以前から気になっていたコイントストレードを開始[木里ゆう]

転職直後で安定してトレード時間を確保できないこともあり、これまでとはちょっと違った視点で検証をしていきたいと思います。

コイントストレードのルール

取引通貨:ポンド円

やり方:10円玉を毎晩(時間は特に固定しない)コイントスし、表が出たら買い、裏が出たら売る。

利益確定を100pips、損切りを90pipsに固定。OCO注文を出して、リミットかロスカットになるまで放置。

ポイント:勝率50%を保てるか、取引回数を増やすことで利益(利食い−損切りの10pips)が積み上がるか。

トレンドの力で勝率50%を目指します

なぜ私がこのルールに興味を持ったかというと、今まで読んだことのあるFX本数冊に「TP(利食い)100pips、SL(損切り)90pipsでコイントストレードをした場合、勝率50%のパフォーマンス」と書いてあったからです。

さらに、最近読んだこちらの本にも、同じようなことが書いてありました。

普通に考えたら、TPとSLの差が10pipsあるので、勝率は50%以下になるはず。ただ、一度トレンドが生まれると、その方向に大きく動きやすいという、相場の特徴のおかげで、おおむね50%をキープできるのかな?と思った次第です。

前々から気になっていたこのコイントストレードの勝率を、自分で確かめてみようという企画になります。

というわけで、先週の結果は5勝4敗、1ポジション持ち越し。+80pipsとなかなか好調な滑り出しとなりました。

コイントストレードで使っているFX会社

コイントストレードでは、外為オンラインの口座を使っています(スマホアプリの画像見たら分かる人は分かりますよね〜)。

外為オンラインについてもっと詳しく知りたい&今すぐ口座を開設したい方はこちらをクリック! 

外為オンラインのデモ口座を使うなら、外為オンライン公式サイトのデモ体験ページで登録しましょう!

FX攻略.com公式サイトで外為オンラインの基本情報を知る
⇒ 外為オンライン [外為オンライン]

スワップ口座では資金移動を実行

スワップさや取り口座は、20日にヒロセ通商からDMMFXに資金移動。資金移動直前の口座はこんな感じでした。

★スワップさや取りFX(異業者間両建て)のやり方は「東京時間高安は堅調。スワップさや取りFXも再開しました」で説明しています。

【両建てスワップさや取りで使っているFX会社】

ヒロセ通商 LION FX

DMM.com証券 DMMFX

おまけ

最近木里ファームで採れた、この巨大な長ちゃんカボチャはインパクトすごかった。

木里ゆうの写真

木里ゆう(きざとゆう)

FX歴5年以上の個人トレーダー。書籍や雑誌中心にさまざまなトレード手法、分析テクニックを独学で学ぶ。スキャルピングからスイングトレードまで様々な投資スタイルを実践していくなかで、現在の省エネ手法に到達。東京時間のみのシンプルなトレードで安定して利益をあげるも、なお手法の精度向上に余念がない。パンクやテクノを中心に音楽大好き。東北地方在住。

公式サイト:木里ゆうのスワップFX生活

twitter:https://twitter.com/KizatoFX