先週の104円台はセリングクライマックスだった可能性[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月2日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、前週末の流れを引き継いで、週明け月曜日のシドニー市場で節目の105円を割り込み、一時104.46円と2016年11月以来の安値を示現した。しかし中国の劉副首相が「対話を通じた問題解決の用意がある」などと発言し、貿易協議再開の期待が浮上したことから106円台へ急反発。戻り売りとぶつかりもみ合いながらも、一時106.68円まで上昇した。先週の当コラムでは、FRBの利下げ観測や米中貿易摩擦は材料的に目新しくないことから、過度の弱気は禁物、105円付近は買い妙味ありと述べたが、結果的にはそのような展開となった。

株式市場は交渉再開に楽観的

NYダウも、月曜早朝には先物が一時25200ドル台まで突っ込んでいたが、週後半は26500ドル台まで反発。チャート上は8月初旬からのもみ合いレンジを上抜けた形となった。株式市場は米中間の報復課税の応酬もそろそろ限界と見ており、打開に向けた交渉がスタートすることを期待している。今週は好材料に反応しやすい地合いが予想され、わずかでも進展の兆しがあれば再び高値を目指す展開となることも考えられる。そうなればドル円も106.80-107.00円の抵抗帯を試す展開となるだろう。

雇用統計、パウエル発言に注目

今週は米国の重要景気指標の発表やFRB要人の講演が目白押しだ。足元の景気は順調であり、今週発表される景気指標からは景気減速の差し迫ったサインは読み取れないだろう。金曜日にはパウエルFRB議長の講演も予定されているが、ジャクソンホール会議よりもさらに踏み込んだハト派発言が出てくるとは考えにくい。トランプ大統領からの利下げ圧力が強まる中で、それに簡単に応じてしまえば中央銀行に対する信認は揺らぐ。

今週の主なイベント(米国)

3日(火)

ISM製造業景況指数(8月) 予想51.2、前回51.2

4日(水)

地区連銀経済報告(ベージュブック)
ウィリアムズNY連銀総裁らFRB要人発言多数

5日(木)

ADP雇用者数(8月) 予想14.6万人、前回15.6万人
ISM非製造業景況指数(8月) 予想54.0、前回53.7

6日(金)

雇用統計(8月) 予想15.9万人、前回16.4万人
パウエルFRB議長、討論会で発言

大幅利下げ観測は後退

FF金利先物は今月のFOMCで25bpの利下げが行われる可能性を96.9%織り込んでいる。ただし、1週間前にはあった「50bp利下げ」の可能性は消滅し、代わりに1週間前にはなかった「据え置き」の可能性がわずかだが復活した。市場の先行き不安感が後退するとともに、過度の利下げ催促も下火になりつつあるのだ。このまま9月と12月、計50bpの利下げがコンセンサスになっていくならば、ドルはむしろ底堅さを増していく可能性が高い。そして先週月曜日シドニー市場での104円台がセリングクライマックスだったとすれば、当面は買いスタンスで臨むのが賢明ということになろう。

わずかだが「9月据え置き」の可能性が浮上 出所:CME

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

Twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 山中康司 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
新たな米中対立に注意[雨夜恒一郎]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第12回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第2回 チャートを見る理由とは?
淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)第5回[YEN蔵]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|ドル円と200日線の攻防、豪ドル円のトリプルボトム完成】
私の愛用するFXテクニカル指標[田向宏行]
マーケットのメインテーマは米大統領選へ[井口喜雄]
私の経済指標の見方[水上紀行]
リスクオン・ リスクオフとは何か?[遠藤寿保]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|新型コロナのパニック相場を「一目均衡表」で俯瞰する方法】
休む勇気、止める勇気[中里エリカ]
楽観は禁物!コロナ第二波はすでに来ている[雨夜恒一郎]
相場の反転は“実需筋”がきっかけ?[内田まさみ]