高橋慶行

  • 詳細へ
    2018年5月28日
    相場は自分との戦い[高橋慶行]
    耐えられずに自滅してしまう あらゆる勝負事というのは、自分との戦いです。負ける人は、自分から負けていきます。なぜ、自分から負けていくのかというと、耐えることができないからです。耐えることができない対象はさまざまにあります。 例えば、「あるルール」によってポジションを持つことになった場合、「含み損」が出ていたとします。そのとき、「含み損に耐えること」ができないために、ルールを無視して耐えるべきところで耐えず損切りをしたり、本来であればルールを守って損切りするべきところで「損失を確定させてしまう心理」に耐えられず、損切りをせずズルズルと損失を拡大させてしまったりすることもあります。 他にも、「ルールがない場合はポジションを持つべきではない」にもかかわらず、「早くポジションを持ちたい」という欲に耐えられずポジションを持ってしまったり、本来であればスピーディーにポジションを持つべき局面であっても「損をしたらどうしよう」という恐怖に耐えられず、遅いエントリーとなってしまったりする場合もあります。 とはいえ恐怖心は、しばしば私たちを危険から守ってくれますし、欲や意欲がないと、そもそも投資をやること…
  • 詳細へ
    2018年5月3日
    仮想通貨に飛び乗る前に…[高橋慶行]
    誰でも簡単に稼げるというわけではない 今、仮想通貨が大変話題となっています。FXトレードをされている方にとっても、仮想通貨は無視できない存在です。実際、投資すらしたことがない人でさえ「仮想通貨が上がっている」「仮想通貨の波に乗らないと儲けられない」ということで、仮想通貨に預貯金を投じる人が増えています。 もちろん、仮想通貨は世の中を変える可能性がある素晴らしい技術であり、仮想通貨によって今後、世の中は変わっていくでしょう。しかし、その話と「私たちがその波に乗って稼ぎ続けられるかどうか」は別なので、注意が必要だと思っています。 そもそもの話ですが、お金を安定して稼ぎ続けるには「確かな実力」というものが必要です。どんな分野でも構いませんが、安定して繰り返し行うことができる再現性の高い技術や実力がないと、収入は安定することはありません。 バブルのときにこそ実力の再確認が必要 確かに、実力などがなくても「運よく」お金を手にするということはいくらでもあります。FXトレードにおいても、「上げと下げ」が都合よく的中すれば、簡単に利益を得ることはできますし、上昇傾向のある日本株に投資をすれば、技術なく…
  • 詳細へ
    2018年4月4日
    躊躇をすると負ける[高橋慶行]
    罠が多い相場で勝ち残るには? 相場の世界では「躊躇」を「慎重」と言い換えようとも、決断をためらったトレーダーは負けるといえます。相場の世界と、相場の世界の周辺には、恐怖や欲、誘惑など、さまざまな罠がそこら中にありますが、そんなさまざまな罠に立ち向かって勝ち残っていくには、そういうものは最初から受け付けないという覚悟が必要になります。そして、そういう覚悟を持つにはどうしたら良いかといえば、あらゆる状況を想定して、あらかじめ対処法を決めておくという心構えがとても大切です。 例えば、含み損を抱えている状態で「ナンピンした方が良い」というようなアドバイスを受けたとします。しかも、実績十分のプロトレーダーからです。しかし、そんなときであっても「自分はナンピンはしません」という方針があれば、躊躇してはいけません。ナンピンをするべきではないのです。 大切なことなので再確認ですが、相手がプロトレーダーだった場合、「ナンピンはしない方が良い」と思っているトレーダーであっても、多くの人は躊躇するはずです。「絶対にナンピンはしない」と、覚悟を持っていないと、躊躇することになり、躊躇することにより判断が遅れ負…
  • 詳細へ
    2018年3月23日
    いくらFXをプロから教わっても勝てない理由[高橋慶行]
    ノウハウだけでは人は成功しない FXのことで悩みがあって、それを解決するためにプロに学びを求めるFXトレーダーは、今とても増えています。増えていますが、プロにFXの勝てる方法を教わっても、残念ながら勝てるようにはなりません。 それは、プロが出し惜しみをしているからだとか、本当に勝てるやり方を教えてくれていないからだということではありません。本物のプロから、直接彼らがやっていることを学んでも、勝てるようにはならない、という意味なのです。 逆をいえば、再現性の高いFXトレードの手法や教えは今、世の中にあふれています。けれども、お金持ちは一向に増えていない、というのが現実です。これはFXに限ったことではなくて、ダイエットや健康などの業界でも一緒です。 専属型のダイエットジムがはやっていますが、日本最高峰のダイエットノウハウは、コンビニの雑誌で1000円を支払えば仕入れることができますし、ネットをくまなく探せば、高額ダイエットジムのノウハウだって無料で手に入る時代です。ですが、ダイエットや健康に悩む人は後を絶ちません。これはFXで勝てる人が増えない事情と似ています。 やり続けることで経験を積み…
  • 詳細へ
    2018年3月8日
    マインド・ツール・スキルはワンセット[高橋慶行]
    三つの要点をまとめて学ばないと意味がない FXで安定して利益を上げるために独学をしているトレーダーは今、たくさんいると思います。ただ、独学とはいえ、本を読んだりセミナーに出席したりオンライン動画を見たりと、「誰か実績があるプロ」から、その方法を学ぼうとしている方が大多数だと思います。しかし、ここで大きな注意があります。 「実績あるプロ」からFXを教わるときには、必ず「マインド・ツール・スキル」をワンセットで教わらなくてはならないということです。マインドとは、その実績あるプロが持っているトレードに対する基本的な考え方のことです。ツールとは、その実績あるプロが使っているプラットフォームなどの売買環境のことです。そしてスキルとは、その実績あるプロが使っているトレード手法のことです。 実績や手法に固執せず目的・目標を持つこと インターネット上などから情報を収集する上で、最も気をつけなければならないのは、これら三つがワンセットで公開されている事例がまずほとんどないという点です。そしてこれが損失の引き金になります。事実、中途半端に学ぶ多くのトレーダーが「ツール」または「スキル」さえ手に入れば勝てる…
  • 詳細へ
    2018年2月26日
    真逆の戦略をとる二つの流派 あなたはトレンド派?レンジ派?[高橋慶行]
    良いとこ取りは難易度が高い トレーダーには、シンプルに二つの流派があります。トレンドを利益に変えるのか、レンジを利益に変えるのか。この二つです。時々、トレンドでもレンジでも利益を上げ続けたいという方もいらっしゃると思うのですが、現実的にはトレンドでもレンジでも利益を上げるということは相当困難なので、止めておいた方が良いと個人的には思います。 その理由は、チャートの一番右側では「トレンドかレンジか」を判断することは非常に困難であり、なおかつトレンドを利益に変える方法とレンジを利益に変える方法は、真逆であるからです。 トレンドは、前回の高値を超えて新高値を更新していきます。エントリーをする際に、チャートの右側を見て、現在の価格が「だいぶ高いな」と思ったとしても、エントリーをする必要があります。結果として、その後トレンドが本当に起こったとすれば、「だいぶ高いな」と思った価格を大きく超えて上昇し、「あとから見たらそれほど高くなかった」と思うこともあります。これはトレンドをフォローしていく際には、実際によくあることです。トレンドをフォローするなら、「価格が上がったら買う」「価格が下がったら売る」…
  • 詳細へ
    2018年2月10日
    スペシャル対談|FXで結果が出る人はノートを取る。結果が出ない人はお金のみを追う[えつこ(個人投資家)・ 高橋慶行(投資の学校代表)]
    女性トレーダーとしてトップクラスの人気を誇るえつこさんと、6万人以上の一般投資家が受講する投資の学校代表の高橋慶行さんの対談が実現。FXで結果が出る人と出ない人の違いについて、大いに語っていただきました。 聞き手:鹿内武蔵(編集部) ※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです 対談者プロフィール えつこ(えつこ) SEとして銀行や証券会社に勤務し、その後ソフト開発の会社も経営していたが、息子を妊娠後、専業主婦になる。今は専業トレーダーとなり、相場の勢いをつかむ方法を独学で学び、毎日トレードに励んでいる。FXの利益で、発展途上国の子どもたちや貧困層や老人を援助する財団を設立するのが夢。 公式サイト:えつこのFX日記~FXで家計にゆとりを~ 高橋慶行(たかはしよしゆき) 1982年宮城県仙台市出身。投資の学校プレミアム代表。2008年にリクルート社で新卒採用サービスのトップセールスマンとして表彰を受け、独立。2013年に投資教育事業へ参画。業界トップクラスのプロの投資家を講師に招き、2014年に株式投資を体系的に学べる学校として投資の学校を設立。代表に…
  • 詳細へ
    2018年1月17日
    トレード外での守備はできていますか?FXで注文するべきではない時[高橋慶行]
    ポジション保有時のみが守備すべき局面ではない これは投資に限ったことではありませんが、成功を継続していける人は守備意識が非常に高い人です。投資における守備とは、リスク管理とか資金管理、ロスカットなどの知識だと思い込んでいる人はいますが、もっと「そもそも論」があると考えています。 リスク管理や資金管理やロスカットなどが重要になるのは、ポジションを保有している時です。ポジションを保有していると当然、相場の世界は何事でも起こり得るわけですから、そういったディフェンス力が重要であるということは言うまでもありません。 しかしこれは、「ポジションを保有している時」という場合です。さらに、トレードにおいて大切なことは、「ポジションを持っていない時のメンタル」で、プロとアマチュアには大きな差があり、これはとても重要なことなのです。 ポジションを持っていない時、これは本来、ストレスが一切かからないはずです。しかし、アマチュアはポジションを持っていない時ですら、ストレスを抱え、そのストレスによって、本来は注文するべきではない時なのに、合理的な判断ができず、注文をしてしまう場合が多々あります。 アマチュアは…