税制改革での所得押し上げ効果、クレジットカード金利負担が抑制?[安田佐和子]

企業向けの減税が経済成長の牽引役

税制改革法の成立を受け、米連邦公開市場委員会(FOMC)と国際通貨基金(IMF)は2018~2019年の経済成長見通しを引き上げただけでなく、成長牽引役として共に法人税減税を挙げていました。

FOMCの議事要旨では、2017年12月3日開催分で多くの参加者が、法人税減税が「小幅ながら設備投資を押し上げる」と予想。1月30~31日開催のFOMC議事要旨でも、企業は減税による増益分を投資、賃金、M&A、株主還元策などどこへ振り向けるか検討を開始したばかりとの認識を寄せています。

IMFは1月22日公表の世界経済見通しで、税制改革法の短期的な景気を刺激する要因として、FOMC議事要旨より明確に「主に法人税減税を受けた企業の投資動向」を挙げました。

企業向け減税が成長を押し上げるとの見解で一致したIMFとFOMC議事要旨ですが、違いも横たわります。FOMCと異なり、IMFは所得税減税の恩恵を受けるはずの家計への言及を控えました。1月FOMC議事要旨では、貯蓄率が2005年以来の低水準となったことについて言及しつつも、力強いセンチメントや資産効果を背景に個人消費が拡大すると予想。対してIMFは、成長牽引役として期待を寄せなかったのです。

一因として、所得税減税効果が法人税減税ほど劇的でない可能性が考えられます。非営利団体である税制政策センターが推計した、減税措置の1人当たり可処分所得への押し上げ効果は、2018年で1600ドル、月額にして130ドル程度に過ぎません。しかも、足元でFOMCが利上げサイクルにあり、例えば支払い手段の約35%を占めるクレジットカードの金利負担が、押し上げ効果を帳消しにしかねない状況です。

貸倒引当比率も延滞率も高水準に

米銀の2017年10~12月期決算内容をみると、クレジットカード向け融資は大幅増加を遂げると共に、貸倒引当金が積み上げられ、延滞率も上昇中です。クレジットカード向け融資額で米国内1位のJPモルガン・チェースでは、同融資残高が前年比5%増の1495億ドルと過去最高を更新しました。貸倒引当金は前年比21%増の49億ドルとなり、融資残高に対する貸倒引当比率は3.27%と2013年7~9月以来の高水準を示します。また、クレジットカードの延滞率も30日以上は1.80%と2013年1~3月以来の高水準でした。バンク・オブ・アメリカも同様で、融資残高への貸倒引当比率は3.5%、延滞率は30日以上が1.92%と、それぞれ約4年ぶりの高水準にあります。

延滞率上昇の一因は、2015年12月から5回続いた利上げといえるでしょう。銀行はプライムローン金利を利上げ毎に引き上げ、過去2年間のクレジットカードの金利も上昇してきました。NY地区連銀のデータでは、商業銀行のクレジットカードの平均金利は2015年末の12.2%から2017年11月までに13.2%へ、利上げ4回分、約1%ポイント上昇しています。

金利負担は、消費者のクレジットカード債務の増加につれ重くなります。NY地区連銀によれば、クレジットカードの債務額は2017年9月末で前年比8.2%増の8080億ドルと、8年ぶりの高水準でした。一方で信用調査会社トランスユニオンは、2017年6月末のクレジットカード保有者1人当たりの債務を5422ドルと推算しています。前述のNY地区連銀の利率を基に試算すると、金利負担は年間で715ドルと考えられるわけです。所得税減税での所得押し上げ効果の半分近くが削られるだけに、金融当局は個人消費の一段の加速を見込みづらいと考えられます。

クレジットカードの債務だけでも所得税減税効果を抑制しているわけですが、家計部門の債務でのクレジットカード比率は6.2%に過ぎません。住宅ローンが最大で67.5%、その他学生ローンが10.5%、自動車ローンが9.4%と続き、それぞれの金利負担が利上げにより重くのしかかることになります。

労働市場が拡大し賃金が上昇すれば金利負担が軽減される可能性を残すものの、平均時給の上昇率が過去2年間の平均値である前年比2.6%付近にとどまれば、原材料価格の上昇でインフレが加速する局面で実質所得の伸びも抑えられる見通し。

2017年の個人消費は前年比2.7%増(GDP速報値時点ベース)と2016年に続き堅調な水準でしたが、減税前の需要の先食いだったと考えられます。2017年に取り崩した貯蓄に振り向けるケースもあり、個人消費がアニマル・スピリットに目覚める可能性は低いといえそうです。

※この記事は、FX攻略.com2018年5月号の記事を転載・再編集したものです

【関連記事】
【ステップ2】金利とインフレと為替相場の微妙な関係
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]

安田佐和子の写真

安田佐和子(やすださわこ)

三井物産戦略研究所北米担当研究員。世界各国の中銀政策およびマクロ経済担当の為替ライターの経験を経て、2005年からニューヨークに拠点を移す。金融・経済の最前線、ウォール街で取材活動に従事する傍ら、ストリート・ウォッチャーの視点からニューヨークの不動産動向、商業活動、都市開発、カルチャーなど現地ならではの情報も配信中。2011年からは総合情報サイト「My Big Apple NY」を立ち上げ、 ニューヨークからみた アメリカの現状をリポートしている 。

公式サイト:My Big Apple NY

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 安田佐和子の最新記事
ミラートレーダーの「Tスコア」をどう活用するか[中里エリカ]
市場に漂うトリプル・ブルー期待とは[雨夜恒一郎]
高田資産コンサル流・ドル円分析(2020年10月18日)[高田智雄]
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第12回
インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第5回 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart2「量的・質的金融緩和」とは? その①
FX初心者に伝えたい資金管理のポイント – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
ブレグジット再び緊張高まる[井口喜雄]
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第8回[YEN蔵]
川崎ドルえもん流 時間統計論|第8回 月足予測8月編[川崎ドルえもん]
人工知能と相場とコンピューターと|第6回 新しい時代のメカニズム[奥村尚]
この不透明感の中での上昇は不可解[雨夜恒一郎]
犬的資産運用〜複利と単利のお話〜 – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第12回 ダブルトップ/ボトムについて[神藤将男]
ロット数を同じにする〜単純で簡単なことを身に付けよう!〜[田向宏行]