毎年恒例?夏にクラッシュはあるのか[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

ドル円は105円をブレイク

ドル安が加速したことで為替にもやっと動きが出てきました。ドル円は心理的な節目として意識された105円をブレイクして一時104.95円まで下値を拡大させています。ドル安の背景には米中対立、米感染拡大、FRBの異次元金融緩和などがありますが、どれもすぐに改善できる材料ではないので今後もジリジリとドルが売られる展開が続きそうです。また、あしもとの値動きを見ると「リスクオフのドル買い」はあまりワークしておらず、「リスクオフの円買い」といういつものマーケットに戻りつつあるようです。

FOMCで大きくドルが買われるイメージはつきにくい

本日の27:00はFOMCが予定されており、内容次第では上下に振らされる展開となります。しかし、前回のFOMCから米コロナ感染者数が拡大していることを考えると、米経済の見通しはネガティブで、異次元金融緩和継続となり、大きくドルが買われるイメージはつきにくいです。ドル円は105円ミドルから106円にかけて上昇局面があれば戻りを狙いたいと考えます。

毎年恒例?夏のクラッシュはあるのか

例年この時期(夏)になると円高に振れやすいというアノマリーがあります。アノマリーの理由としてはバケーションシーズンで取引参加者の少ないということと、円高を嫌う日本の当局者がいないといったところですが、今年も軽視はできないかもしれません。

ドル円が4か月ぶりの安値を付け、個人投資家のドル円ロングが溜まってきたところを見ると嫌な予感がしてきました。マーケットには米中対立、コロナ、米大統領選といったヘビー級のリスク要因を抱えており、ヘッジファンドにとっても円買いの口実は十分です。さらに、異次元の金融緩和で実体経済との乖離がある株が突然崩れる可能性もあります。もちろん何事も起きなければいいのですが、クラッシュが起こるかもしれないと準備をしておくことは重要かもしれません。

【ご注意】
※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
トレイダーズ証券 [みんなのFX]※当サイト限定の特典あり
川崎ドルえもんさんと同じ取引ができる!みんなのシストレ[トレイダーズ証券]
現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。

公式サイト:トレイダーズ証券

Twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

YouTube:みんなのFX|トレイダーズ証券