FXに活かす米国独自の経済指標|個人所得・支出とは?[月光為替]

FXに活かす米国独自の経済指標|個人所得・支出とは?

今回は米国独自の中の個人消費関連指標の一つ、個人所得・支出についてお話ししていきます。

個人所得・支出とは?

個人所得・支出とは、アメリカ国内在住の個人の消費動向に関連する指標です。 個人所得は実際に受け取った所得から社会保障費・税負担を差し引いた可処分所得で、所得の構成項目(賃金給与・賃貸・利子配当)、可処分所得、貯蓄率が発表されます。

個人消費支出は、商品・サービスの金額ベースの数値で、最近の傾向では商品購入が1/3に低下する反面、サービス需要が2/3に増加しているようです。

米国の国内総生産(GDP)の約7割を個人が占めると言われていますので、GDPの先行指標・景気動向を知るうえで注目を集める指標となります。

個人所得・支出との向き合い方

さて、ではどのようにこの指標と向き合っていけばよいのでしょうか。

こちらは単純に、コンセンサス対比でプラスであれば所得・消費活動が旺盛なので景気に上向き、つまりドル買い方向で、逆であればドル売り方向と考えて良いでしょう。

GDPの先行指標だと考えると、当然ですね。

個人所得・支出をFXに活かす方法とは?

ただ、実践的には、非常に使いづらい指標だと言えます。

基本的にはこの指標はあまり相場には影響をその時点では及ぼしません。

ある程度ボラティリティが出ることもあるのですが、長くみると平均回帰するだけであることがほとんどです。

ですので、この指標で何かベットをしていくというのは、私は想像がつきません。やるとしても、ある程度伸びたところからの短期逆張りでしょうか。

ただ、基本的には利確のための短期的なボラティリティを与えてくれる指標だと考えておくとよいでしょう。

自分の利確ポイントまであと数pipsなのであれば、一旦指標前に利食っておけばよいし、ある程度遠ければ、ストップの位置を確認して、短期的なボラティリティの増加に勝負をかけるのも面白いかもしれません。

私は、利確ポイントや損切りポイントまで数pipsの時のエグジットのある程度の目安として使っていたに過ぎないですので、逆になにか面白い研究結果があれば、是非ご教授願いたいところです。

では次回は、ミシガン大学消費者信頼感指数について、お話ししていきます。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]