トレード成績が振るわない1週間でした[木里ゆう]

さて、先週のトレードを振り返っていきましょう!

先週のFXトレード報告

【このトレードのルール】 

  • ユーロ円は利食いが+120pips、損切りが−80pips
  • ポンド円は利食いが+110pips、損切りが−100pips
  • ドル円は利食いが+80pips、損切りが−70pips(現在は休止中)
  • ユーロ円とポンド円は、上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値両方の8pips先に、17時に仕掛ける
  • ドル円は、上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値の両方に、17時に仕掛ける
  • 逆指値なので、高値到達で新規買い、安値到達で新規売り
  • 買いか売りかのどちらかが発動したら、もう一方は取消
  • 0時を回ってヒットしなければ、両方のIFO注文を取消
  • ポジションは利食いか損切りになるまで放置(※米ドル/円のみ、ポジションが翌日の16時59分になっても決済されていない場合、その時点で成行強制決済)
  • 金曜日は新規エントリーしない
  • ユーロ円とポンド円は、毎週金曜日の16:59にすべての保有ポジションを成行決済する

※ トレードルールは随時更新されています。最新のトレードルールは一番新しい記事にてご確認ください。

7月31日(月)

注文を入れたものの、ノーエントリー。

こんな感じで動きが少なかったです。

8月1日(火)

ユーロ円はこの日もエントリーせず。でもポンド円は買い。

8月2日(水)

アゲアゲのチャートで一瞬迷いましたが、ユーロ円を買いで入りました。

8月3日(木)

ポンド円損切り。この日は英国絡みの経済イベントが多く、ファンダメンタルズの影響が大きかったです。

8月4日(金)

ユーロ円を損切り。

【このトレードに向いたFX会社】

SBI FXトレード

全通貨ペアで極限まで下げられたスプレッドがなによりの売りです。スマホアプリも使いやすいので、パソコンが苦手な人にもオススメ。

ヒロセ通商 LION FX

私がメインで使ってるFX会社の一つです。

ロンドンブレイクの道

今までのバックテストで、オセアニアブレイク(東京時間にエントリー)は、ドル円が有効ということが分かりました。

そして東京ブレイク(ロンドン時間エントリー)はユーロ円が特に有効ということも分かりました。 

今気になっているのは、ロンドンブレイク(NY時間エントリー)も有効か? ということ。これもバックテストしたいですね。

また、ブレイクアウト手法の成績が曜日によって偏っているのも面白いです。私の検証では、火曜・水曜・木曜の成績が良く、月曜が悪いです。そして金曜は最悪(笑)

おまけ

木里ファームにミニトマトがいっぱいできました。

トマトジュースにして飲んでみたら、夏バテも吹き飛ぶ美味しさでした♪生き返る。