平均足を使った新コイントストレード開始![木里ゆう]

先週から新ルールでトレードを始めました。

ルールはこちらです。

平均足を使った新コイントストレード売買ルール
通貨ペア
時間足
ポンド円で日足の平均足を表示
ルール → 朝のトレード時は、前日の平均足をチェック。夜のトレード時は、当日の平均足をチェック
→ 平均足が陽線なら買い、陰線なら売りで入る
→ 利食いは100pips、損切りは90pipsでOCOでセット
補足 ・同時に3ポジション以上は保有しません
・20pips以内の価格差の同方向のポジションは保有しません

記事内では「○=利益確定」「×=損切り」となっています。
旧トレードルールは、『いよいよ今週からコイントストレードを実運用!』で解説しています。

コイントストレード運用結果:3/12(月)〜3/16(金) 

3月12日(月)

朝の買い→○

夜の買い→○

3月13日(火)

朝のトレードは、20pips以内に同方向ポジションがあり、ノーエントリー。

夜の買い→×

3月14日(水)

朝も夜も、どちらも20pips以内に同方向のポジションがあり、ノーエントリー。

3月15日(木)

朝に買い。

夜に売り。

3月16日(金)

朝に売り。

夜はすでに3ポジションあったため、ノーエントリー。

楽なトレードでそれなりに勝つのが一番

このトレードは、チャートを見てからエントリー⇒OCO注文設定まで、15秒くらいしかかかりません(私の場合)。

OCOを入れたら、指値か逆指値のどちらかにヒットするまで放置するだけだし、エントリーのタイミングを待つ必要もありません。

私はトレードにかける時間や労力と利益が釣り合うことに重きを置いているので、この手法が少しでも利益になってくれたら満足です♪

おまけ

つい最近買った、シルバー系のパンプスがお気に入り。これでどこへでもお出かけ^^

木里さんがコイントストレードで運用しているFX口座は?

コイントストレードのリアル運用を始めた木里ゆうさん。そんな彼女がお気に入りのFX会社の一つが、SBI FXトレード。「スプレッドが狭い、1通貨からトレード可能なので、複利運用にも最適♪」とのこと。SBI FXトレードの取引環境やツールについて詳しく知りたい方は、下のバナーをクリックしてご確認ください! お得なキャンペーンもお見逃しなく!!

↓↓ 公式サイトで今すぐSBI FXトレードの魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

FX攻略.com公式サイトでSBI FXトレードの基本情報を見る
⇒ SBI FXトレード [SBI FXトレード]

【関連記事】
SBI FXトレードが2018年オリコン顧客満足度調査でFX取引「取引手数料」第1位を獲得!

木里ゆうの写真

木里ゆう(きざと・ゆう)

FX歴5年以上の個人トレーダー。書籍や雑誌中心にさまざまなトレード手法、分析テクニックを独学で学ぶ。スキャルピングからスイングトレードまで様々な投資スタイルを実践していくなかで、現在の省エネ手法に到達。東京時間のみのシンプルなトレードで安定して利益をあげるも、なお手法の精度向上に余念がない。パンクやテクノを中心に音楽大好き。東北地方在住。

公式サイト:木里ゆうのスワップFX生活

twitter:https://twitter.com/KizatoFX

FX力を鍛える有名人コラム | 木里ゆうの最新記事
ディーラーによる今週のドル円「アメリカ絶好調!113円も見えてきた?」[国府勇太]
FOMC利上げで材料出尽くしの反応に注意[雨夜恒一郎]
ドル円はレンジブレイク!このトレンドは本物?[井口喜雄]
TradingView TIPS|第3回 日経平均などのチャートも見たい![佐々木徹]
ディーラーによる今週のドル円「上昇!とうとう112円タッチ!1本の線から見えるもの」[国府勇太]
ドル円112円突破!それでも上昇が続かないと見る理由[雨夜恒一郎]
TradingView TIPS|第2回 チャートツールの種類と使い方[佐々木徹]
TradingView TIPS|第1回 トレーディングビューとはそもそもどんなツールなの?[佐々木徹]
FXオプション取引 基本と戦略|第6回 FXオプションの主要取り扱い会社[大西洋平]
エリオット波動&200日移動平均線、一目均衡表、MACD etc|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
決戦は木曜日[井口喜雄]
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第14回 市場ごとに特徴はある?[井口喜雄]
好材料でも買われないドル円!変化の胎動か?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「方向感なし!身の丈にあったトレードを!」[国府勇太]
はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ|第4回 EAの選び方[柿澤真正]