スキャルピングのやり方②|スキャルピングのメリットデメリットが分かる4つの重要ポイント

スキャルピングのメリットデメリットを正しく知るために、ポジション保有時間が大きな影響を与える4つの要素についてまとめてみました。

4つの要素とは、

1.ファンダメンタルズの影響
2.スプレッドの影響
3.最初に必要な資金
4.約定力の影響

です。

ファンダメンタルズを重視しなくて良い点は、人によっては大きなメリットになるでしょう。テクニカル分析一本に絞り込んでトレーニングできるからです。

そして、少ない資金から始められる点は、明らかにメリットといえます。逆に、スプレッドと約定力の影響が大きいところは、口座選びの制限につながっていくため、デメリットと考えるべきでしょう。

長期ポジション保有のスイングトレードと比べることで、スキャルピングの特徴が良くも悪くも理解できるはずです。

スキャルピングのメリット①|ファンダメンタルズは重要視されない!

FXの値動きを予測するためには、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2通りのアプローチがあります。一般的に、トレードの時間軸が長くなるほど、ファンダメンタルズが値動きに大きな影響を与えます。リーマンショックやアベノミクスのような大相場は、ほぼファンダメンタルズ的な要因で発生しています。逆に短時間のトレードほど、ファンダメンタルズの影響は小さくなり、テクニカル、つまりチャート分析のみでトレードができるようになります。数分で決着するスキャルピングの場合は、ファンダメンタルズ分析は一切しなくて構いません。 

ファンダメンタルズとは?

各国の経済の基礎的条件のことをファンダメンタルズと呼びます。その国の経済や政治がどういう状態なのかを分析して、未来の値動き予測に役立てるものです。ファンダメンタルズ分析の主な材料は、各国の経済データの公式発表である経済指標と、要人の発言になります。

【関連記事】
ファンダメンタルズ分析まとめ
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座[雨夜恒一郎]

ワンポイント:指標スケジュールは重要

スキャルピングにファンダメンタルズ分析は不要ですが、重要な経済指標の発表タイミングのチェックは必須です。発表直後に大きく値動きしやすいため、そのタイミングは普段と違うトレードをする必要があるからです。

スキャルピングのメリット②|少ない資金からでも始められる!

ポジション保有時間が長いほど、獲得値幅、損失の値幅が広くなることは既に解説した通りです。


スキャルピングのやり方①|時間軸の違いから学ぶスキャルピングの基礎 より

そして、損失の値幅が広くなるということは、1回のトレードの損失額が大きくなるということですから、必然的にそれに見合ったたくさんの資金が必要になります。具体的には、1万通貨取引をするとして、一度の負けが10pipsなら1000円で済みますから、たとえ10万円の資金でも問題ありません。ですが、1回で300pips負けるのなら、3万円になりますから、10万円の資金では足りません(ともにクロス円の場合)。つまり、狙う値幅が狭いほど、少ない資金でも参入できるといえます。

必要な資金の考え方

どんなに優れた手法でも、必ず負けることがありますし、ちょっとした展開のあやで何連敗もすることがあります。よってトレードに必要な資金を考えるとき、ある程度連敗してもお金が残るような設定が無難です。一度の負けが大きい長期トレードは、必然的に資金も多く必要です。

ワンポイント:回転売買が効果的

スキャルピングは売買がすぐ終わるので、次のトレードに素早く移行できます。この時間効率の良さにより、トレード利益の少なさをカバーできます。上手な人なら、売買を回転させてあっという間に資金を増やすことも。

スキャルピングのデメリット①|スプレッドの影響が極めて大きい!

FXでは、どのようなトレードをしても、当然ながらスプレッドは常に必要コストとしてかかります。であれば、ポジション保有時間が延びて獲得値幅も大きくなれば、相対的にスプレッドの割合が小さくなります。逆に短時間のトレードほど、値幅に対するスプレッドの割合が大きくなります。

特にスキャルピングは、ほとんどの場合、利益は数pips〜10pip程度にしかならないわけで、1pipであってもスプレッドの影響は非常に大きいです。そのため、スイングトレードなら無視しても大して問題がないFX会社選びにも、かなりのエネルギーを注がないといけません。

【関連記事】
低スプレッドが魅力のスキャルピング向けFX口座比較

スプレッドとは?

ほとんどのFX会社は売買ごとの手数料を徴収しない代わりに、買いの価格と売りの価格に差を設けて、それを手数料としています。すなわち、同じ通貨ペアでも、その差(=スプレッド)の分だけ、高く買わされ、あるいは安く売らされている構図ともいえるのです。

ワンポイント:マイナー通貨は対象外

実質的にスプレッドが狭い通貨ペアでないとスキャルピングでは利益を出しにくいため、マイナーな通貨ペアは運用の対象外となってしまいます。ドル円やユーロドルといった、メジャーな通貨ペアが適任です。

スキャルピングのデメリット②|約定力の影響が極めて大きい!

これもスプレッドと同じ考え方なのですが、獲得する値幅が狭いため、少しのスリッページが収益に大きな影響を与えます。例えば5pipsの利益を狙うスキャルピングで、狙ったところから悪い方向に2pipsも動けば、それだけで収益モデルは大きく狂います。そのため、表示されているスプレッドが狭いだけでなく、本当にそれに近い数値に収まるかの確認が必要になります。

またスキャルピングでは、短い時間で新規から決済までを終わらせるため、どうしても成行売買が多くなります。そのため、成行のトレードでスリップしにくい口座が望ましいです。

【関連記事】
約定力が魅力のスキャルピング向けFX口座比較

約定力とは?

表示されている価格で注文が約定されることを、約定力が強いというような表現をします。ほとんどの場合、スリッページは悪い方向(投資家に都合が悪い方向)に起こる性質があり、表示価格で約定しない=スリッページにより投資家が損をしている構図ともいえます。

ワンポイント:成行・指値・逆指値

FXの注文は大まかに、リアルタイム注文(成行)と予約注文(指値と逆指値)に分類できます。短い時間で注文を入れるため予約が難しく、成行注文でできるだけスリップしないことを条件に口座を探しましょう。

【特集の次の記事を読む】
スキャルピングのやり方③|FX初心者がスキャルピングで稼ぐために必要な3つの条件

【スキャルピング特集まとめページを読む】
FXスキャルピングのやり方・コツ・手法・テクニックを伝授!超短期売買のはじめ方

スキャルピング | スキャルピングのはじめ方 | 特集の最新記事
淳一FXのスキャルピング教室|最終回 資金を安全に効率良く運用しよう③
淳一FXのスキャルピング教室|第14回 資金を安全に効率良く運用しよう②
淳一FXのスキャルピング教室|第13回 資金を安全に効率良く運用しよう①
淳一FXのスキャルピング教室|第12回 トレードノートで全てが変わる!
【FX手法】利喰い&損切りはRSIでシンプルに実行!三種類の時間足で流れを読む精度の高いスキャルピング[村居孝美]
淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー。ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]
【FX手法】分析不要!隙間時間を利用して楽に稼ぐ!!FXをゲームに変換した簡単法則性スキャル[本郷卓也]
淳一FXのスキャルピング教室|第10回 スキャルピングスタイルの構築と手法②
【誰でも分かる買い合図】平均足が陽線になったら買い、陰線になったら売る!1分足でもその他でもOK!FX初心者向きスキャルピング手法[スキャトレふうた]
淳一FXのスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①
淳一FXのスキャルピング教室|第8回 FXでなぜメンタルが重要なのか④
淳一FXのスキャルピング教室|第7回 FXでなぜメンタルが重要なのか③
淳一FXのスキャルピング教室|第6回 FXでなぜメンタルが重要なのか②
淳一FXのスキャルピング教室〜なぜ億越えトレーダーにスキャルパーが多いのか?|第5回 FXでなぜメンタルが重要なのか①