FXにおける地政学リスクは離れた地域間でも起こりうる[水上紀行]

世界中が参加する為替相場では、地政学的リスクを無視することはできません。

まず、地政学リスクとはなにかですが、「ある特定の地域が抱える政治的・軍事的な緊張の高まりが、地理的な位置関係により、その特定地域の経済、または世界経済全体の先行きを不透明にするリスクのこと(マネー辞典より)」をいいます。

もともと、隣接国の間での紛争などがこのリスクでしたが、グローバル化とともに、ある国で発生したことが、全く離れた国や地域に影響を及ぼすようになりました。

たとえば、良い例は、東日本大震災による東北地方での自動車部品の生産ストップが、アイルランドでの自動車生産を中止に追い込んだり、米国のリーマンショックがユーロ圏諸国の債務危機を呼んだり、はたまた中国の景気後退が資源国であるオーストラリアの経済成長を鈍化させるなどしています。

そして、多くの場合、為替レートに反映されます。こんなことがありました。2001年9月11日に米同時多発テロが発生し、翌2002年1月から2008年半ばまで、「EUR/USD」は約7300ポイントの上昇を見ました。

このときのユーロの買い手の中心は、中国、ロシア、中東でしたが、要はドル建て資産が多いこれらの国々が、当時のブッシュ米政権に対して不信感をもち、ドルからユーロに資金シフトしたことが原因でした。このように、どこで何かが起きると、それが他のどこにどのように影響を与えるのかということは、常にイメージすることを習慣づけること大切です。

水上紀行の写真

水上紀行(みずかみ・のりゆき)

1978年、上智大学経済学部卒業後、三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。5年間の支店業務を経て、ロンドン、東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。東京外国為替市場で「三和の水上」の名で知られる。ドレスナー銀行にて、外国為替部長。1996年より RBS銀行にて、外国為替部長を経て、外為営業部長。2007年より バーニャ ーケット フォーカスト代表。長年の経験と知識に基づく精度の高い相場予測には定評がある。

公式サイト:Banya Market Forecast

Twitter:https://twitter.com/mizukamistaff