「ユーロ/米ドル」の戻り[松崎美子]

昨年秋、米連邦公開市場委員会(FOMC)がテーパリング(量的緩和策の縮小)を終了する頃から、マーケットでは、先進国で唯一利上げ姿勢が鮮明となったアメリカのドルをロングにしてきました。今年に入ってからも、欧州中銀(ECB)がQE策に踏み切ったことを受け、さらにユーロ売り/米ドル買いのポジションが膨らんでいったのは、皆さんもご存知のことでしょう。

しかし、先週実施されたFOMCでは、3カ月に一度の経済見通しで、将来の金利水準予想が大きく低下しただけでなく、イエレン議長が、「強いドルは輸出の伸び悩みの理由のひとつ」と言及したこともあり、市場参加者は、利が乗ったドル買いポジションの手仕舞いに動きました。

今週に入ってからも、ロックハート・アトランタ連銀総裁(ややハト派)、エヴァンス・シカゴ連銀総裁(もっともハト派)や、ブラード・セントルイス連銀総裁(ややタカ派)などが次から次へとドル高の米国景気への影響を懸念する発言をしています。とくに、私が気になったのは、フィッシャー副議長がここからの金融政策に関して、「たぶん年内に利上げをするだろうが、状況次第では、利下げの可能性もある」と語ったことでした。この方は、FOMC理事のなかでは中立派に属しますが、ときと場合によって、タカ派ハト派を上手く使いわけることで知られています。しかし、この期に及んで≪利下げ≫の可能性を除外しなかったということに、私は驚きました。

さすがに、これほど多数のFOMC理事からドル高警戒発言が出てきてしまうと、今までのユーロ売り/ドル買いポジションの巻き返しは、一朝一夕では終わりません。

FOMC当日のマーケット

先週のFOMC当日のユーロとドル、それぞれの実効レートのチャートを比較してみましょう。

これを見るとわかりますが、ドルは素直に下がっているのに対し、ユーロのほうは、前日とあまり変化ありません。つまり、FOMCの日に「ユーロ/米ドル」が1.10台まで急上昇した理由は【あくまでもドル安】だったといえるでしょう。

データ:ECBホームページ

チャート:インターコンチネンタル取引所ホームページ

3月24日のマーケット

今度は、今週火曜日のマーケットです。
FOMC当日とは違い、ユーロは上昇、ドルは下落と綺麗なかたちになっています。

データ:ECBホームページ

チャート:インターコンチネンタル取引所ホームページ

短期的な「ユーロ/米ドル」の戻り

今後、発表されるアメリカ関連の経済指標が大きく悪化したり、インフレ率がマイナス(デフレ)となり、それが長期化しない限り、私は、アメリカは年内に最初の利上げに動くように考えています。それに対し、ECBのQE策は現在のところ、2016年9月までは継続すると思われます。

それもあって、現在のユーロ買い/ドル売りの動きは、あくまでも「既存ポジションの益出し」という視点で眺め、ある程度ポジションがこなれてきたら、チャンスをみながら、また、ユーロ売りを仕掛けてみたいと思っています。その目安を、ユーロ実効レートを使って計算してみました。

チャート上に記入しましたが、現在91.7673であるユーロ実効レートが、92.9416まで戻った場合、計算上の「ユーロ/米ドル」は、1.1090になります。同様に、戻りがもっと深く、94.5044まで調整が入った場合は、計算上の「ユーロ/米ドル」は、1.1276となります。

これはあくまでも≪計算上≫の数字ですので、ぴったりに動くことはありません。ただし、大まかな目安として、私は常にこういう数字を頭に入れながら、次のチャンスを狙うよう心がけています。

松崎美子の写真

松崎美子(まつざき・よしこ)

スイス銀行東京支店でトレーダー人生をスタート。1988年渡英、1989年よりバークレイズ銀行ロンドン本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年に同じくロンドン・シティにある米メリルリンチ投資銀行に転職。その後2000年に退職。現在はFX取引に加え、日本の個人投資家向けにブログやセミナー、YouTubeを通じて欧州直送の情報を発信。著書に『松崎美子のロンドンFX』『ずっと稼げるロンドンFX』(共に自由国民社)。2018年より「ファンダメンタルズ・カレッジ」を運営。DMMで「FXの流儀」のオンラインサロンも始めた。

公式サイト:ロンドンFX

Twitter:https://twitter.com/LondonFX_N20

スクール:ファンダメンタルズ・カレッジ

オンラインサロン:FXの流儀 ~ファンダ・テクニカルを語ろう~

YouTube:FXの流儀

FX力を鍛える有名人コラム | 松崎美子の最新記事
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第6回
専業FXトレーダーの私が参考にしている情報源[岡ちゃんマン]
止まらないコロナバブル[井口喜雄]
川崎ドルえもん流 時間統計論|第4回 月足予測4月編[川崎ドルえもん]
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第4回[YEN蔵]
“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流〜プロの市場分析ノウハウと注目銘柄が分かる!|第2回
FXの選択型自動売買で考えること[中里エリカ]
株価上昇は本物か、それともコロナバブルか[雨夜恒一郎]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第1回 損切りを置くから負ける
インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|値動き反転をドンピシャ当てる「MACD」の取引精度を上げる方法】
淳一のスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①[淳一FX]
商品相場から見る新型コロナウイルス[佐藤りゅうじ]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第11回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
これからの外国為替場の行方 第121回(FX攻略.com2020年5月号)[田嶋智太郎]