私のトレンド看破術[不動修太郎]

FXではトレンドを的確に見極め、その流れに乗っていく、いわゆるトレンドフォローが基本戦術となりますが、うまくトレンドに乗るのはそう簡単なことではありません。ここでは不動修太郎さんに、トレンドを看破するためのテクニックを教えてもらいます。

※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです

FXのトレンドとは? 

FXのトレンドとは、為替相場の値動きの傾向です。投資で効率良く利益を上げるには相場のトレンドを見抜き、そのトレンドにうまく乗ることが大切です。チャートで目立つのは、レートが上がる上昇トレンド、その逆の下降トレンドですが、トレンドが出ていない時期はもち合い、ボックス相場と呼ばれます。為替相場では、長い目で見るとハッキリしたトレンドが出ている期間よりも、もち合いの期間の方が長いです。

上昇・下降だけでなく三角もち合いにも注目

ここで図①をご覧ください。ローソク足など為替レートを模式的に描いたのが赤い曲線で、その値動きの底を結んだオレンジ色の直線を単にトレンド・ライン、あるいは下側トレンド・ラインと呼びます。また高値(天井)を結んだ紫の直線もトレンド・ラインまたは上側トレンド・ラインと呼びます。

直線の引き方は簡単ですが、常にそれらの直線を意識しないと相場のトレンドに乗れないので、FXで安定した利益を上げるのは難しいです。FXで勝ち続けている人、相場経験が長いベテラン投資家は、チャートを見ながら、頭の中で何本かのトレンド・ラインを引き、相場のトレンドが続いているか、終わったのかを意識しています。

図①の左側、「1、上昇トレンド」では上下のトレンド・ラインが双方とも右肩上がりです。赤い値動きがオレンジ色の下側トレンド・ラインを下回った所に黒い丸印を付けましたが、そこでそれまでの上昇トレンドが終わったと判断します。また図①中央の「2、下降トレンド」は、上下のトレンド・ラインが右肩下がりですね。

もう一つ意識すべきトレンドとして図①の右側、値動きがだんだん小さくなり、ほとんど動きがなくなるパターンがあります。これを「三角もち合い」と呼びますが、相場での買いと売りがちょうど釣り合って、上にも下にも動かなくなった状態です。それは綱引きで両チームの綱を引っ張る力が全く同じで動かない状況と似ています。ですから、一見すると動きがない退屈な相場に見えますが、三角もち合いの直後に売買のバランスが崩れ、相場は急に上がるか下がることが多いです。

私はFX初心者だったころに、この三角もち合いの相場で大きなポジションを持ち、その直後に相場が思わぬ方向に動き、大きな損につながってしまったことがありました。相場のトレンドが三角もち合いになったら、取引を控えるか、売買ポジションをそれまでよりも小さくしましょう。

トレンドの見抜き方

次に最近のドル円チャート①を見てください。このチャートの範囲では、Aが底(ドル安円高)であり、Bからトレンド・ラインが右肩上がりですので、相場はハッキリした上昇トレンド(ドル高円安)です。しかし、Cでレートが下側トレンド・ライン(オレンジ色の直線)を下に大きく割り込んでいますね。AからB周辺でドル円の買いポジションを持ったのであれば、Cで相場の上昇トレンドが終わったと見て利益確定のためにここで一度ポジションを手放しましょう。

C以降は逆に相場が下落、つまり円高に動いており方向感がないので、相場の方向性を見守ります。その後にチャート上のDから相場は再び上昇トレンドを描いたので、Dで再び買いポジションを持ち、サポート・ラインを割り込むEでポジションを手放し、利益確定します。

相場の流れに合わせて売買を繰り返そう! 

さて、もう一度、チャート①を見てください。このチャートを見て相場を振り返ると平均的にドルの大きな上昇トレンドが続き、円安に動いていました。ですから、後からこのチャートを見るとAでドルを買い、そのポジションをずっと持ち続けてEで利益確定すれば良かったように思えますが、将来の相場はもちろん上がるか下がるか分かりません。しかも急激な上昇相場の期間でも、投資家の利益確定の売りによる巻き戻し、あるいは事件をきっかけとして何度か下げることもあります。

相場のトレンドを意識していないと、E以降の青い矢印を描いた所のドルの急落でもドル買いのポジションを持ち続けてしまい、損をする恐れがあります。ですからローソク足がトレンド・ラインを越えたら、それまでの相場の流れが変わったものと考えましょう。

前項に書いたように、相場のトレンドが変わったらその流れに応じて素早く損切り、あるいは利益確定をすることが大切です。このようにトレンドに合わせて細かく売買を繰り返し、着実に利益を積み上げるのがFXで勝つコツです。

※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです

不動修太郎の写真

不動修太郎(ふどうしゅうたろう)

国際エコノミスト、為替の講師、執筆者。出版社からセミナーDVD、対談CDを発売。金融取引所、証券取引所、FX業者、投資信託業者などで講演の他、雑誌への執筆、FX・株式のスクール講師を務めている。

公式サイト:不動修太郎の「ニュース報道の裏側」

twitter:https://twitter.com/syutaro_fudo

FX力を鍛える有名人コラム | テクニカル分析手法 | 不動修太郎の最新記事
米感謝祭ウィークで様子見も突発的な値動きには警戒を[井口喜雄]
月足トレードで生きてます|第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替]
トラッキングトレード入門|第16回 5244.6pipsの利益!トラッキングトレードでユーロ高を追いかけてみよう[斉藤学]
先週のコイントストレードはいまいち[木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「一気に112円割れ!次の注目ポイントは?」[国府勇太]
10倍制限のFX新レバレッジ規制案は見直しを[山中康司]
感謝祭ウィークは投機筋のポジション巻き戻しに注意[雨夜恒一郎]
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]