淳一FXのスキャルピング教室〜なぜ億越えトレーダーにスキャルパーが多いのか?|第5回 FXでなぜメンタルが重要なのか①

淳一FXのスキャルピング教室〜なぜ億越えトレーダーにスキャルパーが多いのか?|第5回 FXでなぜメンタルが重要なのか①

 第4回では、スキャルピングスタイルを構築する上で重要となる自分自身を分析し加味する方法についてお話しさせていただきました。今回は、FXで最も重要だといわれる「メンタル」について綴っていきたいと思います。

FXとメンタル

「相場はメンタルで決まる」といわれるくらい重要視され頻繁に耳にする言葉ですが、相場と無関係にも見えるメンタルがなぜそれほどまでに重要なのでしょうか?

 メンタルとは「精神」を指す言葉であり、混同されがちな性格は「性質(気質・傾向)」を指し、精神面を含んだ言葉となります。これらは互いに影響し合い、遺伝的なものや育った環境、過去の経験から構築された個人の特徴であり、「人格」そのものなのです。

 今回はメンタルがFXで重要な意味や、トレードに及ぼす影響、自分自身のメンタル的な問題を明確化して改善し乗り越えるためには、どのようなことに取り組めば良いのかを、私の経験や例を交えながら解説して参りたいと思います。

大切な自分のお金を使うとFXで勝てなくなる!?

「毎年、何億も稼ぎ続けたディーラーが仕事を辞めて個人トレーダーになったら全く勝てなくなった!」。一見不可解にも思える話ですが、この世界では実際によくあります。理由は単純で、扱うのが「会社のお金」ではなく「自分のお金」になったからです。

 会社の資金では勝てていたトレードが自分のお金だと勝てないのは、仮想資金で行うデモトレードだと大半の参加者がプラスになるのと同じ原理です。直接的に失うことのないお金では精神的な負担が限定され、相場から受ける心理的攻撃に対してもペースを乱されることが少ないからです。

 その一方で、自分の大切なお金が直接増えたり減ったりする実戦トレードでは、「欲望や喜び」「恐怖や不安」「相場からの心理的攻撃」などあらゆる精神的なプレッシャーを受けながら素早い判断を求められることとなり、必然的に同じトレードが極端に難しくなってしまいます。

 これらを言い換えれば、自分のお金でトレードを続ける限りメンタルは切っても切り離せない問題だということ。自分自身のメンタルを分析して現状把握した上で対策を考え、乗り越えていく努力こそがトレードで勝ち残るための重要なテーマになるのです。

メンタル面を細分化して考える

 トレードに影響を及ぼす精神的な原因を、「相場から直接受ける問題」「自分自身の性格や精神的問題」「間接的であったりFXとは直接関係のない問題」の三つに区別して考えることで、問題点を認識したり改善したりするための行程が明確化しやすくなります。まずは自分のトレードを振り返るなどして、どのようなメンタル的問題がトレードに影響を与えているかを認識し、上記三つのグループに分けて考えていきましょう。

 ここからは、ほんの一部ですが具体例を挙げていきますので、ご自身の問題点把握や認識にお役立てください。なお、改善するための方法も記しておりますが、これは一例に過ぎず、自分に合った方法を見つけることが重要となります。

 ケース①

「深い分析もしないで持ったポジションが大きな利益となった」「損切りせずに我慢していたら助かった」「無計画にナンピンを繰り返していたら助かった」。これらはラッキーな話に聞こえますが、いずれ大きな精神的問題につながる可能性もあるので注意が必要です。たまたま成功しただけなのに、「前は助かったから大丈夫」という根拠のない自信が芽生え、それがルールを破る原因となります。結果、大きな損失につながる大変危険な潜在意識となってしまうのです。

改善方法→トレード終了後、「良い勝ち」「悪い勝ち」「良い負け」「悪い負け」を評価判定し、良いトレードは再現するために、悪いトレードは再発防止のために具体化して記録しておきましょう。

 ケース②

 大きな損失を被ったとき、それを第三者から指摘されたり、一方的に馬鹿にされたりすることも珍しい話ではありませんが、もしそれが「恐怖心や劣等感」につながってしまうと危険です。その後のトレードに悪影響を及ぼす原因ともなり、回復するには多くの時間とお金がかかることになってしまいます。逆に、悔しさから見返してやろうとモチベーションを上げることができれば結果的に良いのかもしれませんが、それができる人は既に精神的な強さがあり、メンタルコントロールができているように思います。

改善方法→自分の心が傷つけられたと思うのであれば、たとえその相手が師匠的な存在であったとしても関係を見直すべきです。トレードで重要なメンタルを傷つけてくる人に教わることなんて何もありません。メンタルを守るためにも、早急に関係を整理しましょう。

 ケース③

私生活の中でもトレードに悪影響となる状態がたくさんあります。例えば仕事でトラブルがあった日やパートナーと喧嘩をしてしまった日というのは精神が安定せず集中力も散漫になり、結果として大きな損失につながりやすいです。相場を見て直感的に「合わない・難しそう」「気分が乗らない」などと感じるようなときも良い結果になることは少なく、リスクだけが高くなってしまいます。

改善方法→私生活で突発的な精神的負担があったときはトレードをしないのが鉄則。気乗りしない場合は、一時的にロット数を下げたり様子見をしたりするという具体的なルールを設けると良いでしょう。総合的な優位性を保ちやすくなります。

 

 次回は「FXでなぜメンタルが重要なのか②(仮)」と題しまして、引き続きFXトレーダーに立ちはだかるメンタルの壁を徹底解剖! 自分のレベルから問題点を明確化し、改善する方法などをご紹介させていただきたいと思います。

※この記事は、FX攻略.com2019年2月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

淳一FXの写真

淳一FX(じゅんいちえふえっくす)

FXスキャルピングトレーダー・FXメンタルアドバイザー・FXコーチング・ファイナンシャルプランナー・保険代理店・経営コンサルタントなど、多方面で活躍。プライスアクションを中心としたスキャルピングにて、毎月1000pipsを目標にトレーディング。

Twitter:https://twitter.com/junichi_fx

FX力を鍛える有名人コラム | スキャルピング | 淳一FX | 淳一FXのスキャルピング教室の最新記事
ミラートレーダーの「Tスコア」をどう活用するか[中里エリカ]
市場に漂うトリプル・ブルー期待とは[雨夜恒一郎]
高田資産コンサル流・ドル円分析(2020年10月18日)[高田智雄]
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第12回
インヴァスト証券サンドウィッチ間瀬が即解決!気になるFX Q&A|第5回 知ったかぶり卒業宣言シリーズPart2「量的・質的金融緩和」とは? その①
FX初心者に伝えたい資金管理のポイント – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
ブレグジット再び緊張高まる[井口喜雄]
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第8回[YEN蔵]
川崎ドルえもん流 時間統計論|第8回 月足予測8月編[川崎ドルえもん]
人工知能と相場とコンピューターと|第6回 新しい時代のメカニズム[奥村尚]
この不透明感の中での上昇は不可解[雨夜恒一郎]
犬的資産運用〜複利と単利のお話〜 – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
なにわのチャート博士・神藤将男の中間波動攻略メソッド!|第12回 ダブルトップ/ボトムについて[神藤将男]
ロット数を同じにする〜単純で簡単なことを身に付けよう!〜[田向宏行]