FXに活かす経済指標|CPI(消費者物価指数)とは?[月光為替]

CPI(消費者物価指数)とは?

前回はPPI(生産者物価指数)について解説しましたが、次は各国共通指標の2つ目、CPI(消費者物価指数)を取り上げていきたいと思います。

これは、家計が購入する商品・サービス価格の平均的な変化を測定する物価指標です。各国で発表する際、母数や対象物品に違いがありますが、こちらも前回のPPI同様、なるべく需要や季節での価格変動の影響が大きいものを除いた、コア指数に、より重点が置かれています。

簡単に言えば、物価指数を消費者、つまり買い手側から算出したものとなります。

PPIとCPI、どちらの方がより物価指数として大切なのかというのは特にはなく、2つセットで物価の傾向を見ていくものですので、どちらも基本的にはチェックしていくようにしていきましょう。

直近の先進国の傾向では、CPIの方がPPIより低水準になるなど、様々な傾向がありますが、基本的に金融当局はどちらも見て総合的にインフレ率を判断しているので、トータルで気を配るようにしてください。

CPI(消費者物価指数)との向き合い方

さて、ではどのようにこの経済指標と向き合っていくのか。

CPIも、前回のPPI同様インフレなのかデフレなのかを測る指標となります。

ですので、指数が上昇していればインフレ。逆に指数が下落していればデフレに傾いているということになります。

前回のPPIと合わせて、インフレかデフレかを判断する一助としてお使いください。

CPI(消費者物価指数)をFXに活かす方法とは?

では、このCPIからFXのロングショートに活かすにはどうすればいいか。

前回の繰り返しになりますが、インフレになれば通貨安、デフレになれば通貨高という画一的な思考でただただ指標に反応していては、大体悲惨なこととなるでしょう。

“金利動向”or“現在市場で注目されている事象”にどのような影響を与えるのかに毎回立ち返って考えてください。

前回のPPI同様、現在Fedでは毎回FOMC声明文、議事録などで米国のインフレ率に言及していることから、インフレ率を彼らの思考の一助にしていることがよくわかります。

ですので、そういった彼らからのヒントを声明文や議事録、記者会見などからつぶさに取り出し、それと実際の指標の数値から、買いと売りどちらが支配的になるのかを判断しましょう。

“織り込み済みかどうか”の判断方法

さらに重要なのは現在の為替の水準です。これが高いか低いかで織り込み済みなのかどうかも判断していきます。

ただ、織り込み済みかどうかは、“こうなれば織り込み済み”という確たるものがあるわけではありません。

ただ、現在のマーケットが考える金利水準は、37回目の「将来の米国の金利水準を計算する方法」でお話しした方法で把握できますし、さまざまなテクニカル指標を用いることで、ある程度相場水準自体の過熱感をはかることもできます。

また、オープンオーダーやオープンポジションを、何社かのFX会社でみることで、ある程度ポジションの傾きなども予想することができます。

こういったことを総合的に瞬時に判断するのは難しいので、ある程度“織り込み済みかどうか”は事前に結論をつけておいて、あとは出た数値に反応していくだけ、という状態で臨んでいくと、いいトレードができやすいかと思います。

すでに下地ができていれば、指標発表後のボラの高い状態で、おかしい方向に値が進めば、そこはとてもいい逆張りエントリーチャンスだと判断できますからね。

では次回は、90年代日本で物凄く重要視されていた経済指標、貿易収支についてお話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]