国府勇太

  • 詳細へ
    2019年2月18日
    ディーラーによる今週のドル円「111円タッチ!注目の米中の通商協議はハッピーエンドを迎えるか!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「堅調!111円タッチ!」 先週を一言で表すと「堅調!111円タッチ!」です。 2月11日(月)に109.765円でスタートしたドル円。 週明けからしっかり上昇し、終値で110円を超えました。 12日(水)にはさらに上昇し111円にタッチも13日(木)には反落。 14日(金)はほぼ動かずで110.436円で週末クローズしました。 1週間を通して堅調でした。 ずっと超えられなかった110円をあっさり超えて、一度も割れることなく1週間を乗り切りました。 主な要因は、「アメリカと中国の通商協議の見通しが明るいこと」(つまり、米中の貿易戦争の事態打開が見られるかもしれない)が挙げられます。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し 単純移動平均線(SMA)をプロットしてみましょう。 パラメータ(設定値)は25、75、105です。 SMAが3本向きが揃っている時は明確なトレンドを表すのですが、今回はバラバラです。 2月からの上昇…
  • 詳細へ
    2019年2月11日
    ディーラーによる今週のドル円「110円タッチも、煮え切らないドル円」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「110円タッチしたものの、抜けきれず」 先週を一言で表すと「110円タッチしたものの、抜けきれず」です。 2月4日(月)に109.50円でスタートしたドル円。 先週末の雇用統計からの上昇にはずみをつけ、この日110円台にのせました。 ただ、小反発してこの日の終値は109.898円でした。 その後も何度か110円にのせる場面があったものの、日足の終値ベースではすべて109円台です。 110円台の滞留時間が短く、いまいち煮え切らない動きに終始しました。 主な理由は、1月30日(日本時間31日午前4時)のFOMCです。 ここで「利上げを一時見送り」することを表明したことを受け、それが足かせとなり上昇が限定的となってしまっています。 一般的に、利上げとドル円の関係は以下です(必ずしもそうなるわけではありません)。 ・利上げ=ドル円上昇(ドル買い) ・利下げ(または利上げ見送り)=ドル円下落(ドル売り) 結局、一週間パッとしない値動きが続き、109.765円と109円台で週末クローズし…
  • 詳細へ
    2019年2月4日
    ディーラーによる今週のドル円「FOMCの意外な結果!マーケットへの影響は?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「FOMCサプライズ!ただ動かない」 先週を一言で表すと「FOMCサプライズ!ただ動かない」です。 1月28日(月)に109.527円でスタートしたドル円。 110円の壁が重い展開が続くなか、この日は小幅に下落。 とくに注目は30日(日本時間31日午前4時)のFOMCです。 この日、FRBは「利上げを一時見送り」することを表明しました。 2018年に4回行って、2019年には2回と、順調なペース想定していた利上げですが、ここに来て暗雲が立ち込めました。 無理に利上げをすることで経済に悪影響が出ることを避けるためです。 さらに、保有資産の縮小について、そのペースを落とすことも検討していると表明しました。 いわゆるかなりタカ派(経済引き締めに慎重な立場)な発表に市場関係者は驚きました。 どちらも一般的にはドルが安くなる材料です。 そして、発表を受け、ドル円は一時下落(ドル安)しました。 発表時の1時間足はこちらです。 その後も下落が続き、31日(木)のNY時間には先週の最安値108…
  • 詳細へ
    2019年1月28日
    ディーラーによる今週のドル円「動きなし!みんなが夢中なのは英ポンド!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です 先週の一言「動きなし!」 先週を一言で表すと「動きなし!」です。 1月21日(月)に109.70円でスタートしたドル円。 22日(火)には先週の安値109.14まで下げるも翌日反発。 23日(水)には110円手前の109.997円をつけ、その後は見せ場もなく週末109.510円でクローズしました。 チャートの足の長さを見てもわかるように、ほとんど動きのない一週間でした。 現在のFXの主役は間違いなくポンドです。 ポンド円の上昇が止まりません(ポンドドルも)。 テーマはやはりブレグジット。 ブレグジットとは、イギリスがEU(欧州連合)を離脱することをいいます。 この期限が2019年3月29日でもうすぐなのですが、その内容に向けてさまざまな合意の話し合いをするもうまくまとまっていません。 最悪「合意なき離脱」もありえるということでマーケットが注視しています。 そして現在「合意なき離脱」のリスクは完全に払拭できないもの、一時の危機的状況からは脱したと見て、ポンドは現在大きく上昇しています。 ポ…
  • 詳細へ
    2019年1月21日
    ディーラーによる今週のドル円「109円台まで上昇も楽観できず!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「じり高」 先週を一言で表すと「じり高」です。 1月14日(月)に108.517円でスタートしたドル円。 この日は108円ちょうどまで下げる場面もありましたが、翌日からはしっかりと上昇。 4営業日連続で陽線(始値より終値の方が高いこと)をつけ、週末には高値109.888円と大台110円に迫る勢いを見せました。 結局高値圏の109.748円で週末クローズしました。 派手さはないもののジワジワと週をまたいで上昇する「じり高」の展開となりました。 ただ、ドル円の動きとは裏腹にポジティブなニュースよりネガティブが目立ちます。 特に気になるのはアメリカの政府機関の閉鎖です。 かれこれもう1ヶ月近くも連邦政府機関の一部が閉鎖を続けています(2018年12月22日から)。 この影響で今週のダボス会議へのムニューシン財務長官ら閣僚の派遣も中止と発表。 現在、職員約80万人が仕事を休んだり、無給での勤務を強いられていると報じられています。 (一部の職員は食べるものにも困り、慈善団体などが配給を…
  • 詳細へ
    2019年1月14日
    ディーラーによる今週のドル円「ニブい動き!さらなる一波乱に注意!?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「小動きで思ったよりも反発はニブい」 先週を一言で表すと「小動きで思ったよりも反発はニブい」です。 1月7日(月)に108.50円でスタートしたドル円。 8日(火)には先週の高値109.087円まで上昇しました。 ただ、9日(水)には下落。一時108円割れの107.971円をつけました。 10日(木)、11日(金)にも108円が割れる場面がありましたが下ヒゲのみでしっかりは割れず、結局108.56円で週末クローズしました。 このように、一週間を通して小動きでした。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し ここで、マーケットを大局的に見るため、月足(つきあし)をプロット(表示)してみましょう。 2007年から12年間を振り返ると、大きく分けて3つの動きをしています。 ① 2007年〜2011年(5年間)/下落期  ② 2012年〜2015年(4年間)/上昇期 ③ 2016年〜/三角持ち合い期 現在は三角持ち合いという…
  • 詳細へ
    2019年1月8日
    ディーラーによる今週のドル円「年明けの急落!なんと104円台!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「年明けの急落!なんと104円台!」 先週を一言で表すと「年明けの急落!なんと104円台!」です。 12月31日(月)に110.313円でスタートしたドル円。 大晦日ということで商いが薄いマーケットでしたが、下落。 2018年の最後に110円を割りました。 1月1日はお休みで1月2日(水)からの年明けも下落。 安値108.709円と、とうとう108円台まで下落。 そして、3日(木)。 この日はパニック相場となりました。 商いが薄いマーケットを狙って仕掛け売りともとれる動きをし、一気に105円割れ。 なんと安値104.837円をつける大混乱のマーケットとなりました。 4日(金)には反発し、108.497円で週末クローズしました。 年末年始、かなりハードな動きになりましたね。 ビックリされた方も多かったと思います。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し RSIをプロットしてみましょう。 RSIとは株価の「売られすぎ」…
  • 詳細へ
    2018年12月24日
    ディーラーによる今週のドル円「年末に大荒れ!とうとう110円台!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「急落!110円台へ!」 先週を一言で表すと「急落!110円台へ!」です。 17日(月)に113.341円スタートしたドル円。 週明けからしっかりと下げ、113円を割れると18日(火)、19日(水)も続落。 そして、20日(木)にさらに下落が加速。 112円を割り、さらに111円も割り安値110.812円をつけました。 21日(金)は反発するもその後戻し、結局111.222円で週末クローズしました。 気になる先週のニュースは2つです。 ① 19日:FOMCが利上げ(今年4回目)→(一般的には)ドル円上昇要因 ② 20日:日本銀行の決定会合で金融政策の現状維持が決定→(一般的には)ドル円下落要因 年末、為替に限らず株式市場が大きく荒れています。 米国株(ダウ平均)・日本株(日経平均)がともに年初来安値を更新し、金融マーケットが大荒れです。 とくにダウ平均は先週1週間の下落率としては金融危機の2008年10月以来の大きさです。 原因は、「景気減速の懸念」という曖昧なもので、これと…
  • 詳細へ
    2018年12月17日
    ディーラーによる今週のドル円「反発!中国の報復あるも113円へ回復」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「反発!!」 先週を一言で表すと「反発!!」です。 12月10日(月)に112.60円でスタートしたドル円。 オープン後は112.25円までしっかりと下げるもその後は大きく上昇し113円を超え高値113.364円をつけました。 11日(火)も長い下ヒゲをつけ113円にタッチするも堅調。 週末にかけ、一度も113円を割ることなく推移し、結局113.376円で週末クローズしました。 注目はやはり米中関係です。 先週の「ファーウェイ副会長逮捕」を受け、中国が猛反発しましたが、今度は中国がカナダ人2人を拘束しました。 こちら前回指摘している通りです。 ・先週の記事はこちら 「やられたらやり返す」、まさしく倍返しですね。 この報復ともとれる拘束劇、さらに米中貿易摩擦を激化させるとの懸念が広がっています。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ・YJFX!の評判、口コミ、取引サービスをチェック! ドル円、今週の見通し SMA(単純移動平均線)をプ…
  • 詳細へ
    2018年12月10日
    ディーラーによる今週のドル円「下落!ファーウェイ逮捕って何が問題なの?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「ファーウェイで米中貿易摩擦が再燃!?」 先週を一言で表すと「ファーウェイで米中貿易摩擦が再燃!?」です。 12月3日(月)に113.630円でスタートしたドル円。 この日の動きは限定的でした。 4日(火)には大きな陰線をつけ1円近く下落。 5日(水)は113.20円近くまで反発しましたが6日(木)にはさらに下落。 先週の安値112.233円をつけました。 7日(金)には雇用統計があったもののマーケットに動揺はほとんどありませんでした。 ちなみに、11月非農業部門雇用者数変化(前月比)の結果は以下です。 ・結果:15.5万人(予想:20万人) 予想よりもかなり悪い結果となりました(一般的にはドル円下落に働きます)。 一週間を通して軟調(下落)でした。 その大きな原因がいわゆる「ファーウェイ・ショック」です。 ファーウェイとは中国の超大手の通信機器メーカーです。 スマホのシェアは世界2位といわれています。 1位:サムスン(韓国) 2位:ファーウェイ(中国) 3位:アップル(アメ…
1 2 3 4 22