FX力を鍛える有名人コラム

新型コロナウイルスへの対応は[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ドル円上値の重さは変わらず

新型コロナウイルスの死者は今週に入って1,000人を超えてきたものの、感染者数が鈍化傾向にあることから過度な警戒感は後退しています。感染は拡大していますが、パンデミック(爆発感染)でなければOKという事なのでしょう。実際に昨夜はNYダウやドイツDAXは史上最高値を更新しており、ドル円も一時109.96円まで上昇する局面もありました。しかし、ドル円に関しては110円の大台に乗せることはできず、相変わらず上値の重さは拭えません。ここからさらに上昇するには何らかの燃料投下が必要となりそうです。

レンジでうまく立ち回れればOK

ドル円は2月3日の安値108.32円から110.00円付近まで上昇してきてはいますが、110円の重さが鮮明なだけに、ここから上値追いをするステージではないのかもしれません。再びボラティリティがなくなりつつある相場なので足元の高安である109.50~110.20円くらいのレンジでうまく立ち回っていければと思います。ただ110円前半を明確にブレイクする展開があれば、その上には大きなレジスタンスが見当たらないだけに、上に走った場合はついていけるよう準備はしておきます。

新型コロナウイルスへの対応は

マーケットは臆病なので新型コロナウイルスのような不透明なニュースには瞬間的にリスクオフへ逃げざるを得ません。だいぶ免疫ができてきたとはいえ、まだヘッドラインには反応しますので、ネガティブなニュースにダウンサイドを掘っていく構図は変わりません。過度に警戒をして下がったところがあれば拾っていくオペレーションはイメージしておきたいと思います。また、今後の展開として、これからは感染者数や、死亡者数の広がりだけではなく、中国経済指標などで出てくる実体経済への悪影響も徐々に材料視されてくるでしょう。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
川崎ドルえもんさんと同じ取引ができる!みんなのシストレ[トレイダーズ証券]

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい