FXトレード作戦室|第10回 ノウハウだけでなぜ勝てないのか[FX攻略.com編集部]

FXトレード作戦室|第10回 ノウハウだけでなぜ勝てないのか[FX攻略.com編集部]

この国で唯一の月刊FX情報誌を刊行している立場から、多くのトレーダーが犯しやすいミス、失敗、陥りがちな勘違いを抽出し、皆さんと共有していくのが当企画の目的です。今回は「ノウハウだけでなぜ勝てないのか」について考えていきたいと思います。

FXのノウハウは簡単に手に入る時代

インターネットが圧倒的に普及している現在、ノウハウを手に入れることは非常に簡単になりました。数時間検索をすれば、ある程度のことが分かってしまうことも珍しくありません。

これと似た状況が、FXの世界でも起きています。実力のあるプロトレーダーの考え方やメンタル、そしてトレード手法までもが、無料、あるいは現実的な料金を払えば手に入ります。FXのプロのノウハウでも、決して門外不出ではないのです。

それでは、実績のあるプロの手法が手に入るからといって、多くの勝ち組トレーダーが現れたかといえば、残念ながらそうなってはいません。5%とか10%とか諸説ありますが、FXで継続的に利益を出している人は、全体に対してごく僅かである状況は同じです。

なぜ、プロのノウハウが簡単に手に入るのに、それを生かして稼げる人が少ないのでしょうか。

一つ考えられるのは、知っている手法を活用するための、条件や技術などがあるのではないか、ということです。手法だけ知っていてもなかなか勝てないのであれば、それとは別の要素があるという考え方です。

手法を使いこなすための基礎体力

この考え方に基づき、手法を使いこなすために必要と思われる条件を四つピックアップしてみました(後述)。少なくともこれらがしっかり備わっていないと、どれだけ優れた手法であっても利益を出すことは難しいと思います。

つまりこれらは、ルール通り正しくトレードを続けるための、基礎体力と考えると分かりやすいかもしれません。

①は基本の知識、ルールを知っているかどうかで、まさにトレードの体力になる部分です。

②は資金と生活スタイルで、こちらが伴っていないと、安定したトレードは不可能です。

③は、ルール通りにトレードができるかどうかで、ルールの中でも特に重要なのが損切りですね。

④は、継続性です。一度やると決めたら、勝っても負けても、一定期間続けられなければ、その手法が持つ優位性が発揮されません。 

あまりにも手法を求めすぎている

しかしながら、FX専門誌の編集・発行を通じて、たくさんのFXトレーダーの方と交流をさせていただいて感じるのは、多くの個人投資家は性急に結論を求めすぎているということです。やる気があるのは素晴らしいことですが、今すぐ稼ぎたいという思いが強すぎるのか、即効性のあるトレード手法のみを追い求めているように見えます。言い換えると、トレード手法さえあれば、利益を出せると考える方が多いように感じます。

ですが、既に述べてきたように、トレード手法というノウハウだけあっても、FXで利益を出すことが難しいことは事実です。手法はもちろん大切ですが、それ以外の部分についても、総合的にFXの能力を伸ばしていくことを、意識してみてください。

手法以外にFXで利益を出すためには何が必要?

手法以外にFXで利益を出すためには何が必要?

手法を使いこなすために必要な4つの条件

①FXに関する基礎知識

外国為替相場のシステム、テクニカルやファンダメンタルズの基礎、売買の基本的な仕組みなど、手法のベースになる知識を身につけておく必要があります。こういった土台になる部分がないと、どれだけ優れた手法があっても、それを安定して実行することはできません。これらFXの基礎知識は、本やインターネットなどで簡単に手に入れられます。

②十分な資金と生活環境

トレードに投じる資金は、生活費、失っては困るお金と厳重に分けるべきです。どれだけ優れた手法でも、展開によっては負け続けることがあります。そのとき、負けて困るお金を使っている場合、トレード続行が困難になります。また、トレードに十分時間を使えるライフスタイルを確立できていなければ、FXに安定的に取り組めません。

③損切りができること

裁量トレードの手法は、すべからく損失を限定する行動、損切りをルール通り実行できることが、利益を出すための絶対条件です。どれだけ優位性がある手法でも、損切りを躊躇して逆指値注文を入れなかったり、既に入っている損切り注文を感情にまかせて外したりずらしたりしているなら、計画的なトレードは成り立ちません。

④根気強く取り組めること

勝てる手法とは、目の前のトレードを着実に勝ちで終わらせるためのものではありません。利食いしたり、損切りしたりしながら、何百回、何千回とトレードを繰り返していく中で、トータルでお金が増える手法が、優れたトレード手法です。よって、うまくいかないときでも、慌てず騒がずトレードを繰り返していける、長期的なスタンスが必要です。

結論

優位性のあるトレード手法が一番大切。でも、それを使いこなすための、トレーダー本人の能力、環境がなければ、良い手法でも利益にはならない!

※この記事は、FX攻略.com2018年3月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。