FX特集

【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]

【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]

FX手法のポイント

FX手法のポイント
  • テクニカル:トレンドライン、水平線、RSI(期間5)
  • トレード時間軸:1分足、15分足、4時間足
  • 狙い目の通貨ペア:ドル円、ユーロドルなどスプレッドが狭い通貨ペア
  • このFX手法のメリット:全体の流れを見ながらトレードできる

新規

  • 4時間足でトレンド転換後、安値に水平線を引いて、押し目(15分足の水平線まで下落し、RSIが20%以下)になるのを待つ
  • 1分足の水平線付近で、RSIが20%から反転で買いエントリー

利確

  • 1分足のRSIが80%に到達したら利益確定

損切り

  • 4時間足で機能している水平線タッチで損切り

※「FX手法のポイント」や本文は、上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。

スキャルピングでも4時間足から確認

 村居孝美さんが、日々実際に行っているスキャルピング手法は、4時間足でのトレンド認識から始まります。最終的なトレードは1分足で行いますが、それより長い時間足の流れを確認することが非常に大切です。

 具体的には、トレンドラインを引き、それをブレイクしてトレンド転換するタイミングを狙います。高値同士、安値同士を結んだ斜めの線を価格が越えていくことで、それまでとは新しい流れになることが多いです。

 また、エントリーや決済のタイミングを捉える際には、RSIが分かりやすいです。相場の過熱感を視覚化したインジケーターですので、「そろそろ反転しそう」という判断をシンプルに行うことができます。

長短時間足の連係で高精度のトレード

 エントリーは三種類の時間足を全て使います。4時間足でトレンド転換したら、突出した安値に水平線を引き、エントリーの基準とします。

 次に15分足で、この水平線付近から反転したタイミングで、RSIも20%から反転していれば、これも条件クリア。

 最後に1分足のRSIが20%から反転したタイミングで買いエントリーをします。

 利益確定はシンプルで、RSIが80%に到達したらすぐに実行。このとき、1分足基準での直近高値があれば、利益確定の基準にできます。

 損切りは、4時間足の突出した安値付近で行います。4時間足ベースの効いているラインは、1分足では強く機能するため、これを利用します。

ポイント1|長期足のトレンドラインでトレンド転換を判断

ポイント1|長期足のトレンドラインでトレンド転換を判断

新しい流れの開始を斜めの線で判断する

トレンドラインとローソク足がクロスしたタイミングでは、それまでのトレンドが終わり、新しい流れが始まることが多いです。この判断を、4時間足で行うことで、1分足でのスキャルピング成功率を高める狙いがあります。

高値同士、安値同士を結ぶ

トレンドラインとは、高値と高値、安値と安値を結んだ線のこと。ダウ理論の考えに基づき、安値同士が切り上がっていれば上昇トレンド、高値同士が切り下がっていれば下降トレンドと判断します。そして、そのラインを価格がブレイクしたとき、それまでの流れが転換したと判断するのがセオリーです。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

ポイント2|RSIとは?

ポイント2|RSIとは?

相場の過熱感がひと目で分かる指標

RSIの最もスタンダードな使い方は、上のチャートのように買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するというもの(0〜100の数値で表す)。設定期間内で一方的に相場が動けば、上か下どちらかにRSIの数値も偏っていきます。なお、この手法のRSIの期間は5に設定します。

逆行現象に注目してみよう

まだローソク足が上昇しているのに、RSIが既に下落を始めている場合、上昇の力が弱まっていることを示唆します。こういった逆行の現象はダイバージェンスと呼ばれ、反転のサインとして用いられます。上のチャートの場合、緑色のバーで示した部分がそれにあたります。

エントリー|4時間足転換後、15分足、1分足のRSIを確認

エントリー|4時間足転換後、15分足、1分足のRSIを確認

1. 4時間足でトレンド転換後、安値に水平線を引いて、押し目(15分足の水平線まで下落し、RSIが20%以下)になるのを待つ

2. 1分足の水平線付近で、RSIが20%から反転で買いエントリー

機能しそうな水平線を引く

トレンド転換後、4時間足基準で値動きが反転した水準に引いた水平線が、エントリーや損切りの基準になります。長いヒゲの先端、2本のローソク足の高値や安値が揃っている水準などが狙い目になります。

決済|利益確定はRSI、損切りは4時間足の水平線

決済|利益確定はRSI、損切りは4時間足の水平線

3. <利確>1分足のRSIが80%に到達したら利益確定

利益確定のルールは非常にシンプルで、RSIが80%に到達したら利益を確定します。このとき、1分足基準で直近の高値付近に到達していたら、一度はこの水準が抵抗になると判断してOK。さらに精度が高まります。

3. <損切り>4時間足で機能している水平線タッチで損切り

損切りは、4時間足で既に引いている水平線を基準に行うのが良いでしょう。狭い値幅を狙うスキャルピングですので、あまり深追いしないようにしてください。

トレード例①|トレンド転換初動の優位性のあるスキャル(ドル円4時間足・15分足・1分足 2018年10月17日)

トレード例①|トレンド転換初動の優位性のあるスキャル(ドル円4時間足・15分足・1分足 2018年10月17日)

1.4時間足のトレンドラインを上抜いたので、水平線を引く

2.15分足の水平線付近でRSIが20%から反転。さらに、ローソク足下落+RSI上昇の逆行現象も確認

3.1分足の水平線付近でRSIが20%から反転したので買い。順調に上昇してRSI80%、+10pipsで利益確定

トレード例②|逆行現象も利用して手堅く利益を確保!(豪ドル円4時間足・15分足・1分足 2018年11月21日)

トレード例②|逆行現象も利用して手堅く利益を確保!(豪ドル円4時間足・15分足・1分足 2018年11月21日)

1.4時間足のトレンドラインを下抜いたので、水平線を引く

2.15分足の水平線付近でRSIが80%から反転。さらに、ローソク足上昇+RSI下落の逆行現象も確認

3.1分足の水平線付近でRSIが80%から反転したので売り。順調に下落してRSI20%、+4pipsで利益確定。

※この記事は、FX攻略.com2019年2月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

このFX手法を動画で学びたい方はこちら!

【FX動画】システムトレードの第一人者がスキャルピング?!村居孝美さんが実際に行ったリアルトレードを教材に手法を解説

投資ECメディア「GogoJungle」にて、この記事で紹介したFX手法の動画版を販売しています。投資を学べる定額制サービス「マネーアップ」にお申し込みいただくと200以上の投資動画コンテンツを視聴可能! ぜひ一度サービス内容をご覧ください。

【FX動画】システムトレードの第一人者がスキャルピング?!村居孝美さんが実際に行ったリアルトレードを教材に手法を解説


FX学び放題サービス
「マネーアップ」で
一人前の投資家になろう!!

マネーアップ
⇒ 学び放題コンテンツを今すぐチェック!!

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい