FX力を鍛える有名人コラム

現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第10回 NYオプションカットはFX取引する上で注目すべき?[井口喜雄]

現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第10回 NYオプションカットはFX取引する上で注目すべき?[井口喜雄]

疑問をぶつける相手はいないし、調べてもよく分からない…。そんな悩みがあったら、この企画にお任せください。トレイダーズ証券の井口さんが、あなたの質問を解決します!

Q14. NYオプションカットはFX取引する上で注目すべき?

Q14. NYオプションカット、防戦とかバリアって、どういう意味ですか?トレードする上で注目した方が良いでしょうか? (秋田県/30代/男性)

A. NYオプションカット、防戦やバリアは通貨オプション取引の用語です。為替に与える影響は非常に大きく、知っておきたい情報です

NYオプションカット、防戦、バリアとは?

例えば、ここにオプションを保有している機関投資家がいたとします。期日までにドル円の価格が100円よりも安ければ利益になるタイプのオプションです。現在価格が99円だとした場合、このオプションを保有する機関投資家は100円以上になることだけは困るので、万が一に備えて100円の手前、例えば99.90円や99.95円あたりに大量に売り指値注文を出します。ドル円のレートを動かすことができるほどの大量の売り注文です。この大量の売り注文のことを「防戦」売りといいます。そして「バリア」とはオプションの権利行使価格である100円のことを指しています。

100円付近まで上昇してくると、この機関投資家は何度も防戦売りをしてきます。もし100円を上抜けてしまうとオプションの価値が消滅するどころか、防戦売りで保有していた大量の売りポジションの損失も発生してしまうことになるので、「期日」がくるまで必死に抵抗してきます。この「期日」のことを「NYオプションカット」と呼びます。オプションの権利行使の締め切り時間のことで、時刻はNY時間の10時、日本時間では24時となります。

NYオプションカットのニュース

NYカットのオーダーについてはFX会社で配信しているニュースなどで確認するとこができます。画像はトレイダーズ証券「みんなのFX」ニュース配信

トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報
トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報 トレイダーズ証券は、JASDAQ上場のトレイダーズホールディングスのグループ企業。「みんなのFX」は初心者から上級者まで安定した人気...

オプション価格を目指していこう

さてここからが本題です。オプションを収益に結び付ける方法についてお話ししていきます。ドル円の現在価格が99円で、明日期限を迎える通貨オプションが100円の権利行使価格で30億ドルあったとします。100円より安ければ収益になるオプションです。このようなオプションがあった場合、NYオプションカットまで100円方向に上昇していく傾向があります。なぜでしょうか?

このオプションの買い手である機関投資家は30億ドルもの巨額のプットオプション(売る権利)を取引しています。このようなケースでは、大きな損失をしないようにドル円の買いヘッジをかけてくるのが一般的です。下がれば権利行使して利益を得られますし、上がった際は自分の作ったポジションが利益となるからです。

また、もう一つの上昇要因が投機マネーです。30億ドルと大きなオプションバリアを攻略して収益にしようと考える投機筋も黙っていません。99円付近から買いポジションを徐々に仕込んで仕掛けてきます。また、投機筋が仕掛けてくれるならついて行こうというトレーダーも追随してくるので買いが入りやすく、100円に向かっていくというロジックです。

防戦売りに便乗していこう

思惑通り100円のオプションバリアに価格が迫ってくると、このオプションの買い手である機関投資家は何としても100円以上にしたくないので防戦売りをしてきます。一方、投機筋はオプションバリアを決壊させようとしてきますので、大口プレイヤー同士の激しい攻防がここで始まります。ただし防戦側も必死ですからオプションバリアの決壊は簡単ではありません。しばらくはバリアにアタックしては跳ね返され、またアタックしては跳ね返されるという動きを繰り返すことになります。このオプションバリアのラインをレジスタンスラインに設定して、機関投資家の防戦売りに便乗する逆張り売りのストラテジーは、かなり有効な手法といえるでしょう。

攻撃VS防戦の最終決戦

オプション価格の攻撃VS防戦の最終決戦

もし攻撃側の仕掛け的な買いがいつまでも止まらない場合、防戦する側も無限に売りポジションを膨らませるわけにはいきませんので、いずれ100円のバリアが破られてしまいます。こうなると勝負ありです。バリアを死守するために構築した大量の売りポジションは、買い注文となるので100円を上抜けてくると上昇がさらに加速していきます。この大口プレイヤー同士の攻防を利用して100円のバリアが破られたときはその方向へ順張りでついていくことがセオリーです。

そして最後にNYオプションカットの時間を終えると、投機的な取引が修正され価格が正常な位置に戻っていきます。ここまでがNYオプションカットで私が考えているトレードですが、いかがでしたでしょうか。オプション価格を参照してトレードしていくだけなので、そこまで難しくはありません。ぜひ参考にしていただきたいトレード手法です。

※この記事は、FX攻略.com2018年1月号の記事を転載・再編集したものです

トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報
トレイダーズ証券[みんなのFX]取引サービス/スプレッド/取引ツール/評判・口コミ/新規口座開設キャンペーン情報 トレイダーズ証券は、JASDAQ上場のトレイダーズホールディングスのグループ企業。「みんなのFX」は初心者から上級者まで安定した人気...

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

\新規口座開設キャンペーン実施中!/

トレイダーズ証券 みんなのFX

ABOUT ME
井口喜雄
井口喜雄
いぐち・よしお。トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。 ■トレイダーズ証券の詳細はこちらトレイダーズ証券公式サイト
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい