のすべてが同じトレンドだったときだけエントリーするようにすると、初心者の方でも最大限にリスクを回避できます。これは私にとっても、利益の出しやすい手法です。今回はその手法を「鉄板トレード」として、皆さまに説明したいと思います。

大切なお金を、子どもさんの学費に当てたいと思ってFXを始める方や、収入が少し減ってしまったので、家族のためにそれを補いたいと思っている方に、ぜひ練習して覚えていただきたいと思います。

合成通貨と通貨の相関性を生かしたトレード

FXトレードをするときに、最初に皆さんは通貨を選ぶと思いますが、最初はだいたいの方が「ドル/円」や「ユーロ/円」などの、クロス円を選択して、1通貨でトレードすると思います。

クロス円は、「ドル/円」以外はすべて無理やりつくった合成通貨ですので、実際の取引はありません。ですので、合成通貨と通貨の相関性の3通貨全部を観察して、動きを把握できるようにならないと、1通貨だけ観察してトレードするのは、観察していない通貨の影響を予測できないので、大変リスクが高くなります。

合成通貨と通貨の相関性の繋がりをたとえてみますと、「ユーロ/円」でしたら「ユーロ/ドル」と「ドル/円」を、「ポンド/円」でしたら「ポンド/ドル」と「ドル/円」を、「オーストラリアドル/円」でしたら「オーストラリアドル/米ドル」と「ドル/円」を、3通貨組み合わせて観察する必要があります。

3通貨が同じトレンドのときにエントリー

合成通貨と通貨の相関性の関係は、よく次の表にして説明されます。

合成通貨と通貨の相関性の説明をしますと、「ユーロ/ドル」と「ドル/円」が同じ上昇の場合は、「ユーロ/円」は大きく上昇します。これは他の合成通貨にも共通する動きです。「ドル/円」以外のクロス円を中心にトレードするのであれば、表と同じ相場のときだけトレードするようにすれば、損をするリスクを最大限に軽減することができます。

次のチャートをご覧下さい。

左から「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ユーロ/円」です。3通貨とも同時に上昇トレンドとなっています。数字が見えづらいですが、「ドル/円」は50pipsぐらい上昇していて、「ユーロ/ドル」は40pipsぐらい上昇していて、「ユーロ/円」は90pipsぐらい上昇しています。

上昇したpipsの大きさからも、通貨の相関性の表の関係がよくわかります。合成通貨のほうが利益率が高いのです。

エントリー通貨の複数選択方法

最近は、ユーロ圏からの信用不安のニュースが一番注目されていますので、動きがわかり易いのはユーロです。3通貨同じトレンドであれば、合成通貨(「ユーロ/円」や「ポンド/円」)のクロス円をエントリー通貨とするのが一番良いと思います。

それ以外でも、エントリーしたい場合は、合成通貨(「ユーロ/円」や「ポンド/円」)以外で、はっきりと勢いがあると判断できた通貨を選ぶことが重要です。勢いを判断するのに、私の定番のADXDMIとBBandWidthRatioの同時右上がりで勢いを判断するのは大前提ですが、最近よく、これらのテクニカルと一緒に判断材料として観察しているのが、xMeter_Indicatorという、通貨の強弱を7通貨分表示してくれるインジケータです。

グラフが上の緑に近づく程、通貨が強くなっている=買われている、グラフが下の赤に近づく程通貨が弱くなっている=売られている、と判断するインジケータです。

xMeter_Indicatorの画像を見てみますと、一番買われている通貨は、一番左のドルと判断できます。左から二番目のユーロは少々売られぎみなので、最初のチャートの「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ユーロ/円」のうち、「ユーロ/円」ともうひとつ別の通貨もエントリーするのであれば、「ドル/円」が一番良いと判断できます。

xMeter_IndicatorはGoogleで検索すれば、簡単にダウンロードできるインジケータですので、ぜひ皆さんも試してみてください。

決済方法

決済に関しては、私はPivotを使用しているのですが、3通貨が同じトレンドで勢いがある場合は、クロス円のPivotDailyラインの2番目のラインまでは動く場合が多いように思います。

これは上昇トレンドでも下降トレンドでも同じです。ですが、Pivotの観察に慣れていない場合は、Pivotの最初のDailyラインで決済するのが一番安全な決済の場所です。

必ずチャートで練習すること

エントリーも決済も一瞬の判断が必要ですので、チャートの動きに慣れていないと難しいと思います。

どんなに立派な鉄板トレードの手法だとしても、しっかりと練習してからトレードすることがとても大事です。必ず最低でも1週間は練習してからトレードするようにして下さい。

今回の内容が皆さまのトレードのお役に立つことができましたら、私としましても大変嬉しいことです。(月刊FX攻略.com 2013年1月号掲載)

えつこの写真

えつこ(えつこ)

SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。FXの利益で、発展途上国の子どもたちや貧困層や老人を援助する財団を設立するのが夢。

公式サイト:えつこのFX日記~FXで家計にゆとりを~

FX力を鍛える有名人コラム | えつこ | テクニカル分析手法の最新記事
【速報】FXトレードニュース|2018年6月18日〜6月24日[FX攻略.com]
外資系FX会社のあるべき姿[中里エリカ]
ディーラーによる今週のドル円「重要イベントも無難に終わる!意外と堅調な1週間!」[国府勇太]
FOMCは予想よりタカ派的!日米の金融政策格差広がりドル高へ[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]
ケルトナーチャネル&RSI、平均足、MACD、DMI|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
FXオプション取引 基本と戦略|第4回 プレミアムの変動状況を計る指標[大西洋平]
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第12回 金や原油など商品市場はFXと関係性あるの?[井口喜雄]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月11日〜6月17日[FX攻略.com]
エリア手法の極意・実践編|第6回 エリアの値幅を許容範囲まで絞り込む考え方[FXプランナー]
マーケットはリスクオン!乗らざるを得ない[井口喜雄]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第10回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析③[浅野敏郎]
フォーメーション分析を理解する その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは[マックス岩本]
木里ゆうさんの連載コラムを引っ越しします!
フィボナッチ・リトレースメント&エクスパンション|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術