FX力を鍛える有名人コラム

パニック売りの後は往々にして絶好の買い場[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年3月2日号

先週のドル円相場は

新型コロナウィルスが欧米でも感染拡大し始めたことを受けて悲観的見方がぶり返し、世界同時株安・全面的なリスク回避モードとなったことから、ドル円は週初の111円台後半から110円台割れへ急落。金曜日には、NYダウが7日連続の下げとなり、米国10年債利回りが過去最低を更新する中、一時107.51円まで下落し、一気に年初来安値を更新した。NYダウは一週間で3500ドルを超す記録的な下落となり、米国10年債利回りは過去最低となる1.11%台まで低下した。

先週の当コラムでは、市場全体でみると楽観と悲観が混在しており、新規の買いが利食い売りとぶつかってもみ合いとなると予想したが、これほどの急変に見舞われるとは思わなかった。アジアで発生した正体不明の疫病が、欧米の金融資本にとってももはや対岸の火事ではなくなってきたということだ。彼らには20世紀初頭に5千万人が死亡したスペイン風邪というトラウマがあるから、確かにその恐怖はわからなくもない。

買われ過ぎの反動か

ただ今回の下落は、楽観的過ぎた上昇の反動も大きかったのではないかと思う。先々週はさしたる好材料もないのに米国株は最高値を更新し、ドル円も112.23円と10か月ぶりの高値を付けていた。先週のドル円の下落はこの上昇をちょうど下に倍返しした格好だ。このような場合、上昇も下落もオーバーシュートで、結局元の水準=110円付近に収束していくパターンが多い。

110円→112円→108円でちょうど倍返し 出所:NetDania

110円→112円→108円でちょうど倍返し 出所:NetDania

米国株は割安圏

また、NYダウやS&P500が200日移動平均を下回り、恐怖指数VIXが50%近くに達するというのは、過去の経験則でいえば「かなりいいところ」だ。米国株は配当利回りスプレッドから見てもすでに割安圏に入っており、パニックさえ収まれば急反発の可能性がある。先週はパウエルFRB議長が何らかの対応を示唆したが、ここで機動的な利下げや資金供給があれば流れが変わるかもしれない。株式市場が恐怖のピークを通過すれば、ドル円もおのずと底入れに向かうだろう。

VIXは恐怖のピークを示唆 出所:StockCharts.com

円は安全でなく、最後はドルしかない

今回のコロナショックで円が買われるというのも、冷静に考えてみれば合理的でない。日本全国であらゆるイベントが中止となり、外出や買い物すらままならない。1~3月の日本経済はリーマンショック級の試練に直面するだろう。また中国がゼロ成長になれば日本経済が受ける打撃は計り知れない。リスク回避というなら、コロナショックのまさに当事者国通貨である円ではなく、最も影響を受けにくい米国、ドルを買うべきである。円買いはいわば脊髄反射的な動きであり、トイレットペーパーと同じくみんなが買うから買うという群集心理の行動だ。おそらく長続きはしないだろう。

今週はドル円を(そして米株も)割安に買えるめったにないチャンスとなる可能性があると見ている。下値を見極めたうえで打診的な買いを考えたい。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい