FX力を鍛える有名人コラム

ドラギECB総裁発言を受け、ユーロ上昇[阪谷直人]

ポルトガルのシントラで開催中のECBの年次政策フォーラムでドラギ総裁は先程、

「ユーロ圏の景気は、回復の強まりと広がりを示している。」
「デフレ圧力はリフレに変わった。」
「しかしながら、インフレ基調が持続的かつ自律的になるためには、かなりの金融緩和が依然必要だ」

と述べました。

つまり、
【1】 ユーロ圏の経済は安定的な回復のトレンドにあり、

【2】 インフレも上向いているものの、

【3】 依然としてECBの景気支援策が必要である

との意味であると判断しますが、なぜかまずドイツ10年債利回りが急上昇し、それに引きずられる格好でユーロドルは一時1.1255までユーロが一段高となっています。
債券は、ユーロ圏の景気回復が強まりと広がりを示し、デフレ圧力はリフレに変わったとのポイントに反応し欧州経済に前向きな発言と解釈したのでしょう。

一方で、欧州株は下げ幅を広げていて、ドラギ総裁は今後もECBの金融緩和策政策の変更には慎重な姿勢を貫くと思われるのでこの後の上値は限定的と見ます。

CME通貨先物ポジションの最新の6月20日時点において6月13日の79053枚ロングから、44852枚ロングへほぼ半減していたことから、新規にロングを組みましたのではないかと思われます。 

(6/27 18:03)

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい