えつこ

  • 詳細へ
    2018年2月10日
    スペシャル対談|FXで結果が出る人はノートを取る。結果が出ない人はお金のみを追う[えつこ(個人投資家)・ 高橋慶行(投資の学校代表)]
    女性トレーダーとしてトップクラスの人気を誇るえつこさんと、6万人以上の一般投資家が受講する投資の学校代表の高橋慶行さんの対談が実現。FXで結果が出る人と出ない人の違いについて、大いに語っていただきました。 聞き手:鹿内武蔵(編集部) ※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです 対談者プロフィール えつこ(えつこ) SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。FXの利益で、発展途上国の子どもたちや貧困層や老人を援助する財団を設立するのが夢。 公式サイト:えつこのFX日記~FXで家計にゆとりを~ 高橋慶行(たかはしよしゆき) 1982年宮城県仙台市出身。投資の学校プレミアム代表。2008年にリクルート社で新卒採用サービスのトップセールスマンとして表彰を受け、独立。2013年に投資教育事業へ参画。業界トップクラスのプロの投資家を講師に招き、2014年に株式投資を体系的に学べる学校として投資の学校を設立。代表に…
  • 詳細へ
    2017年10月6日
    【ADXDMI+BBand Width Ratio+VQ】トレンドが勢いづくまで徹底的に“待つ”FX手法[えつこ]
    待って、待って、待ち続けた先に、低リスクで高期待度の好機がある――えつこさんの手法は、トレンド発生のサインだけでは動かず、トレンドが勢いづいてから行動するという、極めて慎重なスタイルです。 ※この記事は、FX攻略.com2017年2月号の記事を転載・再編集したものです えつこさんのプロフィール えつこ(えつこ) SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。FXの利益で、発展途上国の子どもたちや貧困層や老人を援助する財団を設立するのが夢。 公式サイト:えつこのFX日記~FXで家計にゆとりを~ えつこさんのFX買い合図ポイント ■ 準備するもの 【チャート】15分足 【テクニカル】ADXDMI、BBand Width Ratio、VQ ■ トレードの手順 VQでトレンドを確認(上向き/下向きの矢印が出現) ADXとBBand~が同時に上向きになったら、トレンドに勢いが出たと判断 上記2のローソク足aが確定したら、次の足に注目。aの高値(安値)を…
  • 詳細へ
    2017年2月22日
    FXライフ♪はじめよう 第4回ゲスト えつこ
    女性トレーダーへのロングインタビュー企画第4回は、主婦として、そして母として家事をこなしながら、FXも両立して日々行っているえつこさんにお話を伺いました。始めたころの失敗から現在のトレードスタイルまで、これからFXを始めたい人必見の内容です。 えつこさんプロフィール SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。FXの利益で、発展途上国の子どもたちや貧困層や老人を援助する財団を設立するのが夢。 ■えつこさんのブログ|えつこのFX日記~FXで家計にゆとりを~ チャートの記録がFXルール確立へのカギ 編集部 FXを始めたきっかけは? えつこ 最初は姉の勧めです。試しにチャートをのぞいてみると本当に面白くて、現実でトレードする前に“バーチャルFX”で練習してみたんです。すると1回のエントリーで35万円儲けました。 たった30分でそれだけの儲けを得られるのは以前、会社を経営していた経験からも、すごいことだと思い、それから本格的…
  • 詳細へ
    2014年6月17日
    指標発表トレードのエントリーのコツ・決済のタイミング[えつこ]
    トレードしている方のなかには、指標発表のときだけトレードするというスタンスの方がいらっしゃいます。相場の動きの根拠である、「どういう理由でどちらに動くのか」をしっかりと把握できるトレード手法ですので、今回は、指標発表のときのエントリーのコツ・決済のタイミングについて説明させていただきたいと思います。 指標発表トレードの対象となる指標 指標発表の内容によっては、大きく動く指標と動きがない指標があります。「動く指標か、動かない指標か」その違いをまず最初に確認しなければいけません。指標発表トレードがしやすい指標は、製造業PMI、消費者物価指数、小売売上高、サービス業PMI、四半期GDP、アメリカの雇用統計以外の国の失業率発表や新規失業保険申請件数等です。基本的には、数字が予想より高ければポジティブと判断し、指標を発表した国の通貨が買われる傾向にあります。 そして、逆に、数字が予想より低ければネガティブと判断し、指標を発表した国の通貨が売られる傾向にあります。ですが、失業率や、新規失業保険申請件数等は、数字が前回よりも低いと、失業者が減った(雇用者が増えた)とうことになりますので、市場はポジテ…
  • 詳細へ
    2013年9月13日
    トレードルールのご提案[えつこ]
    私は常日頃、「合成通貨と通貨の相関性の3通貨が同じトレンドで勢いがあるとき」にトレードすることをお勧めしています。このタイミングこそが、一番安定したトレンドが発生するからです。今回は、このタイミングのみに絞り込んだトレードルールを、期間限定で皆様にご提案させて頂きたいと思います。 3通貨が同じトレンドで勢いがあるとき 「合成通貨と通貨の相関性の3通貨」についてはご存知の方も多いと思います。 たとえば、「ユーロ/円」の場合は、通貨の相関性の「ドル/円」と「ユーロ/ドル」の3通貨が一緒に同じトレンドで勢いがあるときが、「3通貨が同じトレンドで勢いがあるとき」です。 これを私は、「3TREND3FORCE」と呼んでいます。 次の画像は2013年3月7日、左から「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ユーロ/円」の15分足のチャートです。3通貨が同じ上昇トレンドで勢いがあります。 皆さんは、この「3TREND3FORCE」のタイミングが1カ月のうちでどれくらいの発生頻度があると思われますか? 過去3カ月を遡って、「ユーロ/円」で平均回数を調べますと、1カ月のうちで約9日から10日です。 1カ月間にトレー…
  • 詳細へ
    2013年9月8日
    MT4との出会いを振り返って[えつこ]
    私がFXのチャートと真剣に向き合ってから、今年で5年目になります。今回は、私がMetaTrader4のチャートを見るようになった初期の頃から今日に至るまでをお話しさせていただきたいと思います。 私が初心者の頃のチャートの見方 私は初心者の頃、チャートに関してはローソク足と、MACDのゴールデンクロスとデッドクロスしか知りませんでした。「ゴールデンクロスすれば上昇」「デッドクロスすれば下降」。このルールは、最初にFXの口座を開設したときの業者さんが、テクニカルの説明で使用していたので、何も考えずにそのまま使用していました。MACD以外にもいろいろなテクニカルが存在することすら知りませんでした。 そして、MACDの2つのラインがクロスするのを、ひたすらチャートを表示させたパソコンの前で待っていました。でも、その2つのラインがクロスしたときにエントリーを繰り返していっても、利益が増え続けることはありませんでした。元本よりもマイナスが増えてくるにつれ、「このままではいけない」と思うようになり、情報収集のつもりで、いろいろなFXブログやサイトを読みあさりました。 MT4とテクニカルインジケーター…
  • 詳細へ
    2013年3月27日
    2013年は皆さんとFXで大きく勝つ![えつこ]
    2013年、私は目標をつくりました。それは自分自身もそうですが、皆さんにも損を最小限に抑え、利益を最大限に伸ばし、大きく資金を増やしていただくことです。今年はみなさんと一緒になって、FXでどんどん資金を増やしていきたいと思います。 分析力を完成させる FXのトレードで損をするリスクを最小限に減らし、利益だけを最大限に増やすためには、いくつかの分析力を養う必要があると思います。必要だと思う6つの分析要素を次の図のように纏めてみました。 複数通貨の観察と分析 たくさんの組み合わせがある取引通貨は、「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ポンド/ドル」などのドルストレート以外は、すべて合成通貨です。たとえば、「ユーロ/円」であれば、「ユーロ/ドル」と「ドル/円」を一緒に取引して、無理やり「ユーロ/円」という合成通貨をつくり出しています。 「ドル/円」だけを取引通貨としている場合でも、クロス円の合成通貨は必ず「ドル/円」を介するので、やはり、合成通貨と組み合わせた3通貨を観察するほうが安全です。さまざまな通貨の影響を大きく受けている為替相場では、1通貨だけを見てトレードするのは大変危険なトレードだと思い…
  • 詳細へ
    2012年12月21日
    私の鉄板FXトレード=合成通貨と通貨の相関性の、通貨のすべてが同じトレンドだったときだけエントリー[えつこ]
    トレード手法のなかで、合成通貨と通貨の相関性の、通貨のすべてが同じトレンドだったときだけエントリーするようにすると、初心者の方でも最大限にリスクを回避できます。これは私にとっても、利益の出しやすい手法です。今回はその手法を「鉄板トレード」として、皆さまに説明したいと思います。 大切なお金を、子どもさんの学費に当てたいと思ってFXを始める方や、収入が少し減ってしまったので、家族のためにそれを補いたいと思っている方に、ぜひ練習して覚えていただきたいと思います。 合成通貨と通貨の相関性を生かしたトレード FXトレードをするときに、最初に皆さんは通貨を選ぶと思いますが、最初はだいたいの方が「ドル/円」や「ユーロ/円」などの、クロス円を選択して、1通貨でトレードすると思います。 クロス円は、「ドル/円」以外はすべて無理やりつくった合成通貨ですので、実際の取引はありません。ですので、合成通貨と通貨の相関性の3通貨全部を観察して、動きを把握できるようにならないと、1通貨だけ観察してトレードするのは、観察していない通貨の影響を予測できないので、大変リスクが高くなります。 合成通貨と通貨の相関性の繋がり…
  • 詳細へ
    2012年11月22日
    「待つ」FX~私の弱点から[えつこ]
    毎日トレードしていくうえで、私は常日頃気をつけていることがたくさんあります。相場に勢いが出たときを見極めることや、ファンダメンタルの知識に関しては、これまでも何度も説明させていただきましたが、私は大きく利益が取れたときや、チャートのレイアウトを変更したときに、注意をしていても同じ失敗してしまうという弱点があります。 今回はこの弱点を元に、FXで注意したほうが良いのではないかと思うことを説明させていただきたいと思います。 大きく利益が取れた後とLOTを増やしたとき 私はよく、大きく利益が取れた後に気持ちが大きくなってしまって、「相場は私の思っているほうに必ず動く」と思いがちになります。そして、トレードルールを守らないで、先走ったエントリーすることがあります。これは私の最大の弱点です。 この弱点を克服するために、私がまず意識しているのは、「大きく市場が動いた後に相場はあまり動かないから、大きく動いた後の1日・2日はトレードを休むか、時間帯・勢い・明確なファンダメンタルの理由の3つが必ず揃ったタイミングのみトレードする」というふうに、トレードルールを厳しくすることです。 また、資金が増えると…