国府勇太

  • 詳細へ
    2019年4月15日
    ディーラーによる今週のドル円「とうとう112円超え!大台での反落に注意!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「週末に1円上昇!」 先週を一言で表すと「週末に1円上昇!」です。 8日(月)に111.68円でスタートしたドル円。 3営業日連続で陰線をつけ、10日(水)には先週の最安値110.838円をつけました。 しかしその後は大きく上昇。 11日(木)、12日(金)と長い陽線が2本続き、週末にはとうとう112円にタッチしました。 背景は、株高と長期金利の上昇です。 結局112.017円と終値でも112円を超えて、週末クローズを迎えました。 ドル円、今週の見通し EMA(指数平滑移動平均線)をプロットしてみましょう。 EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種です。 単純な移動平均(SMA)が過去の価格をすべて足して単純に割ったものに対し、EMAは直近の価格を重視して計算を行っています。 これにより、価格の反応に「より順応できる」というメリットがあります。 今回のパラメータ(設定値)は25(短期線:赤)、75(長期線:黄)です。 長期線はまだまだ緩やかです。 これは長期的…
  • 詳細へ
    2019年4月8日
    ディーラーによる今週のドル円「勢いあり!112円が見えてきた!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「堅調」 先週を一言で表すと「堅調」です。 1日(月)に110.922円でスタートしたドル円。 週明けから大きく上昇し、111円を超えて高値111.442円をつけました。 その後も大きな反落もなく、堅調に上昇をして週末の4日(金)には先週の最高値111.822円にタッチ。 高値圏の111.699円で週末クローズしました。 1週間を通してしっかり上昇しました。 要因としては世界的な景気減速への懸念が和らいでいることが挙げられます。 日米の株価も好調です。 ドル円、今週の見通し EMA(指数平滑移動平均線)をプロットしてみましょう。 EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種です。 単純な移動平均(SMA)が過去の価格をすべて足して単純に割ったものに対し、EMAは直近の価格を重視して計算を行っています。 これにより、価格の反応に「より順応できる」というメリットがあります。 パラメータ(設定値)は5(短期線:白)、25(長期線:赤)です。 実はこの2つのライン、かなり…
  • 詳細へ
    2019年4月1日
    ディーラーによる今週のドル円「反発!今週はMAラインに注目!!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「しっかり反発」 先週を一言で表すと「しっかり反発」です。 週明けの25日(月)に109.986円でスタートしたドル円。 この日は大きな動きなし。 しかし翌26日(火)にはすぐに110円台へ回復すると、110.68円までしっかり上昇。 その後、28日(木)に110円ちょうどまで下げる場面もあったものの、29日(金)には110.815円と高値圏でクローズ。 1週間を通してみると、先々週の110円割れの下落からしっかり反発した週となりました。 ドル円、今週の見通し 前回と同じく、ボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。 パラメータ(設定値)は±2シグマ(黄線)、±3シグマ(緑線)です。 前回、110円台に回復すればしっかり反発すると指摘したように、1週間を通して反発しています。 そして、利食いの目安の一つであるMAライン(白線)にほぼタッチしそうな勢いです。 このままMAラインを超えてしっかり上昇すれば次のターゲットは+2シグマのラインです。 ただ、MAラインが下向きなので、…
  • 詳細へ
    2019年3月25日
    ディーラーによる今週のドル円「下落!FOMCの急な方針転換でマーケットがびっくり!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「下落!109円台へ!」 先週を一言で表すと「下落!109円台へ!」です。 18日(月)に111.45円でスタートしたドル円。 2営業日連続でほぼ動きはありませんでした。 大きく動き出したのは、20日(水)。 FOMCの発表を受けてドル円は大きく下落しました。 この日の内容は主に3点です。 ・今回、利上げなし(FF金利の誘導目標を据え置き) ・今年の想定利上げ回数はゼロ(18年12月時点では2回だった) ・保有資産の縮小を9月に停止 今回の発表は、今までとは異なりかなり急に方向転換をしています。 いずれもドル安の材料となります。 この発表を受けて、110.53円まで下落。 そして、21日(木)に安値更新したのちに反発するも、22日(金)のロンドン時間に再び下落。 ユーロの景気減速懸念の再燃につられてドルが売られる形となりました。 日本時間の深夜0時には先週の安値109.742をつけました。 その後、クローズに向け小反発するも上がりきらず結局110円割れの109.92円で週末クロ…
  • 詳細へ
    2019年3月18日
    ディーラーによる今週のドル円「堅調!あるテクニカルのラインに注目!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「比較的堅調!」 先週を一言で表すと「比較的堅調!」です。 11日(月)に111.21円でスタートしたドル円。 この日下ヒゲを大きくつけ、110.881円まで下げる場面もあったものの111.22円と陽線でクローズ。 12日(火)、13日(水)に小幅に上下をし足固めをしたあとは、14日(木)に大きく上昇し111.682円でクローズ。 週末の15日(金)は先週の高値111.90まで上昇するも反落し111.488円で週末クローズとなりました。 派手な動きはないものの先々週の下落から反発し、しっかりとした動きをする一週間でした。 気になるファンダメンタルズについて FXの現在の主役は英ポンド。 ブレグジット(イギリスのEUからの離脱)についてです。 特に、「どのように離脱をするか」について今大混乱しています。 もともと、期限が2019年3月29日でもうすぐだったのですが、その内容に向けてさまざまな合意の話し合いをするもうまくまとまっていません。 このまま、何の取り決めもなくEUから離…
  • 詳細へ
    2019年3月11日
    ディーラーによる今週のドル円「上昇は一休み!買いのチャンス到来!?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「上昇は一休み」 先週を一言で表すと「上昇は一休み」です。 4日(月)に111.842円でスタートしたドル円。 先々週大きく上昇したこともあり、この日は小反落。 5日(火)には上昇し、112円に乗せる場面があるも失速し、111.880円クローズ。 その後、6日(水)、7日(木)と2営業日連続で小幅に下落。 そして週末8日(金)。 この日は月に一度のビックイベント雇用統計の発表が夜22時半に控えていたのですが、東京時間にすでに大きく動きました。 わかりやすくすると流れは以下です。 ①もともと 欧州中央銀行(ECB)のサプライズ決定(①年内の利上げ断念と②銀行への新たな資金供給策(TLTRO3)の導入)を受け、かなり警戒モードの為替マーケット(すでにユーロ円は大幅下落) ↓ ②そんな中 中国の貿易統計(2月)で輸出が急減 ↓ ③そのため リスクオフムードで一気にドル円下落(円買い) 東京時間だけですでに111円にタッチするまで下落しました。 そして、夜には雇用統計がありました。 …
  • 詳細へ
    2019年3月4日
    ディーラーによる今週のドル円「111円超え!好調のマーケット!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「111円を超えて大きく上昇!」 先週を一言で表すと「111円を超えて大きく上昇!」です。 25日(月)に110.64円でスタートしたドル円。 週明けからしっかりと上昇して、終値で111円を超えました。 しかし翌日26日(火)には反落し、110.421円まで下げました。 続く27日(水)には再び反発。111円ちょうど近辺まで上昇。 そして、28日(木)にしっかりと111円を超えるとその後はイケイケなムードでした。 その日のうちに111.491円まで上昇し、週末には高値で112.075円と112円超え。 週末クローズも高値圏の111.94円でした。 グイグイと上昇した1週間でした。 大きな原因は、アメリカと中国の通商交渉です。 (通商交渉はわかりやすくいえば「貿易の交渉(Trade Negotiations)」のことです) 現在この通商交渉が最終段階に入っています。 この交渉により、アメリカが昨年から課している中国に対する関税の大半が撤回される可能性が高いという関係者の話も出てお…
  • 詳細へ
    2019年2月25日
    ディーラーによる今週のドル円「動きなし!ただ底固めが着々と進んでいる」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「動きなし、以上!」 先週を一言で表すと「動きなし、以上!」です。 18日(月)に110.44円でスタートしたドル円。 大きな動きはなく、20日(水)に上昇し、111円にトライするも高値110.862円止まりでした。 週末21(木)、22日(金)は小反落し結局110.64円でクローズ。 「動きがない」一週間でした。 ただ、この「動きはない」ということはFXの場合、意味を持ちます。 先々週に大きく続伸し、110円を越えて以降に動きがない状態。 この「110円を超えて、動きがない」ということはそれだけ「底固め」がされているということ。 次の上昇にむけて着々と準備が進んでいます。 ドル円、今週の見通し 単純移動平均線(SMA)をプロットしてみましょう。 パラメータ(設定値)は25、75、105です。 前回と同じく、SMAが3本の向きが揃っていません。 短期では、上昇。 中長期では、下落という少し分かりづらいサインです。 もちろん無理にトレードする場面ではありません。 (本当は、3本が…
  • 詳細へ
    2019年2月18日
    ディーラーによる今週のドル円「111円タッチ!注目の米中の通商協議はハッピーエンドを迎えるか!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「堅調!111円タッチ!」 先週を一言で表すと「堅調!111円タッチ!」です。 2月11日(月)に109.765円でスタートしたドル円。 週明けからしっかり上昇し、終値で110円を超えました。 12日(水)にはさらに上昇し111円にタッチも13日(木)には反落。 14日(金)はほぼ動かずで110.436円で週末クローズしました。 1週間を通して堅調でした。 ずっと超えられなかった110円をあっさり超えて、一度も割れることなく1週間を乗り切りました。 主な要因は、「アメリカと中国の通商協議の見通しが明るいこと」(つまり、米中の貿易戦争の事態打開が見られるかもしれない)が挙げられます。 ドル円、今週の見通し 単純移動平均線(SMA)をプロットしてみましょう。 パラメータ(設定値)は25、75、105です。 SMAが3本向きが揃っている時は明確なトレンドを表すのですが、今回はバラバラです。 2月からの上昇で短期線が上向きになっているものの、中期線・長期線は1月中旬にクロス(デッドクロ…
  • 詳細へ
    2019年2月11日
    ディーラーによる今週のドル円「110円タッチも、煮え切らないドル円」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「110円タッチしたものの、抜けきれず」 先週を一言で表すと「110円タッチしたものの、抜けきれず」です。 2月4日(月)に109.50円でスタートしたドル円。 先週末の雇用統計からの上昇にはずみをつけ、この日110円台にのせました。 ただ、小反発してこの日の終値は109.898円でした。 その後も何度か110円にのせる場面があったものの、日足の終値ベースではすべて109円台です。 110円台の滞留時間が短く、いまいち煮え切らない動きに終始しました。 主な理由は、1月30日(日本時間31日午前4時)のFOMCです。 ここで「利上げを一時見送り」することを表明したことを受け、それが足かせとなり上昇が限定的となってしまっています。 一般的に、利上げとドル円の関係は以下です(必ずしもそうなるわけではありません)。 ・利上げ=ドル円上昇(ドル買い) ・利下げ(または利上げ見送り)=ドル円下落(ドル売り) 結局、一週間パッとしない値動きが続き、109.765円と109円台で週末クローズし…
1 2 3 4 23