トレード成績が振るわない1週間でした[木里ゆう]

さて、先週のトレードを振り返っていきましょう!

先週のFXトレード報告

【このトレードのルール】 

  • ユーロ円は利食いが+120pips、損切りが−80pips
  • ポンド円は利食いが+110pips、損切りが−100pips
  • ドル円は利食いが+80pips、損切りが−70pips(現在は休止中)
  • ユーロ円とポンド円は、上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値両方の8pips先に、17時に仕掛ける
  • ドル円は、上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値の両方に、17時に仕掛ける
  • 逆指値なので、高値到達で新規買い、安値到達で新規売り
  • 買いか売りかのどちらかが発動したら、もう一方は取消
  • 0時を回ってヒットしなければ、両方のIFO注文を取消
  • ポジションは利食いか損切りになるまで放置(※米ドル/円のみ、ポジションが翌日の16時59分になっても決済されていない場合、その時点で成行強制決済)
  • 金曜日は新規エントリーしない
  • ユーロ円とポンド円は、毎週金曜日の16:59にすべての保有ポジションを成行決済する

※ トレードルールは随時更新されています。最新のトレードルールは一番新しい記事にてご確認ください。

7月31日(月)

注文を入れたものの、ノーエントリー。

こんな感じで動きが少なかったです。

8月1日(火)

ユーロ円はこの日もエントリーせず。でもポンド円は買い。

8月2日(水)

アゲアゲのチャートで一瞬迷いましたが、ユーロ円を買いで入りました。

8月3日(木)

ポンド円損切り。この日は英国絡みの経済イベントが多く、ファンダメンタルズの影響が大きかったです。

8月4日(金)

ユーロ円を損切り。

【このトレードに向いたFX会社】

SBI FXトレード

全通貨ペアで極限まで下げられたスプレッドがなによりの売りです。スマホアプリも使いやすいので、パソコンが苦手な人にもオススメ。

ヒロセ通商 LION FX

私がメインで使ってるFX会社の一つです。

ロンドンブレイクの道

今までのバックテストで、オセアニアブレイク(東京時間にエントリー)は、ドル円が有効ということが分かりました。

そして東京ブレイク(ロンドン時間エントリー)はユーロ円が特に有効ということも分かりました。 

今気になっているのは、ロンドンブレイク(NY時間エントリー)も有効か? ということ。これもバックテストしたいですね。

また、ブレイクアウト手法の成績が曜日によって偏っているのも面白いです。私の検証では、火曜・水曜・木曜の成績が良く、月曜が悪いです。そして金曜は最悪(笑)

おまけ

木里ファームにミニトマトがいっぱいできました。

トマトジュースにして飲んでみたら、夏バテも吹き飛ぶ美味しさでした♪生き返る。

木里ゆうの写真

木里ゆう(きざとゆう)

FX歴5年以上の個人トレーダー。書籍や雑誌中心にさまざまなトレード手法、分析テクニックを独学で学ぶ。スキャルピングからスイングトレードまで様々な投資スタイルを実践していくなかで、現在の省エネ手法に到達。東京時間のみのシンプルなトレードで安定して利益をあげるも、なお手法の精度向上に余念がない。パンクやテクノを中心に音楽大好き。東北地方在住。

公式サイト:木里ゆうのスワップFX生活

twitter:https://twitter.com/KizatoFX

FX力を鍛える有名人コラム | 木里ゆうの最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]