FX力を鍛える有名人コラム

両建てFXはロスカット水準にもう一方の利確注文を入れてリスク回避[木里ゆう]

先週の成績は−90pips。悔しいですが、この程度のマイナスで済んで良かったと思うようにしていきます。それぞれの日のトレードを見ていきましょう。

先週のトレード結果

9月26日(月)

ユーロ/円は前週からポジション持ち越し。

ポンド/円を売り。

9月27日(火)

ユーロ/円とポンド/円、どちらも損切りになってしまいました。−50pipsと−100pipsですね。

そしてユーロ/円を売りで入りました。

9月28日(水)

前日からのユーロ/円の売りを損切りで−50pips。

ポンド/円は買いで入る。

9月29日(木)

前日からのポンド/円買いを利食い。

ユーロ/円はエントリーなしでした。

9月30日(金)

エントリーなし。ポジションもなし。

【このトレードのルール】

  • ユーロ/円は利食いが+100pips、損切りが−50pips
  • ポンド/円は利食いが+110pips、損切りが−100pipss
  • 上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値の両方に、17時に仕掛ける
  • 逆指値なので、高値到達で新規買い、安値到達で新規売り
  • 買いか売りかのどちらかが発動したら、もう一方は取消
  • 0時を回ってヒットしなければ、両方のIFO注文を取消
  • ポジションは利食いか損切りになるまで放置
  • 金曜日は新規エントリーしない
※ トレードルールは随時更新されています。最新のトレードルールは一番新しい記事にてご確認ください。

【このトレードに向いたFX会社】

SBI FXトレード

全通貨ペアで極限まで下げられたスプレッドがなによりの売りです。スマホアプリも使いやすいので、パソコンが苦手な人にもオススメ。

ヒロセ通商 LION FX

私がメインで使ってるFX会社の一つです。

大変動に備えてOCOでリスク回避

さて、引き続きスワップさや取り口座のお話です。

私は買い建ての口座と売り建ての口座それぞれにOCOを入れています。

買いのヒロセ通商がロスカットされるレートに、売りのDMMFXの利益確定を入れる感じで、OCO注文を出しています。こうすることで、万が一大変動が起きても、両方の口座が利益確定と損切りで同時に決済されるはずなので、よりリスクを抑えることができます。

FX会社ごとにロスカット値をシミュレートできて便利です。

【関連記事】両建てFXの解説記事はこちら

【両建てスワップさや取りで使っているFX会社】

ヒロセ通商 LION FX

豪ドル/円の買いポジション用の口座。スワップポイントが高いです。

DMM.com証券 DMMFX

豪ドル/円の売りポジション用の口座。買いと売りのスワップが同額なのがポイント。

おまけ

数日前に衝動買いした伊達メガネ。愛用しています。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい