FX力を鍛える有名人コラム

【Dealer’sEYE】薄商いのなか120円割れも視野に[井口喜雄]

こんにちは トレイダーズ証券の井口喜雄です。

それでは、今週前半の相場を振り返ってみたいと思います。

今週前半の相場を振り返る

まず、先週のFOMCでは10年ぶりの利上げに踏み切ったものの、ドルは上値の重い展開が続いています。今週に入り堅調な経済指標や、原油高を頼りにNYダウは3日続伸していますが、こちらにも反応はなくドル円は120円後半で推移しています。

さて、年末にかけての展望ですが、ドル上昇材料がそろっているように見えるものの、米利上げ直後なだけに材料出尽くし感は否めません。シカゴ筋のドル円ポジションを見ても円ショートはかなり巻き戻されており、クリスマスや年末に向けてマーケットが休暇モードに突入している薄商いのなか、急落するイメージが抜けません。

中期的にみてもドル円上昇シナリオにはFOMCは年4回以上の引き上げペースが必要だと思っており、原油安や、米ISMの数値を背景に考えると追加利上げには慎重にならざるを得ません。また、先週日銀が発表した緩和政策に対する「補完措置」も、追加緩和実施の可能性を来年繋いだとみる向きもありますが、実際には追加緩和策が限界を迎えていると考えるほうがしっくりきます。

テクニカル的にも上値は重く、日足一目均衡の雲下限の120.80円付近がかろうじてサポートされていますが、同水準を明確に下抜けてくるようであれば120円割れが一気に視野に入ってきます。

ドル円日足 上値は重く、120.80円付近がかろうじてサポート

チャート(10/2~12/24)

売買比率

売買比率

ドル円は日米の金利差を背景にロングポジションが優勢で65%の参加者が強気スタンスです。ユーロ円はスクエアで拮抗しています。参加者のポジションを見る限りドル円はまだ強気ですが、私は米利上げペースが予想以上に緩やかになると考えており、今のところドル円に関しては弱気です。長期的にみてもドル円のバイ&ホールド戦略は見直しです。

本日で2015年最後のレポートとなります。 そこでひとつ干支と相場格言についてお話をして終わりにしたいと思います。

2015年の干支は未(ひつじ)。相場格言は『辛抱』。
2015年1月スイスショックに始まり、2015年12月に10年ぶりの米国利上げに終わった2015年でしたが結果として米ドル円は115円から125円のレンジ相場となりました。まさに『辛抱』だったのかもしれません。
2016年の干支は申(さる)。相場格言は『騒ぐ』。
激しい動きをするという意味です。2016年は騒がしい相場になるのでしょうか。そんな2016年について次回2016年1月6日に当レポートでお話できればと思っております。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい