全てのページの検索結果 : 1760件

  • 詳細へ
    2018年2月14日
    荒れるゴム相場[佐藤りゅうじ]
    乱高下が続く天然ゴム価格 7月号で「伸縮激しいゴム相場の世界」と題し、天然ゴムの先物市場について述べました。その後もゴム相場の値動きは荒く、プライスリーダーである上海ゴム市場は値崩れを起こしています。これを受けて、東京ゴムも軟化しています。ただ今回の値動きには、ファンダメンタルズ要因はほとんど関係ありません。やや仕手化しているゴム相場に、今回はスポットを当ててみたいと思います。 天然ゴム先物市場といっても、値動きが頭に浮かぶ方は少数派でしょうから、まずはここ一年の値動きを確認してみましょう。チャート①の東京ゴム先限の週足チャート(呼び値1キログラム)をご覧ください。まず昨年2016年11月から今年2017年1月までの急騰が目につきます。11月は183.0円で始まっているので、1月31日の高値366.7円というのは2倍超です。 この急騰の背景には、産地の洪水による供給懸念に加え、当時、共産党大会を翌年に控えた中国が公共事業を増やすとの見方がありました。実際、2016年10月の中国製造業PMIは、中国建設ブームとなった2014年7月以来の高水準となっていました。また、中国政府が小型自動車の…
  • 詳細へ
    2018年2月13日
    トランプ政権の税制改革 過去からみた米経済と為替への影響は?[安田佐和子]
    米国民の要望高まる税制改革の大幅修正 医療保険制度改革(オバマケア)の廃止・代替案移行でつまずいたトランプ政権が、税制改革で挽回に臨みます。2017年9月26日に公表した“壊れた税制を修正する枠組み(United Framework For Fixing Our Broken Tax Code)”と題した案では、公約通り所得税区分を従来の7段階(10%、15%、25%、28%、33%、35%、39.6%)から3段階(12%、25%、35%)へ簡素化します。長女イバンカ氏の意見を取り入れ、中間層向けに保育向け税控除を採用しました。トランプ米大統領は「歴史的な減税となる」と胸を張ります。 そもそも、米国人は税制改革にどれほどの期待を寄せていたのでしょうか。CNNが9月17〜20日に実施した世論調査では、政策の優先課題としてハリケーン直撃まもない事情から「災害支援」がトップで36%となりました。次いで「ヘルスケア」が31%、「税制改革」は12%で3位にとどまります。しかし、税制改革に対し「全面的な見直し」の回答は35%、「大幅な変更」は33%におよび、併せて68%でした。政策優先事項としてそ…
  • 詳細へ
    2018年2月13日
    FXレバレッジ10倍規制への動き、これまでの流れ
    「FXの最大レバレッジが25倍から10倍に制限される?」 レバレッジを10倍に制限するというニュースが流れ、FX業界はただ今騒然としています。これまでに起きたことや、業界内外の反応をまとめていきます。 (2018年2月13日更新) レバレッジ規制の時系列まとめ 2018年2月13日 金融庁、「店頭FX業者の決済リスクへの対応に関する有識者検討会」(第1回)を開催 2018年2月13日(火曜)、金融庁は中央合同庁舎第7号館13階共用第1特別会議室にて、「店頭FX業者の決済リスクへの対応に関する有識者検討会」(第1回)を開催しました。 これは日経新聞が報じるところ(同12日付の日経新聞「FX規制強化へ 金融庁、証拠金倍率10倍に下げ」)の”レバレッジ10倍規制の検討”に該当するものと考えられますが、あくまでも”店頭FX業者の決済リスクへの対応”を主題とするというのが金融庁の姿勢であるようです。 以下に、今日の検討会の様子や、明らかになったポイントを箇条書きで整理します。 (1)有識者検討会、議事録、資料は、公開とする (2)今回のメンバーは座長1名、メンバー7名、オブザーバー8名(傍聴席に…
  • 詳細へ
    2018年2月13日
    コインチェックの仮想通貨XEM大量流出事件まとめ
    2018年1月26日、国内大手仮想通貨取引所のコインチェックから、仮想通貨のXEM(ネム)が外部に流出する事件が発生しました。 (2018年2月13日更新) 事件の時系列まとめ 2018年2月13日(火)より、日本円の出金再開するとコインチェックがアナウンス このたび、お客様の資産保護ならびに原因究明のため一時停止としております日本円出金機能につきまして、外部専門家による協力のもと技術的な安全性の確認を完了いたしました。これを受け、再開に向けた今後の予定をお知らせいたします。 (中略) 現在、お客様の日本円の資産は金融機関の顧客専用口座にて安全に管理されております。これより当社にて出金に係る業務を再開し、下記の再開日以降、順次出金を再開してまいります。 再開日 : 2018年2月13日 対象通貨 : 日本円    日本円出金再開のお知らせ(コインチェック公式サイト) 2018年1月29日(月) 関東財務局より行政処分 (1) 本事案の事実関係及び原因の究明 (2) 顧客への適切な対応 (3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化 (4) 実効性あるシス…
  • 詳細へ
    2018年2月13日
    コイントストレードがかなり健闘している件[木里ゆう]
    先週のトレードを振り返っていきましょう。リアル取引は3勝3敗、デモトレードは2勝2敗でした。 記事内では「○=利益確定」「×=損切り」となっています。 トレードルールは、『いよいよ今週からコイントストレードを実運用!』で解説しています。 コイントストレード運用結果:2/5(月)〜2/9(金)  …その前に、先週金曜から持っていたポジションが、5日(月)に損切りに〜。 2月5日(月) 朝の買い→× 夜の売り→○ 2月6日(火) 夜の売り→○  2月7日(水) 夜の売り→×  21時に中央銀行の金利発表や、MPC議事要旨の発表があり急上昇してしまいました(汗)。 2月8日(木) デモトレードのみの日でした。  2月9日(金) 朝の売り→× 夜の売り→○ 売り買いがランダムなのに成績は安定 コイントストレードは安定感があります。けっこうな数をこなしていますが、±0あたりを推移しているので、これは実質往復のスプレッド分は勝てているということなので、一切トレンドを読んでない割には善戦しています。 なので、今のルールを土台に、少しアレンジを加えたり、フィルタを追加することで強力な手法が作れるのでは…
  • 詳細へ
    2018年2月13日
    勝率75%、PF2.16、3年間で77万円勝ちの安定手法はこちら
    平野朋之さんとFX攻略.comとのコラボ投資スクール、「FXエキスパートプログラム」でのみ入手できるインジケーターが、「ブレイクメーター」です。 この記事では、講座内で解説している、ブレイクメーターを使った手法による売買結果を公開します。 3年間勝ち続けた手法がこちら 通貨ペア ドル円 運用期間 2015年1月1日〜2018年1月31日 取引単位 10万通貨取引 基準時間軸 日足 トレード回数 53回 勝ちトレード 40回 負けトレード 13回 勝率 75.5% 損益(pips) 774.3pips 損益(円) +77万4300円 PF 2.16 2015年1月から2018年1月31日までの10万通貨取引運用で、+774.3pips、約77万円のプラス収支となっています。 3年間で53回のトレードをしていますので、年間ではだいたい18回。月に1.5回ほどのトレードチャンスがある計算になるため、あまり頻繁にチャートを見られない方でも、じっくり運用することができます。 とはいえ、「もっとたくさんトレードをして、たくさん稼ぎたい!」という方、ご安心ください。 こちらで公開しているデータはあく…
  • 詳細へ
    2018年2月12日
    米国の物価上昇率と経済成長[森晃]
    この秋お勧めは北朝鮮経済の本 ワシントンでも、秋の紅葉に向け秋風を感じられるようになった。2017年9月になってからスーツの上着を着て街中を歩いていても非常に快適である。そんな秋風を感じながら、観光を楽しんでいる人々を見かける。何となく、こちらもスミソニアン博物館でも探索してみようかと思う。しかし、後半戦が始まりなかなか余裕がないのが実情である。 秋といえば読書の秋である。そこで、最近読んだ本を一冊紹介したい。ソウル大学校のキム教授著の『Unveiling the North Korean Economy: Collapse and Transition』である。金正恩政権の経済改革により、北朝鮮は賃金が上昇し生活水準が向上したとする内容であった(個人的な意見であるが、読む価値はあると思うのでお勧めしたい)。  価格引き下げ競争が激化する米小売業界 アマゾンに買収されたホールフーズ さて、日米欧の中央銀行は低い物価上昇率(インフレーション)に悩まされている。日本政府は、2%のインフレーション(インフレ・ターゲット)を2019年度までに達成したいと考えているが、それは難しいというのが一般…
  • 詳細へ
    2018年2月12日
    ディーラーによる今週のドル円「下落止まらず!108円割れ目前!!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「下落!再び108円台へ」 先週を一言で表すと「下落!再び108円台へ」です。 2月5日(月)に110.177円でスタートしたドル円。 週明けからドル円は大きく下げました。 先週末のアメリカ株の大幅下落を受け、週明け日本でも日経平均が大きく下落し、それに伴いドル円も下げました。 続く6日(火)にも続落。 109円を割り、一時安値108.448円をつけました。 その後反発するも軟調なムードは変わらず週末にはNY時間にはさらにもう一段下げ、安値108.047円と108円台割れ直前まで進みました。 結局108.784円週末クローズ。下落した1週間となりました。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し 先週、25EMAが戻り売りのチャンスといい、それに沿ってしっかりショートを建てられた方は利益を上げられた相場かと思います。 ここからのマーケットどうみるのか? 今回はボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。 注目すべきは…
  • 詳細へ
    2018年2月12日
    VIXショックという乱気流から体勢を立て直せるか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年2月12日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は108円割れ寸前まで下落し、昨年9月以来の安値を示現。米国市場を発端に世界中の株価が急落し、リスク回避ムード一色となったことから、安全通貨の円が全般に買われる展開となった。円はドルだけでなく欧州通貨や資源国通貨に対しても全面高となった。 株安のきっかけは? この世界的な株安の直接のきっかけは、言うまでもなく米国の金利上昇だ。2月2日に発表された米国雇用統計の良好な結果を受けて利上げ観測が高まり、金利カーブが全般的に上昇。年初には2.4%台だった10年債利回りは2.8%台まで跳ね上がり、今年利上げは4回との見方が浮上してきた。 先週も述べた通り、本来利上げと株高は相容れないものだ。これまではインフレでもリセッションでもない適温経済=ゴルディロックス期待の中で、緩やかな金利上昇と株高は共存できた。しかし急激な金利上昇と高すぎる株価はどう考えても共存できない。 景気拡大にともなってインフレ率と金利が上昇するのはごく自然なことだが、これまでは好景気にもかかわらず賃金も物価も上昇しなかったた…
  • 詳細へ
    2018年2月11日
    米・英の止まらない緩和縮小競争[太田二郎]
    米金利の上昇傾向はいつまで続くのか? 2017年に入り、米国は他の主要国に先駆けて3月15日と6月14日に0.25%の金利引き上げを2度実施。今月9月20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、10月からバランスシートの縮小に着手することを決め、12月の利上げ期待度も高まり、2018年、2019年も継続して利上げが期待されています。 ドル相場は9月20日のFOMCで底値からやや値を戻していますが、ドルインデックスは年初の103.82をピークに9月に入って91.01まで低下し、2015年1月来の低水準にまでドル安が進行していました。その米国ですが、直近の消費者物価指数(CPI)は、前年比1.9%でコア前年比1.7%と、2.0%のターゲットに届いていません。 過去の失敗  2013年5月22日に当時のバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が「量的緩和を縮小する可能性」を示唆。さらに6月19日にFRBが「今年中に債券の購入金額を減額し、2014年半ばに完全に終了する可能性」を指摘したことで、新興国の通貨や株式などから資金が流出しました。市場に大きな動揺をもたらした、この「バーナンキ・…