FXトレードで注目すべき2つの経済指標とは[月光為替]

それでは、今回から、各経済指標の解説に移っていきたいと思います。

といっても、膨大に経済指標はありますので、体系だって解説していきたいと思います。

FXをする上で、なぜ経済指標を理解しておく必要があるのか?

その前に、経済指標をなぜ理解しておく必要があるのかをおさらいしましょう。

前回までで金利動向の大切さについてお話してきましたが、その中でも最も重要な米国の金利動向を決めるのはFRBであり、FOMCであることを学んできました。

ですので、経済指標は、このFOMCでどのような議論になるかの予想をたてるために、日々チェックしていくものになります。

まずは、大本のFOMCの声明文、議事要旨を読み込み、一体どのような指標にFedは注目しているのかを自分でチェックします。

そして、それに関連する指標を重点的に追っていき、自分でFOMCの考え方に対して予想を立てていきましょう。

ですので、当たり前ですが、その時々の相場によって、一つの経済指標が為替相場にもたらす影響は、変化します。

全ての経済指標を追うのも良いのですが、まずはFOMCでの流れをまとめ、“今旬の”経済指標を重点的に追っていくとよいかと思われます。

“相場のテーマ“に沿った経済指標は要チェック!

また、金利動向以外にも、“相場のテーマ”に沿った経済指標は、ものすごく注目されたりもします。

例えばアベノミクスの時は、日銀の大規模金融緩和がものすごく相場で意識されました。いわゆる相場のテーマです。

ですので、アベノミクス初期は、経済指標の中でも、消費者物価指数や、貿易収支が非常に注目されました。

このように、その時々の相場のテーマによって、いつもより大きく注目される経済指標があるということも、覚えておいてください。

まとめ

まとめると、経済指標をFXのトレードで使っていく時は、

  1. 金利動向を決定する機関が注目している経済指標の動向
  2. 旬の相場のテーマで注目される経済指標の動向

これらに注目して、シナリオをたて、トレードに活かしていきましょう。

具体的な経済指標の話は、次回から始めていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]