Trader’s対談

  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 細田哲生 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年11月30日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 細田哲生 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    【前編はこちら】 ・現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 細田哲生 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄] 転換線と基準線を確認することが大切 井口 一目均衡表はさまざまな使い方が広まっていますが、本家本元の使い方を教えてください。 細田 一目均衡表は最短時間で最大値幅を安全に取るための方法論でもあります。線が多いから複雑だと思っている人も多いですが、関係性を理解していたら使い方も変わってきます。高値から転換線を割ってくるまでの時間と転換線を割ってからの時間が同じかどうか。先行スパンに対する確信度をより深めるために転換線の割れ方、基準線の割れ方をチェックするなど使い方は多々あります。 井口 よく先行スパンを抜けるかどうかが重視されていますが、基準線、転換線を見ることも大切ですね。 細田 それと日足、週足、月足の一目均衡表のあり方くらいは押さえておくべきですね。時間足、分足の先行スパンは日足・週足だと転換線や基準線であることがほとんどです。そして、一目均衡表は時間がずれていくごとに半値が変わってきます。どのような変化があれば線がどう変わると…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 細田哲生 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年10月26日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 細田哲生 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    長期間の研究を経て一目山人を承継した 井口 今回は私の尊敬する細田哲生さんということで、とても楽しみにしています。細田さんといえば一目均衡表で、細田さんの祖父の一目山人さんによって考案されたものです。細田さんは三世一目山人として一目均衡表の解説を行っていますが、まずは一目山人を承継するまでのご経歴と一目均衡表の概要について教えてください。 細田 一目均衡表は祖父の一目山人が昭和44年に自費出版という形で世に広めたことが始まりです。ちなみに私は昭和43年生まれなので、一目均衡表とほぼ同い年です。一目均衡表自体は昭和10年くらいには一目山人の頭の中にあったと思います。  祖父は私が中学校2年生くらいのときに亡くなりました。亡くなった後は誰も一目山人を継がず、書籍だけは兜町の千代田書店で販売されているという状態でした。祖父の死後は、さまざまな人が勝手に一目均衡表を語り始めました。 井口 確かに一目均衡表を語る人は多いですよね。 細田 祖父の目が光っていたときは適当なことをいう人はいなかったです。本来は2代目を継ぐべき父親が私が20歳のときにがんになりました。余命いくばくもないという中で、一目…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年10月15日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    【前編はこちら】 ・現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄] 現在のAIは発展途上。今後の進化に期待 井口 人工知能(AI)の専門家である奥村さんにお聞きしたいのですが、最近ではAIを利用しているとうたう自動売買や投資信託が多く、AIを使えば勝ちやすいというイメージを持っている投資家もたくさんいます。そのことについてはどのようにお考えですか? 奥村 AIというと、おそらく先端技術のイメージが先行していて誤解があると思いますが、人間を超えることはありません。なので人間が勝てないことにAIを使っても突然勝てるようにはなりません。絶対に勝てないとはいいませんが、「人間ができることを機械が最も効率良く行う」というのが現時点でのAIの能力です。  そして、投資においては「AIとは何か」が重要です。例えば、金融機関に所属し「われわれはAIを使って運用しています」といっている人に「使っているAIはどのような機能を持っていますか?」と質問しても誰も正確に答えられないと思います。なぜなら、その人たちは営業であって…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年9月10日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 奥村尚 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    天才たちの素顔は親しみやすい人だった 井口 ノーベル経済学賞受賞のウィリアム・シャープ博士やイスラエルのモサド科学顧問であるミラー博士との共同開発など、情報工学・金融工学のスペシャリストであり、さらにファンドの運営など金融分野においてご活躍の奥村さんですが、経歴とそのときのエピソードを教えてください。 奥村 私は工学部出身で人工知能を学生時代に研究していました。私の原点はテクノロジーですが、テクノロジーと金融のつながりで金融の世界に入りました。 井口 金融は株式、為替、商品と幅広くやっていましたか? 奥村 証券会社にいたときはほとんどエクイティをやっていましたが、自己売買のトレーダー部門にも所属して為替や商品の研究、トレード案件にも携わっていました。  商品開発の一番最初にシャープ博士との共同研究に従事しました。最初に会ったのは1988年で、ノーベル賞受賞の前です。株式ではベータの概念を生み出した大先生でしたが、偉ぶるところがなかったですね。米国を訪れた際にはホテルまで車で迎えに来てくれました。一緒にオフィスに向かったのですが、高速道路を走っているのにオープンカーの幌を開けて、運転中に…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 山中康司 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年8月14日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 山中康司 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    【前編はこちら】 ・現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 山中康司 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄] 大相場のときにはトレードを止める 井口 2020年3月19日現在、新型コロナウイルスの影響で相場が大荒れですが、このような大相場にはどのように対応したらよいのでしょうか? 山中 「休むも相場」という格言があるように、無理をしてはいけません。もし自分の思惑と違う方向に動いたら素直にあきらめることです。あきらめずにナンピンしてしまうのが最悪のパターンです。自分が間違ったらその間違いを素直に認めて止め、それは忘れて次に行きましょう。そして相場で何が起きているのか、なぜ動いているのかを把握しましょう。  今の相場状況は単純です。世界の工場と呼ばれる中国から新型コロナウイルスの感染拡大が始まったことで、中国を中心に世界中のサプライチェーンがおかしくなり、次に人の移動がおかしくなりました。物も人も動かなくなった状況というのは何をやってもダメなので、今は耐え忍ぶときです。各国も景気対策をしていますが、すぐには良くならないと思います。  今回の新型…
  • 詳細へ
    2020年7月6日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト 山中康司 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    多くのことを学んだ職業トレーダー時代 井口 金融の世界でご活躍されている山中さんですが、まずは経歴をお聞かせください。 山中 バンク・オブ・アメリカ(以下、BofA)入社から金融の道に踏み出しました。就職活動時にディーラーが面白そうだったので、「ディーラーには希望すればなれますか?」と質問したら、BofAに「君が望むならやらせてあげるよ」といわれたのでBofAに入社を決めました。  当時のBofAはトレーダーの養成に力を入れており、私もディーラーの研修を受けました。ドル円のアシスタントをしていたのですが、研修でNYに行ったら向こうのドル円ディーラーが突然入院して、急きょ代役となりました。その数日後にプラザ合意が起きて、年末にかけて240円から200円まで約40円もの円高となりました。ディーラーを続けるか悩んでいた時期もありましたが、大きなイベントとしてプラザ合意があったからこそ今でも為替の世界にいるんだろうなと思います。 井口 プラザ合意が行われたのは入社何年目のころですか? 山中 3年目です。大きなイベントは学ぶべきことも多いですが、少しうまくいくと運を実力と勘違いして大変な目に遭う…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト オレ的ゲーム速報JIN 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年6月15日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト オレ的ゲーム速報JIN 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    【前編はこちら】 ・現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト オレ的ゲーム速報JIN 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄] みんなに見てもらって楽しんでもらえれば! オレ的ゲーム速報JIN FX投資部 井口 身を削って、動画を作っていらっしゃいます。何千万円という大きいお金を投資して、みんなに見せているというのは、どんな理由があるんでしょうか。 JIN 投資が自分の中だけで完結するよりは、みんなに見てもらった方が色んな意見が出て、コメント欄が盛り上がります。それが良い意味でも悪い意味でも、面白いと思ってやっています。視聴者は何も払うわけじゃないですから、誰も傷つかないでいいかなと。もともとはニコニコ生放送とかのライブ配信でFXをやってたんですけど、動画にしてYouTubeに上げた方が収益化もできますから移行しました。そういう意味では、ボロ負けしてお金が無くなったとしても、保険にはなりますしね。 井口 今、約10万人のチャンネル登録者がいますけど、どんな人たちが見に来ていると思いますか? JIN アナリティクスで属性が分かるんですけど、メイン…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト オレ的ゲーム速報JIN 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年6月14日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト オレ的ゲーム速報JIN 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    YouTubeで人気の凄腕(!?)トレーダー オレ的ゲーム速報JIN FX投資部 井口 JINさんがYouTubeに上げている動画を、ほぼ視聴させていただいてます。 JIN ひどい動画ばかりで、恐縮です。だいたい苦しんでいるという。 井口 それが魅力です(笑)。NYダウが下がると、JINさんの顔が浮かんでしまうほどです。 JIN ダウが下がると、私の持っているのが全部下がりますからね(笑)。 井口 失礼ですが視聴者の方々は、今や負けまくっている人という印象を持たれていると思います。ただ、動画を始めた2016年、2017年に関しては、数千万円の利益が出ていたとの話です。そのころはどのような売買戦略でトレードしていたんですか。 JIN 米国の大統領選挙が話題になっているころに、ガチでFXをやろうと思って始めたんです。株価指数やドルをひたすら買っていくだけで、今振り返ると、ただ買うだけのド素人戦法ですね。ダウが継続して上がっていましたから、それでうまくいってたんです。  とはいえ大統領選挙のときは、トランプが勝てば円高になると言われていて、実際優勢になってから円高に動いたので売りを入れたんで…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト YEN蔵 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年6月8日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト YEN蔵 後編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    【前編はこちら】 ・現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト YEN蔵 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄] クロス円以外での取引も視野に入れる 井口 ご自身のトレード手法について可能な範囲で教えてください。 YEN蔵 最近だと、4時間足の移動平均線とかRSIを使っています。 井口 4時間足はローソク足で見ているんですか? YEN蔵 ローソク足で見て、4時間足と移動平均線でトレンドができたときにその方向に入ります。4時間足で100pipsくらいのトレンドが出るのを見計らって、移動平均線で優位性が生まれたときが狙い目です。また、RSIは6とか7の期間が短いものを使って、ダイバージェンスが起きているところを探し、4時間足が移動平均線の上に来たら買いでエントリーする感じです。 井口 トレンドを取りに行くということですね。流行りのスキャルピングはしますか? YEN蔵 スキャルピングはやらないですね。 井口 市場別にどの時間帯が取引しやすいなどはありますか? YEN蔵 ずっとチャートに張りついているわけではなく、トレンドが出たところを取りに行くので特…
  • 詳細へ
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト YEN蔵 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    2020年5月16日
    現役為替ディーラーが、話題のアノ人と語り尽くす Trader’s対談|ゲスト YEN蔵 前編[トレイダーズ証券みんなのFX 井口喜雄]
    機関投資家の時代から個人投資家の時代へ 井口 外資系銀行で20年にわたって為替のディーラーとしてご活躍してきたYEN蔵さんですが、当時の為替相場はどうでした? YEN蔵 1980年代から2000年代前半までは為替に限らず、市場全体が金融機関主流の時代だったので、その時代の相場に携わっていたことはラッキーでした。今は各証券会社がものすごく安いコストで通貨ペアを提供していますし、マーケット情報も無料で発信しているので、金融機関中心から個人投資家の時代になっています。個人投資家に「安いんだからもっと取引しろよ」くらいはいってもいいと思いますよ(笑) 井口 ドル円のスプレッドの主流がついに0.2銭になりました。それについてはどうお考えですか? YEN蔵 為替レートはデフレになっていくと値動きが小さくなり、投資家も証券会社も利益を得ることができなくなります。ほどほどに動いて、フラッシュ・クラッシュがない穏やかな相場がお互いに一番メリットがありますよ。 井口 おっしゃる通りです。一日に100~200pipsくらいボラティリティがある相場に戻ってほしいと思っています。 YEN蔵 1990年代はドル円…