FRBの真意は如何に!今夜パウエルFRB議長の講演[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ドル円は2週間ぶり高値を付け113.85円付近まで上値を更新しています。昨日クラリダFRB副議長が緩やかな利上げを継続する必要があると表明したことや、週末に米中首脳会談を控えてクドロー委員長が米中貿易問題に交渉余地があると発言したことが上昇要因となりました。マーケットのテーマはFRB利上げスタンスや、米中首脳会談に移っており、本日11月28日のパウエルFRB議長の発言と12月1日の米中首脳会談が焦点となります。

FRBの真意は如何に

今夜26:00に予定されているパウエルFRB議長発言ですが、ポイントは世界経済の減速に警戒感を示すかどうかです。景気の先行きに慎重な見方を示せば来年の利上げペースが鈍化してドル売りの流れが再発します。ただし、昨日ハト派の急先鋒であるクラリダFRB副議長は利上げ継続を支持するなど、前回発言したハト派スタンスから内容を一転してきました。本当に同じ人物の発言かと思うくらいですが、この方向性が今のFRBのコンセンサスだと捉えることもできます。仮に今夜のパウエル議長発言が、昨日のクラリダFRB副議長と同じような内容であればドル円にとってはポジティブとなるでしょう。

ドル円はレンジ相場継続か

ドル円は115円も視野に入る展開ではありますが、米中首脳会談を控えて上値を試せるかは疑問です。戦略としては、引き続きレンジ相場を想定して押し目や、戻りを狙っていくトレードが有効と考えています。下値は日足一目均衡の雲上下限や、先週サポートされた112円前半は底堅い一方で上値も10月高値114.55円付近は強固なレジスタンスになると想定しています。

週末の米中首脳会談にむけて、ポジションリスクに注意

今週末に行われる米中首脳会談は、何らかの合意を取り付けるのではないかといった楽観論も聞こえてきますが、折り合いがつかず、米中関係に更なる亀裂が生じる可能性も捨てきれません。トランプ大統領のツィート一つで局面は大きく変わりますし、現段階では不透明要素が強いと言わざるを得ません。首脳会談が週末に行われることを考えると週を跨いだポジションの持越しリスクは高く、安全にいくのであればポジションはスクエアが無難です。今回の米中首脳会談では年末に向けてしっかりしたトレンドを形成する可能性もあり、ロング、ショートのどちらで攻めるにしても、勝負するのは週明けでも遅くはないように思います。

★スプレッド業界最狭水準宣言。★

みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できます!

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第14回 市場ごとに特徴はある?[井口喜雄]

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。FX攻略.com公式サイトでもコラムを連載。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu