ギリシャ危機とマーケットの反応[松崎美子]

今週は、月曜日にユーロ圏財務相会合が、火曜日にはEU財務相会合が続けて開催されました。そこでは、またしても「ギリシャ危機」について協議が行われましたが、これといった合意には至らなかった模様です。そもそも2009年にギリシャ債務危機が発覚して以来、マーケットは何度も「ギリシャ危機」に直面し、それなりに対応してきました。そのせいなのかわかりませんが、最近はちょっとやそっとの問題がギリシャで起きても、マーケットは反応しなくなっています。

どうして合意に、これだけ時間がかかるのか?

これには数々の意見がありますが、私が考えるには、ギリシャのSYRIZA新政権が国家存続に向けた優先順位を誤ったからではないかと考えています。そこが政治の難しいところなのでしょうが、選挙公約通りに反緊縮政策への転換を優先すべきなのか、何よりもギリシャがユーロ圏に残留することが一番大事なのか、それを考えればおのずと答えは出てくると思います。

以前、著名な投資家であるバフェット氏が、「グループに所属(ユーロ圏)しているのであれば、そのグループのルールを守らなければならない」と発言していますが、本当にその通りだと思います。ギリシャは、「デフォルトするぞ!」とEU側を脅せば、何の改革も努力もせずに支援金を受け取れると思っているのでしょうが、2012年からEU加盟国はGrexit(ギリシャのユーロ圏離脱)に向けた対策を練り、すでに準備が整っているので、ちょっとやそっとの「脅し」には、騙されなくなりました。ここが、過去のギリシャ危機と大きく違う点でしょう。

ただし、SYRIZA党の内部では大きな分裂が起きており、強硬派は反EU思想が強いこともあり、あくまでも選挙公約である反緊縮を貫くつもりです。それもあって、ツィプラス首相がEU側との話し合いのなかで、民営化の実施など緊縮財政策を認める内容に合意した場合、即刻離党し、野党に廻ると脅しています。そうなると、現在のSYRIZA連立政権の議席数が過半数以下に落ち込んでしまいますので、解散総選挙というリスクが出てきます。その意味でも、ツィプラス首相は、EUと自党強硬派との板ばさみになり、苦しい思いをしていることでしょう。

長すぎる協議機期間

今回のギリシャ危機もすでに4カ月目に突入しました。ドイツのメルケル首相は、ギリシャがデフォルトしたとしても、そのままユーロ圏に残留させることを希望しておりますし、ECBのドラギ総裁や欧州委員会の高官なども、「ユーロは、後戻りできない」と何度も繰り返しており、ユーロに一度加盟してしまった以上、抜けることは法的にも無理であるという点を強調しています。

しかし、メルケル首相率いるキリスト教民主党(CDU)の幹部や独財務省内では、約束破りのギリシャを早めに切り捨てたほうが、長い目でみたらユーロ圏経済にも良い結果を与えるし、ユーロにとっても良いのではないかという考えを、公の場で語りはじめたのです。メルケル首相は未だに自身の考えは変えていませんが、小国ギリシャの問題に対して、他の加盟国政府関係者の堪忍袋の緒が切れてきたようです。

合意できなければ…

2月末に期限を迎えるはずであった「金融支援延長」が、1月のギリシャ総選挙のおかげで、6月末までさらに延長されました。現在、その期限までに、EU側は支援金を手渡す交換条件として、ギリシャ政府に緊縮財政策の改革案の提出を求め、その内容について協議をしている最中です。期限がくるまでギリシャ政府の手元に財政運営資金があれば問題ありませんが、すでに同政府の国庫はいつ底を突いてもおかしくない状態であり、月曜日にはファルファキス財務相自ら、「今後数週間のうちに、財政運営資金が枯渇するリスクがある」と語り、緊張が走りました。しかし、マーケットはそんなことお構いなしに、ギリシャ株式市場は上昇して終わっていますし、最初はユーロ下落で反応したものの、火曜日は140ポイントも戻しています。

ここからのユーロ

最近のユーロ動向を見ると、ギリシャ危機への反応は鈍く、アメリカや欧州の国債価格とその利回り動向に大きく左右されている印象を強くしています。たとえば、ドイツ国債などの国債利回りが急上昇 (国債価格は下落)すると、それに反応してユーロが買われるという具合です。そして、これは欧州圏内に留まらず、アメリカでも国債利回りが上昇した月曜日にはドル高となり、利回りが急落した火曜日は、一転してドル安相場となりました。

果たして、この相関関係がいつまで続くのかわかりませんが、最近の不安定な国債利回り相場はヘッジファンドの45日ルールの影響だと考えた場合、5月15日までは、この乱高下相場が継続すると考えておいたほうが良さそうです。

たぶん、ギリシャのデフォルトは、ある程度マーケットに織り込み済みだと思いますが、それと平行して資本規制を導入するのか、それともアッという間にGrexitとなってしまうのかなど、いくつかのシナリオを考えなければなりません。そのため、EUとギリシャ政府との協議が継続する間は、ユーロはレンジに入るのではないか? と考えています。

ユーロドル日足

今までずっと「ユーロ/米ドル」の頭を押さえていた50日線(チャート上のピンク線)を上抜けしただけでなく、一気に100日線(水色線)をも上に抜けました。差し当たり、5月15日くらいまでは、黄色の線の間、1.1030~1.14ミドルのなかでの推移となるように感じています。その後は、ドイツ10年債の利回りが最近の高値である0.796%を上抜けるのか否かを見極めたいです。

松崎美子の写真

松崎美子(まつざき・よしこ)

スイス銀行東京支店でトレーダー人生をスタート。1988年渡英、1989年よりバークレイズ銀行ロンドン本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年に同じくロンドン・シティにある米メリルリンチ投資銀行に転職。その後2000年に退職。現在はFX取引に加え、日本の個人投資家向けにブログやセミナー、YouTubeを通じて欧州直送の情報を発信。著書に『松崎美子のロンドンFX』『ずっと稼げるロンドンFX』(共に自由国民社)。2018年より「ファンダメンタルズ・カレッジ」を運営。DMMで「FXの流儀」のオンラインサロンも始めた。

公式サイト:ロンドンFX

Twitter:https://twitter.com/LondonFX_N20

スクール:ファンダメンタルズ・カレッジ

オンラインサロン:FXの流儀 ~ファンダ・テクニカルを語ろう~

YouTube:FXの流儀

FX力を鍛える有名人コラム | 松崎美子の最新記事
眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第6回
専業FXトレーダーの私が参考にしている情報源[岡ちゃんマン]
止まらないコロナバブル[井口喜雄]
川崎ドルえもん流 時間統計論|第4回 月足予測4月編[川崎ドルえもん]
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第4回[YEN蔵]
“需給の鬼”こと井上哲男の相場の潮流〜プロの市場分析ノウハウと注目銘柄が分かる!|第2回
FXの選択型自動売買で考えること[中里エリカ]
株価上昇は本物か、それともコロナバブルか[雨夜恒一郎]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第1回 損切りを置くから負ける
インヴァスト証券ディーラーのFXコラム ディーラーは見た!ディーラーの仕事内容を紹介[間瀬健介]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|値動き反転をドンピシャ当てる「MACD」の取引精度を上げる方法】
淳一のスキャルピング教室|第9回 スキャルピングスタイルの構築と手法①[淳一FX]
商品相場から見る新型コロナウイルス[佐藤りゅうじ]
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第11回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
これからの外国為替場の行方 第121回(FX攻略.com2020年5月号)[田嶋智太郎]