トランプリスクによる下値攻めは終了[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ドル円はトランプ政権を巡る不透明感から下落トレンドが続いています。昨日米経済指標の好結果などを受けて、何とか歯止めがかかった状況ですが、このトランプリスクはどこまで下値を拡大するのか。また今夜のFOMCなど週末に向けたトレードを整理していきましょう。

トランプリスクによる下値攻めは一旦終了とみる

トランプリスクの政治的な混乱を背景にドルは下落していました。トランプ大統領長男のメール公開事件、スパイサー報道官辞任と続いたことで米長期金利が低下したことにありますが、ここから先の下落材料としてはやや燃料不足です。マーケットもここ数日過敏に反応してきたように思います。ロシアゲート問題などここから新たな火種でも出てこない限りトランプリスクをめぐるドル安は一旦落ち着くのではないでしょうか。確かにトランプ政権に対する不透明感や、政策実施能力には懐疑的ではありますが、米ファンダメンタル自体は決して悪くありません。むしろ良好といっていいでしょう。マーケットが冷静さを取り戻せば日米金利差を背景とした緩やかな上昇に回帰すると考えています。

FOMCではインフレに注目

今夜のFOMCはイエレンFRB議長の会見はなく声明文のみです。声明文のみのケースで大きな政策変更をするとは考えづらく、基本的には前回のFOMCから内容に差はないと思われるため、影響は限定的とみています。

とはいえインフレ見通しの部分については注視しておく必要がありそうです。

前回6月の声明では「インフレ率は短期的には2%を下回るが、中期的には目標である2%近辺で安定する」と予測していました。ここに変化がなければ、年内の追加利上げとバランスシート縮小開始の方針にも変化なしと受けとめられるため、ややドルにとってはポジティブだと思っており、このシナリオがメインとなります。しかし、仮にインフレ見通しが下方修正される事になれば相当な下押しになるため、警戒はしておきましょう。

テクニカル面では底打ちの兆候も

ドル円は日足チャートでそこそこの下ヒゲが2本出ており、110.70円付近での強い抵抗を見ることができます。日足一目均衡表でも雲下限を破ることが出来なかったことは大きく、一旦は底打ちした可能性があります。短期的には20日高値112.42円あたりが意識される展開となりそうです。

【PR】

★8月31日までスプレッド縮小キャンペーン実施中!★

ユーロ円が0.4銭!!
ユーロドルは0.4pips!!
原則固定で配信中、ぜひチェックしてみてください!

▽詳細はこちら▽
https://min-fx.jp/campaign/10th_anniversary/

★プロディーラー井口喜雄のFX初心者向け無料オンラインセミナー★

トレード基礎編「チャートから情報を読み解こう」
日時:2017年7月26日(水) 20:00~21:00

トレード応用編「ファンダメンタルズ分析でレベルアップ」
日時:2017年8月30日(水) 20:00~21:00

▽詳細はこちら▽
https://min-fx.jp/seminar/beginer/online/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。

公式サイト:トレイダーズ証券

Twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

YouTube:みんなのFX|トレイダーズ証券